化学2‐B及び演習のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
化学2‐B及び演習 科目番号
Course number
72CHBAC104
科目名称(英語)
Course title(English)
Chemistry 2‐B with Exercises
授業名称
Class name
化学2‐B及び演習
教員名 坂井 教郎,郡司 天博,有光 晃二,酒井 健一,山本 一樹,東條 敏史,青木 大亮
Instructor
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester
曜日時限 水曜2限 木曜1限
Class hours
開講学科
Department
理工学部 先端化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
本学科で定めるポリシー「化学分野の基礎学力と、その上に専門知識」を習得し、それをもとに「自ら課題を発見し、解決する能力」、「論理的・批判的に思考し、積極的に取り組むことのできる判断力・行動力」、「他者とコミュニケーションをとり、国際的な視野を持って活躍できる能力」ならびに「専門分野に応じたキャリアを形成し、自己を管理する能力」を養うための授業である。

分子がどのような構造をもち,どのような結合で形成されているか,また,その結果どのような化学的性質を示すかを,経験の浅い学生でも自分で合理的に考えられるような基礎学力が養成される。
目的
Objectives
分子の構造や化学結合の性質を基にして化学反応の機構や特徴が理解できるようになる。
到達目標
Outcomes
1 酸と塩基の強度と構造の関係が理解できる。
2 分子の立体配置が理解できる。
3 有機化合物の命名法が理解できる。
4 ハロゲン化アルキルの置換反応と脱離反応が理解できる。
5 オレフィンの付加反応が理解できる。
6 ラジカル置換・付加反応が理解できる。
7 芳香族化合物の構造の特徴とその置換反応が理解できる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
この科目は講義と演習が対になっており,3単位である。2年への進級に必要な科目のひとつである。演習は講義内容に即して隔週に行い,小テスト(40分)とその解説を行う。
化学2-A及び演習の授業内容と連動しているため、これらを履修していること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
講義内容を十分復習するとともに(2時間)、教科書および講義資料をよく読んで次の講義に臨むこと(2時間)。また、演習で出される演習問題で自分の理解度を確認するとともに、不十分な点を補いつつ、さらに理解を深め、応用力を養い、次の講義に備えること。具体的な事項については、授業の中で指示する。
成績評価方法
Performance grading
policy
進度の確認(40%), 到達度評価(40%)および演習で毎回行う小テストの成績の平均値(20%)と, 講義内で指示されたレポートなどの成果物の提出状況により総合的に評価する。

無断欠席(特に、演習の無断欠席については厳しく評価する)が甚だしい場合や, レポートなどの成果物が未提出の場合は、成績評価しない場合があるので注意すること。

[フィードバックの方法]
進度の確認については、次回以降の授業で講評する。また、演習で行う小テストは採点し、次回以降の授業で講評し返却する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
・講義資料(LETUSから各自でダウンロードすること)をもとに授業を実施する。

講義の参考書として
1. 「ボルハルト・ショアー 現代有機化学 (上), (下) 第6版」 (化学同人)
2. 「マクマリー 有機化学 (上), (中) 第6版以降」 (東京化学同人)
3. 「ブルース 有機化学 (上), (下) 第5版以降」 (東京化学同人)
4. 「ウォーレン 有機化学 (上) 初版以降」 (東京化学同人)
5. 「基礎 有機立体化学」Buxton, Roberts著, 小倉, 川井訳 (化学同人)

命名法の参考書として
1. 「全有機化合物の名称のつけ方」廖春栄著(三共出版)
2. 有機化学1000本ノック「命名法編」(化学同人)

反応機構の参考書として
1. 有機化学1000本ノック「反応機構編」(化学同人) 
授業計画
Class plan
【全ての講義、演習ならびに進度の確認および到達度評価は対面で実施する】

1回 1. 酸と塩基
   1.1 酸・塩基の定義と種類
   Arrhenius、Brönsted、Lewisによる酸と塩基の定義が理解できる。

2回 1.2 酸と塩基の強さ
   酸と塩基の強さを表す酸解離定数について学び、酸解離指数を導出し、酸と塩基の強さを定量的に
表す方法が理解できる。

3回 2. 有機化合物(脂肪族化合物) 
   2.1 有機化合物の構造と性質
   有機化合物のうち脂肪族化合物をその化学構造に基づいて分類することにより、それらの化学的特徴が
   分子構造から推定できる。

4回 2.2 構造と立体化学
   分子構造の表現方法について、分子構造模型、Wedgeモデル、Fischer投影式、Newman投影式を学び、絶対配置と相対配置,絶対配置の決定法が理解できる。

5回 2.3 異性体
   構造異性体と立体異性体について、立体異性体については、幾何異性体、光学異性体、立体配座異性体
   (回転異性体)が理解できる。

6回 2.4 有機化合物の命名法(1)
   飽和炭化水素や芳香族化合物についてIUPACに基づいた命名法が理解できる。

7回 2.4 有機化合物の命名法(2)
   置換命名法,基官能命名法,含酸素化合物および含窒素化合物の命名法が理解できる。

8回 進度の確認
   第1章~第2章の講義内容に即した問題を解答することにより、理解度が把握できる。

9回 3. 有機化合物の反応(イオン反応)
   3.1 置換反応
有機化合物の反応の分類と表記方法を学び、求核置換反応について、置換反応、その遷移状態、
中間体の意味が理解できる。

10回 3.2 脱離反応
   ハロゲン化アルキルや四級アンモニウム塩の脱離反応とSaytzeff則,Hoffman則が理解できる。

11回 3.3 付加反応
   炭素-炭素不飽和結合に対する求電子剤の求電子付加反応とMarkovnikov則について学び、特に、
   内部アルケンへの付加反応とその立体化学が理解できる。

12回 4. 有機化合物の反応(ラジカル反応) 
   4.1 ラジカル反応
   炭素-炭素不飽和結合に対するハロゲン化水素のラジカル付加反応を例に、ラジカル反応の特徴が
理解できる。

13回 4.2 ラジカル的付加反応と置換反応の反応性
   結合エネルギーに基づいてラジカル反応の反応機構が理解できる。

14回 5. ベンゼン(ヘテロ環含む)とその誘導体
   5.1 芳香族化合物の求電子置換反応
   芳香族化合物(ヘテロ環含む)の構造と化学的性質、特に、芳香族性について学び、求電子種の生成反応と芳香族化合物への求電子置換反応が理解できる。
   5.2 一置換ベンゼン類の求電子置換反応
   一置換ベンゼン類の求電子置換反応について,置換基による配向性や反応性への影響が理解できる。

15回
    到達度評価
   後期の講義内容に即した問題を解答することにより,理解度が把握できる。
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
ChemOffice
備考
Remarks
9972320
CLOSE