応用生物科学特別実験B(萩原)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用生物科学特別実験B 科目番号
Course number
64GRRES604
科目名称(英語)
Course title(English)
Applied Biological Science,Advanced Laboratory Course B
授業名称
Class name
応用生物科学特別実験B(萩原)
教員名 萩原 明
Instructor Akari Hagiwara
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 Second Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
理⼯学研究科 応⽤⽣物科学専攻
Graduate School of Science and Technology, Department of Applied Biological Science
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対⾯授業/On-site class
概要
Descriptions
分⼦・細胞⽣物学の基本を理解したうえで、神経科学の最先端の研究を遂⾏し、脳機能の解
明や神経精神疾患の病態解明に貢献する。各研究課題は責任をもって遂⾏し、得られた成果
を論⽂としてまとめることで、専門知識の習得、ハイレベルの実験技術や思考⼒といった研
究遂⾏能⼒を⾝につける。

Students perform leading-edge neuroscience research using molecular and cellular biology techniques to clarify the various brain functions and etiology of neuropsychiatric disorders. Students gain high-quality experimental skills and expert scientific thinking while writing a Master’s thesis and conducting research tasks.
目的
Objectives
神経科学と生物科学における専門的な知識を修得し,研究技術を身に付ける。
科学的な思考に基づいて議論し、問題を発見して解決する能力を身に付け,神経科学を活かした新しいアイデアを提案することができるようになる。

To acquire specialized knowledge and master techniques in neuroscience and biological science.
To acquire the ability to think critically, discuss scientific issues, identify and solve problems, and propose new ideas related to neuroscience.
到達目標
Outcomes
先端的な神経科学や生物科学における高度な知識と信頼のある優れた研究技術を身に付ける。
専門分野で求められる生命倫理・動物愛護や国際的な素養を修得する。
自ら問題を見つけて,専門的な立場から解決策を立案してその問題を解決ができるようになる。
専門的な分野におけるコミュニケーション能力や,国際社会で活躍するスキルなどを修得する。

Cultivate expert knowledge and reliable advanced research skills in neuroscience and biological science.
Learn about bioethics/animal welfare and international literature relevant to the specialized fields.
Acquire the ability to identify problems and solve them by planning solutions from a professional standpoint.
Communicate in the professional field and play an active role in the international community.
履修上の注意
Course notes prerequisites
健康に留意して、意欲的に、自発的、計画的に研究する。
最新の技術や研究成果に興味を持ち、実験や討論は仲間への敬意を持って行う。

Study intentionally, voluntarily, and systematically while taking care of yourself.
Maintain interest in scientific and technological advancements related to neuroscience and actively engage in work and discussions with respect for others.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
専門分野の基本知識を自発的に学び、常に関連情報を収集する。実験を計画的に遂行し、得られた実験結果を科学的に考察する。同僚らと積極的に討議し、科学的な思考力を培う。

Voluntarily learn basic knowledge in specialized fields and always collect related information. Perform experiments systematically and consider the experimental results obtained scientifically. Actively discuss with colleagues and cultivate scientific thinking.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究に取り組む姿勢と研究成果(専門分野の理解度や実験技術の習得度、研究への熱意や討論への積極な参加、研究成果など)、および研究発表(学会等での研究発表、学術雑誌等での論文発表)と学位論文を総合的に評価する。

Actively engage in research and produce research results (acquire understanding of specialized field and specialized experimental techniques).
Actively engage in research discussions (of academic journal articles) and presentations (at academic societies).
Research presentations and dissertation are comprehensively evaluated.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
〔基礎ステップ1〕
学習と実践:分子・細胞レベルの神経科学研究の専門分野における基礎知識と実験技術

〔基礎ステップ2〕
学習と実践:自らの研究テーマに必要な専門的な知識と技術を習得する(神経細胞・回路の構造や生理機能の解析など)

〔基礎ステップ3〕
統合:神経科学研究の専門分野における基礎実験計画の立案と遂行

[Basic Step 1]
Learning and Practice: Basic knowledge and research skills in the specialized fields of molecular cellular neuroscience.

[Basic Step 2]
Learning and Practice: Specialized knowledge and skills required for one’s own research plan (analysis of morphology and physiological function of neural circuits and brain functions.)

[Basic Step 3]
Integration: Planning and execution of basic research plan in specialized fields of brain function and neuroscience.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
教育用ソフトウェア
Educational software
備考
Remarks
996E928
CLOSE