環境生物科学博士特別研究3A(朽津)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
環境生物科学博士特別研究3A 科目番号
Course number
64GRRES717
科目名称(英語)
Course title(English)
Doctoral Study in Environmental Biology 3A
授業名称
Class name
環境生物科学博士特別研究3A(朽津)
教員名 朽津 和幸
Instructor Prof. Kazuyuki Kuchitsu
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/summer
曜日時限 集中講義
Class hours
開講学科
Department
理工学研究科応用生物科学専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
実験は、対面指導を基本とする。研究室セミナーやディスカッション等は、原則として、ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
科学的思考力と判断力を修得し、自ら実践的に研究を遂行して、博士の学位を取得するに足る成果と研究能力を身につける。
Learn the scientific thinking and judgment skills, practice your research yourself, and acquire the achievements and research abilities to obtain a doctorate.
目的
Objectives
研究を自ら立案、遂行し、学術論文としてまとめる能力を確立すること。
To establish the ability to formulate and execute research themselves and compile them as academic papers.
到達目標
Outcomes
研究を自ら立案、遂行し、得られた実験成果を学術論文としてまとめられるようになる。さらに、自分の研究成果の詳細を一般の聴衆に対しても分かり易くプレゼンテーションすることができるようになる。
Learn the skills to plan and carry out research by yourself, to construct obtained experimental results as academic papers, to present research results.
履修上の注意
Course notes prerequisites
研究に関連する学術雑誌や研究発表会を通して、常に最先端研究の最新の状況を把握しておくこと。
Often read scientific publication and research presentations to keep up with the latest research.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
研究室セミナー等の前後に、研究内容等を論理的文章にまとめ、論文作成能力を高める。

Before and after the laboratory seminar, summarize the contents of research into logical sentences and increase the ability to prepare scientific articles
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
研究室セミナー等において、頻繁に研究内容に関するディベート・ディスカッションを行い、論理的思考力、問題解決力、問題発見能力等を高める。

In the laboratory seminar etc., we discuss frequently research and raise the ability for logical thinking, problem solving and problem finding etc.
グループワーク
Group work
学生同士でチームを作り、課題解決のために共同研究を行う。

Students make teams and collaborate to solve problems.
プレゼンテーション
Presentation
研究室セミナー等において、自分自身や他の研究者の研究成果に関するプレゼンテーションを行い、プレゼンテーション能力を高める。

In the laboratory seminar, etc., present research results of themselves and other researchers to enhance presentation skills.
反転授業
Flipped classroom
研究室セミナー等において、資料の予習を前提にしたディスカッションを行う。

Read scientific papers in advance and discuss cutting-age research at laboratory seminars etc.
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究目的を達成するために、文献調査などの充分な準備を行う。
得られた実験結果を基に解析し、考察する。

In order to achieve the research purpose, it is necessary to prepare thoroughly as in the literature survey.
Based on the obtained experimental results, analyze and examine the data.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究姿勢と研究態度、勉学の到達度、研究成果、および博士論文から総合的に評価する。なお、成績評価の配分は研究姿勢、研究態度、および勉学の到達度が80%、研究成果および博士論文が20%を標準とする。

Evaluate comprehensively from research attitude and research attitude, achievement degree of study, research result, and doctoral thesis. For the allocation of grades, the research attitude, research attitude, and achievement degree of study are 80%, the research outcome and the doctoral thesis are standardized to 20%.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
最先端の研究成果が掲載されている学術雑誌等。

Academic journals etc. where cutting-edge research results are published.
授業計画
Class plan
研究の実施にあったては、指導教員との相談に基づき、各自の研究課題を設定し、設定した課題に従って、
 1)研究の背景調査
 2)研究計画の立案
 3)研究方法の開発1
 4)研究方法の開発2
 5)研究の実施1
 6)研究結果の討論1
 7)研究の実施2
 8)研究結果の討論2 
 9)研究の実施3
10)研究結果の討論3
11)研究の実施4
12)研究結果の討論4
13)研究成果の取りまとめ
14)研究論文の作成
15)研究成果の報告、プレゼンテーション
を実施し、研究能力の養成とともに博士の学位に相応しい研究成果を得て、博士論文を完成させる。

In conducting research, based on consultation with an academic advisor, each research theme is set up and according to the set task,
1) Background of the research
2) Planning a research plan
3) Development of research method 1
4) Development of research method 2
5) Implementation of research 1
6) Discussion of research results 1
7) Implementation of research 2
8) Discussion of research results 2
9) Implementation of research 3
10) Discussion of research results 3
11) Implementation of research 4
12) Discussion of research results 4
13) Summary of research results
14) Preparation of research paper
15) Report on research results, presentation
In addition to training research capacity, we will obtain research results suitable for doctor's degree and complete doctor's dissertation.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
農林水産省の研究機関に主任研究官として勤務した実績を活かして、生物科学の農業・食料・環境問題への応用に関する研究を指導する。文部科学省に学術調査官として勤務した実績を活かして、農理工学など、学術分野間の相互関連性や学際連携に関する研究を指導する。
Based on the experience as a senior scientist at the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on the application of biological sciences to agriculture, food and environment.
Based on the experience as a program officer at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on interdisciplinary research. 
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996E758
CLOSE