特別研究(倉持)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究 科目番号
Course number
64GRRES611
科目名称(英語)
Course title(English)
Thesis Works for Master Degree
授業名称
Class name
特別研究(倉持)
教員名 倉持 幸司,古山 祐貴
Instructor Koji Kuramochi, Yuuki Furuyama
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022/All year
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive course
開講学科
Department
理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
8.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
ハイフレックス授業 /Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
科学的な思考力と判断力を習得し、また修士(理学)にふさわしい成果と指導力を身につける。
This course is intended to allow students to get the scientific thinking and problem-solving skills. The students should gain their excellent teaching and research achievements to get the degree of Master of Science.
目的
Objectives
修士(理学)に必要な確かな知識と実験技術を修得する。 
The purpose of this course is to get basic research skills and concepts needed to plan, conduct, and analyze data from a research project.This course is intended to allow students to gain scientific knowledge and skills to earn the Master Degree of Science.
到達目標
Outcomes
研究成果を修士論文をまとめるだけでなく、国内・国際学会での発表や、国際誌への論文発表を目標とする。 
This course is required for the Master of Science degree. Students should carry out their own research to complete the Master's Thesis. Students should make efforts to write and present papers at academic conferences and journal.
履修上の注意
Course notes prerequisites
研究者として必要な知識と技術を身につける。試薬や溶媒などの性質を理解し、実験を安全に行えるように心がける。
Students should make tremendous efforts to get scientific knowledge and basic research skills. As a responsible scientist, students should understand chemical and biological properties of reagents and solvents and conduct experiments in a safe manner.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
月曜から金曜日まで、一日一回以上研究の進展の質疑を行う。それに伴い、前日までの討議と実験結果を踏まえた回答および今後の方針を策定しておくこと。また、週一回のプログレスでは、研究テーマと実験の進捗状況について討議するので、結果をまとめた資料の提示、および研究方針・実験内容を明確にすること。 
Students should perform the experiments on their own research projects and discuss the results with their mentors everyday. Students should summarize and analyze the results, and plan next experiments. Students are obliged to participate the laboratory's seminar every week. Before the weekly seminar, students should prepare the presentation and the hadout of the results.
成績評価方法
Performance grading
policy
勉学の履修度、実験態度、研究成果を評価する。M1の学生はリサーチレポートと研究室発表会の内容、M2の学生はリサーチレポート、修士論文、修士論文発表会、研究室発表会の内容を重要視する。
Evaluation is performed based on the knowledge, attitude and performance. The resuls, skills and knowledge that students acquired are also considered.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
野依良治ら 編・大学院講義有機化学Ⅱ(第2版)・東京化学同人、半田宏 編・ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス・シュプリンガージャパン 
Advanced Organic Chemistry: Part B: Reaction and Synthesis (Advanced Organic Chemistry / Part B: Reactions and Synthesis). Francis A. Carey and Richard J. Sundberg.
授業計画
Class plan
年間を通じて、生物有機化学やケミカルバイオロジーの研究に取り組みます。生物活性化合物の合成、生物活性評価、作用機構、創薬に関する研究を1年間を通じて行うことになります。

第1回 研究計画の立案と実験1 
第2回 実験2
第3回 実験1、2に関する発表、ディスカッション、研究計画の再考
第4回 実験3
第5回 実験4 
第6回 実験3、4に関する発表、ディスカッション、研究計画の再考 
第7回 実験5
第8回 実験6
第9回 実験1~6の総括と実験7-10の立案
第10回 実験7
第11回 実験8
第12回 実験7、8に関する発表、ディスカッション、研究計画の再考
第13回 実験9 
第14回 実験10
第15回 実験1~10の総括、論文や学会発表の準備

おおよその年間スケジュールは以下の通りです。
4月: 研究テーマの選択
4-8月: 第1~15回の内容
9月: 第一回研究発表
9-3月: 第1~15回の内容
3月: 第二回研究発表

週に一度、研究報告会に参加し、自分の研究や実験内容を報告する義務があります。
自分以外の発表にも積極的に質問し、お互いの研究を理解し合います。


Students are allowed to perform their own researches on bioorganic chemistry and chemical biology such as synthesis, biological activity, and drug discovery of biologically active compounds.

1. Research plan and experiment #1
2. Experiment #2
3. Discussion on the results obtained in experiments #1 and #2 and reexaminination of research plan
4. Experiment #3
5. Experiment #4
6. Discussion on the results obtained in experiments #3 and #4 and reexaminination of research plan
7. Experiment #5
8. Experiment #6
9. Reserch summary and plan
10. Experiment #7
11. Experiment #8
12. Discussion on the results obtained in experiments #7 and #8 and reexaminination of research plan
13. Experiment #9
14. Experiment #10
15. Reserch summary and plan. Preparation to write and present papers at academic conferences and journal. 

Year Schedule
April: Research plan
From April to August: plan 1~15
September: Presentation #1
From September to March: plan 1~15
March: Presentation #2


Students are obliged to participate the laboratory's seminar every week and to present and discuss research results. Students should need to discuss and share them with lab members.
教職課程
Teacher-training course
特記事項なし 
Nothing special
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特記事項なし 
Nothing special
996E808
CLOSE