応用生物科学特別実験A(鈴木)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用生物科学特別実験A 科目番号
Course number
64GRRES603
科目名称(英語)
Course title(English)
Applied Biological Science, Advanced Laboratory Course A
授業名称
Class name
応用生物科学特別実験A(鈴木)
教員名 鈴木 智順
Instructor Tomonori Suzuki
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022 first semester
曜日時限 集中講義
Class hours intensive course
開講学科
Department
理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
科学的思考力と判断力を修得し、自ら実践的に研究を遂行して、修士の学位を取得するに足る成果と研究能力を身につける。
Learn scientific thinking and judgment skills, carry out research themselves practically, and acquire achievements and research abilities sufficient to acquire the master's degree.
目的
Objectives
研究を自ら遂行する能力を確立することを目的としている。
It aims to establish the ability to carry out research on its own.
到達目標
Outcomes
研究を自ら遂行し、得られた実験結果を基に考察して、論文としてまとめられるようになる。さらに、自分の研究成果の概要をプレゼンテーションすることができるようになる。
Students will carry out the research themselves, consider based on the experimental results obtained, and will be compiled into a paper. In addition, students will be able to present a summary of the research results.
履修上の注意
Course notes prerequisites
特になし。
Nothing special.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
実験
experiments
準備学習・復習
Preparation and review
特別実験の目的を達成するために充分な準備を行う(毎回4時間程度)。
得られた実験結果を基に解析し、考察する(毎回4時間程度)。
Make sufficient preparations to achieve the purpose (about 4 hours each time).
Based on the experimental results obtained, analyze and consider (about 4 hours each time).
成績評価方法
Performance grading
policy
研究姿勢、勉学の到達度および研究成果から総合的に評価する。
Evaluate comprehensively from research attitude, achievement degree of study, and research results.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
学術文献。
Academic papers.
授業計画
Class plan
[指導計画]
4月~6月
 文献などで研究の背景を調査する。研究目的を達成するための実験計画を練る。実験計画によって研究を遂行する。研究の途中経過などをプレゼンテーションする。また、他の発表について積極的に質問や討論を行う。

7月~9月
 実験計画によって研究を遂行する。実験計画をさらに練り直す。研究の途中経過などをプレゼンテーションする。また、他の発表について積極的に質問や討論を行う。

[研究テーマ例]
・循環型浄化槽内の微生物群集構造解析および生理生化学的動態解析
・循環型浄化槽内の微生物相互作用の解析
・土壌およびその周辺環境におけるアンモニア酸化細菌・古細菌の群集構造解析
・空中浮遊微生物の群集構造解析、およびその分離・同定・系統解析
・光触媒による殺菌作用メカニズムの解析
・光触媒による文化財防除法の開発
・生物学的処理と光触媒・BDD電極処理の併用による汚水処理メカニズムの解析
・代謝産物要求性細菌、硝化・脱窒細菌の分離・同定・系統解析

[Teaching plan]
April - June
Investigate the background of the research in literature. Draw an experimental plan to achieve research objectives. Study research by experiment design. Presentation on the progress of research. Also, positively ask questions and discuss other presentations.

July - September
Study research by experiment design. Further, rehabilitate the experiment plan. Presentation on the progress of research. Also, positively ask questions and discuss other presentations.

[Research theme example]
· Microbial community structure analysis in a circulation-type septic tank and physiological and biochemical kinetic analysis
· Analysis of microbial interaction in a circulation-type septic tank
· Analysis of community structure of ammonia-oxidizing bacteria and archaea in soil and its surrounding environment
· Analysis of community structure of airborne microorganisms, isolation, identification, and phylogenetic analysis
· Analysis of bactericidal mechanism by the photocatalyst
· Development of a method for controlling cultural property by the photocatalyst
· Analysis of wastewater treatment mechanism by the combined use of biological treatment, photocatalyst, and BDD electrode treatment
· Isolation, identification, and phylogenetic analysis of metabolite-requiring bacteria, nitrification / denitrifying bacteria
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996E909
CLOSE