無機化学2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
無機化学2 科目番号
Course number
72CHIAC202
科目名称(英語)
Course title(English)
Inorganic Chemistry 2
授業名称
Class name
無機化学2
教員名 四反田 功
Instructor
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester
曜日時限 水曜1限
Class hours
開講学科
Department
理工学部 先端化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
無機化学1で学んだ知識と本講義で学ぶ知識を組み合わせることで、無機化学の基本を修得し、以後の選択科目で学ぶ無機材料化学への橋渡しとなるように、 周期表に記載される各元素にについて、資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途について体系的に勉強する。
目的
Objectives
無機化学1では固体物質の化学結合論を中心に原理を習得してきているはずである。無機化学2では周期表に記載される元素について上述のように資源、製法、性質、化合物、化学反応そして用途について体系的に勉強し、無機化学1の内容も交えて理解することで、自身の将来の材料研究に的確に対応できる知識を身につけることを目的とする。
本学科で定めるポリシー「自然・人間・社会に係る幅広い教養を修得し、専門分野の枠を超えて横断的にものごとを俯瞰できる能力。」,「化学分野の基礎学力と、その上に立つ専門知識」,「修得した専門知識や教養をもとに、自ら課題を発見し、解決する能力。」,「修得した専門知識や教養をもとに、論理的・批判的に思考し、積極的に取り組むことのできる判断力・行動力。」に関わる科目である.
到達目標
Outcomes
無機化学2は各論であるため、学ぶべきことが多い。授業中に演習を行うことで無理な暗記を避け、無機化学の各論について体系的に説明できるようになること、そしてその知識をもとに卒業研究以降において創造的思考力を持てるようになることを目標とする。 
履修上の注意
Course notes prerequisites
無機化学1の知識を持った上で本講義を理解することが大事です。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習と復習に要する時間は、それぞれ約2時間、合計4時間を想定する。教科書・参考書等を活用し、授業で解説した重要事項を説明できるようになること。具体的な該当箇所については、各回ごとに指示する。
成績評価方法
Performance grading
policy
到達度評価(70%)・LETUSおよびZoomによる演習(30%)を予定.状況に応じて到達度評価と演習の比率を変更する場合がある.

【フィードバックの方法】
演習課題については,次回の授業内で講評する.

無断欠席が一定数以上の場合は、成績評価しない場合があるので注意すること
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
平尾一之、田中勝久、中平敦 著 「無機化学-その現代的アプローチ-第2版」(東京化学同人)
リー「無機化学」(東京化学同人) 
授業計画
Class plan
[括弧]内は準備学習、復習に必要な時間の目安

第1回 概論および水素 〈対面授業〉
(準備学習)
「元素の性質・分類について」および
「水素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第2回 〈対面授業〉
(準備学習)
「アルカリ元素および アルカリ土類元素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第3回〈対面授業〉
(準備学習)
「第13族元素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第4回〈対面授業〉
(準備学習)
「第14族元素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第5回〈対面授業〉
(準備学習)
「第3族元素および希土類元素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第6回〈対面授業〉
(準備学習)
「アクチナイド族元素についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第7回〈対面授業〉
(準備学習)
「第4族元素(チタン族元素) および第5族元素(バナジウム族元素) についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第8回〈対面授業〉
(準備学習)
「第6族元素(クロム族元素) および第7族元素(マンガン族元素)についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第9回〈対面授業〉
(準備学習)
「第8族元素(鉄族元素)についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第10回〈対面授業〉
(準備学習)
「第9族元素(コバルト族元素) についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第11回〈対面授業〉
(準備学習)
「第10族元素(ニッケル族元素)についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第12回〈対面授業〉
(準備学習)
「第11族元素(銅族元素)についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第13回〈対面授業〉
(準備学習)
「第12族元素(亜鉛族元素)についてそれらの資源、製法、性質、化合物、化学反応と用途」について調べておく。[2時間]
(復習)上記の各論を理解する。[2時間]

第14回 授業の総括・まとめ〈対面授業〉

第15回 到達度評価〈対面授業〉
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9972103
CLOSE