材料防災実験のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
材料防災実験 科目番号
Course number
71SMEXP341
科目名称(英語)
Course title(English)
Experiments for Building Interior Materials and Fire Safety
授業名称
Class name
材料防災実験
教員名 大宮 喜文,松山 賢,兼松 学,佐藤 大輔,王 兪翔,KIM JUNHO
Instructor Yoshifumi Ohmiya, Ken Matsuyama, Manabu Kanematsu, Daisuke Sato, Yu-Hsiang Wang 
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 Second Semester
曜日時限 水曜3限 水曜4限 水曜5限
Class hours Wednesday 3rd, 4th, 5th Period
開講学科
Department
理工学部 建築学科
Department of Architecture, Faculty of Science ansd Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
建築物の性能(耐火性,耐久性,防火性)を適切に評価することの重要性が近年増々高まっている中,所定の防災性能を建築物に与えるためにはどのようにすればよいのか、また,既存の建物の性能をどのようにすれば評価できるのかを学ぶ。キャリアとの関係では、建築防災計画の基礎を学ぶことができる。
While the importance of appropriately evaluating the performance (fire resistance, durability, fire protection) of buildings has been increasing more and more in recent years, it is possible to learn how to evaluate the performance of existing buildings. In relation to the career, students can learn the basics of the building disaster prevention plan.
目的
Objectives
建築物の耐久性、建築物の耐火性、建築材料の燃焼性をテーマとし,実験・現場見学・文献調査を通して,より実用的な知識・技術を修得する。同時に、材料防災の理解を通して、論理的思考力を養う。
Learn more practical knowledge and technology through experiments, field visits and literature surveys, with the theme of durability of buildings, fire resistance of buildings, combustibility of building materials. At the same time, it is possible to cultivate logical thinking skills through understanding material disaster prevention.
到達目標
Outcomes
1 建築物の耐久性に関する性能や実験方法について理解し説明できるようになる。
2 建築物の耐火性に関する性能や実験方法について理解し説明できるようになる。
3 建築材料の燃焼性に関する性能や実験方法について理解し説明できるようになる。
1 Understand and explain the performance and experiment method concerning the durability of the building.
2 Understand and explain the performance and experimental method on fire resistance of buildings.
3 IUnderstand and explain the performance on flammability of building materials and experiment method.
履修上の注意
Course notes prerequisites
3AR前期の実験単位を修得していること。
Acquired the experiment unit of 3AR First Semester.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
レポートの準備および作成。
Preparation and creation of reports.
成績評価方法
Performance grading
policy
実験終了後毎のレポート提出内容(70%),および報告会のプレゼンテーション内容(30%)によって総合的に評価する。
Comprehensively based on the report submission content (70%) after each experiment and the presentation content of the report meeting (30%).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜示す。
As appropriate.
授業計画
Class plan
1 建築物の耐久性
耐久性の必要性が説明できる
校内の建築物の耐久性調査・診断を3週にわたって行う。1週目は耐久性調査・診断法についての理解できる。
1 Durability of buildings
Explain the need for durability
Study and diagnose the durability of buildings in the school for 3 weeks. In the first week students can understand the durability survey and diagnostic method.
2 建築物の耐久性
調査・診断
調査方法、結果を説明できる。
2 Durability of buildings
Survey / diagnosis
Explain the survey method and results.
3 建築物の耐久性
調査・診断
調査方法、結果を説明できる。
3 Durability of Buildings
Survey / diagnosis
Explain the survey method and results.
4 建築物の耐久性
診断結果を発表し、説明することができる。
4 Durability of Buildings
Durability of Buildings can be announced and explained.
5 建築物の耐火性
耐火性の必要性が説明できる。
建築物の耐火性調査・診断を3週にわたって行う。1週目は耐火性診断法についての理解できる。
5 Fire resistance of buildings
Explain the necessity of fire resistance.
Fire resistance investigation and diagnosis of buildings are done for 3 weeks. Students can understand fire resistance diagnostic method in the first week.
6 建築物の耐火性
調査・診断
実験方法、結果を説明できる。
6 Fire resistance of buildings
Survey / diagnosis
Experiment method and results can be explained.
7 建築物の耐火性
調査・診断
実験方法、結果を説明できる。
7 Fire resistance of buildings
Survey / diagnosis
Experiment method and results can be explained.
8 建築物の耐火性
例題建物の耐火性能の評価・診断の結果を発表し、討論することができる。
8 Fire resistance of buildings
Students can discuss the results of evaluation and diagnosis of fire resistance of buildings and discuss them.
9 建築材料の燃焼性
燃焼性の必要性が説明できる。
建築物の内装などの材料を3週にわたって燃焼実験などを実施する。1週目は材料燃焼レベルのグレーディングなどについて理解できる。
9 Flammability of Building Materials
Explain the need for flammability.
Combustion experiment etc. are carried out for materials such as interior of building for 3 weeks. In the first week students can understand the grading of material burning level etc.
10 建築材料の燃焼性
調査・実験
実験方法、結果を説明できる。
10 Flammability of Building Materials
Research / Experiment
Experiment method and results can be explained.
11 建築材料の燃焼性
調査および実験結果を発表し、説明することができる。
11 Flammability of Building Materials
Students can publish and explain the research and experiment results.
12 現場見学(特別講義に変更の可能性あり)
近郊にある大規模現場の見学を2週にわたって行い、最新技術を採り入れた建築物を見学することができる。
現場見学で調査した内容を説明できる。
12 Site tour(or Special lecture)
Students can visit a nearby large-scale site for two weeks and visit buildings that incorporate state-of-the-art technology.
Students can explain the contents investigated in the site visit.
13 現場見学(特別講義に変更の可能性あり)
現場見学2週目。
現場見学で調査した内容を説明できる。
13 Field visit(or Special lecture)
Field tour 2 weeks.
Students can explain the contents investigated in the site visit.
14 まとめ発表会
耐久性、耐火性、燃焼性について説明できるようにする。
グループによるプレゼンテーション方式の発表会を行い、課題の留意点を説明することができる。
14 Summary Meeting
Durability, fire resistance, flammability should be explained.
It is possible to present a group presentation method recital and explain points to be noted.
15 材料防災技術
材料防災に関する国内における最先端の技術について学ぶことができる。
材料防災の動向を説明できる。
15 Materials Disaster Prevention Technology
It is possible to learn about the state-of-the-art technology on materials disaster prevention.
Explain the trend of material disaster prevention.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし。
Nothing special
9971370
CLOSE