特別研究(古屋)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究 科目番号
Course number
64GRRES611
科目名称(英語)
Course title(English)
Thesis Works for Master Degree
授業名称
Class name
特別研究(古屋)
教員名 古屋 俊樹
Instructor Toshiki Furuya
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First to Second Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
8.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
新規微生物・酵素の発見や機能の解明、さらには有用物質生産や環境浄化への応用を目的として研究に取り組み、得られた成果を論文としてしっかりまとめるとともに口頭で発表する。
Students will study to find novel microorganisms and enzymes, to elucidate their function, and to apply them for bioremediation and biosynthesis. Students will deliver oral and poster presentations and write papers on their researches.
目的
Objectives
・細胞やタンパク質、遺伝子を扱う技術、代謝産物や変換産物を分析する技術を身につける。
・微生物細胞や酵素タンパク質を環境浄化や有用物質合成に応用する能力を身につける。
・生物を分子のレベルで捉える能力を身につける。
・研究手法のみならず、研究および発表を通して問題解決能力と論理構成能力を身につける。
We aim to acquire a wide range of knowledge on technique to study cells, proteins, genes and metabolites, and to apply microbial cells and enzymes to bioremediation and biosynthesis. We also aim to hone presentation and information comprehension skills.
到達目標
Outcomes
新規性もしくは進歩性のある研究成果を出し、社会に発信する。卒業研究で修得した技術や知識に磨きをかけ、より高度な成果を達成するとともに、研究者としての素養と自覚を身につける。
Aiming to obtain something novel and inventive through studies in the field of applied biochemistry, and to give compelling presentations on studies.
履修上の注意
Course notes prerequisites
義務的にではなく、知的好奇心を持って自主的に研究に取り組み、研究を通して新たな価値観をつかみ取ってほしい。
It is important to perform your researches with curiosity independently to improve your ability.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
・研究に着手する前に文献調査をしっかり行ない、研究の目的を明確にするとともに、研究手法について整理する。
・実験結果は実験をしたその日のうちに実験ノートにまとめる。
・ミーティング、ディスカッションを通して自分の考えを整理する。
Students should search papers concerning your research subject before starting experiments.
Students must write objectives, methods, results, and discussions of experiments on your notebook everyday.
Students should organize their thoughts through meeting and discussion after every experiment.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究成果、研究への取り組み方、修士論文、口頭での発表を総合的に評価する。
Assessed in taking into account the achieved outcomes, the presentation performance and the level of thesis.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特に指定しない。
Not specified
授業計画
Class plan
前期前半(4月~5月)
・研究テーマを遂行する。
・研究の進捗を5月下旬の研究中間発表会で発表する。

前期後半(6月~7月)
・研究テーマを遂行する。
・研究の進捗を7月下旬の研究中間発表会で発表する。

後期前半(9月~10月)
・研究テーマを遂行する。
・研究の進捗を9月上旬の研究中間発表会で発表する。

後期後半(11月~3月)
・研究テーマを遂行し、まとめに入る。
・研究テーマの成果を修士論文としてしっかりまとめる。
・研究成果を口頭で発表する。

*ミーティング、ディスカッションは随時開催する。

April to May, students will perform their researches, and give an oral presentation about the results at the end of May.

June to July, students will perform their researches, and give an oral presentation about the results at the end of July.

September to October, students will perform their researches, and give an oral presentation about the results at the beginning of September.

November to March, students will perform their researches, and give an oral presentation about the results at the beginning of February. Also, students must write thesis on their researches.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996EH03
CLOSE