分子細胞生物学博士特別研究2A(倉持)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
分子細胞生物学博士特別研究2A 科目番号
Course number
64GRRES707
科目名称(英語)
Course title(English)
Doctoral Study in Molecular and Cellular Biology2A
授業名称
Class name
分子細胞生物学博士特別研究2A(倉持)
教員名 倉持 幸司
Instructor Koji Kuramochi
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/First term
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive course
開講学科
Department
理工学研究科 応用生物科学専攻
Department of Applied Biological Science
Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
「生物有機化学、ケミカルバイオロジー」に関連するテーマを通して、研究に取り組む姿勢を養う。すなわち、研究目標の設定、研究計画の立案、実験、考察、プレゼンテーション、討論、学会発表、学術報告の執筆能力などの研究能力を養う。本授業を通じてそれらを養うことができる。
Student should perform their own research on bioorganic chemistry and chemical biology. Students should earn the abilities to plan new research, conduct the research, and analyze data from the research project. Students should make efforts to write and present papers at academic conferences and journal. Students should gain their excellent teaching and research achievements to get the degree of Doctor of Science.  
目的
Objectives
研究を自ら立案、遂行し、生物有機化学やケミカルバイオロジー分野の発展に貢献する新たな発見もしくは技術開発を目指す。 
This course is intended to allow students to plan and perform their own research on bioorganic chemistry and chemical biology. Students should make efforts to find novel finding and develop new technology though their own research.
到達目標
Outcomes
ステップ1~3を順次達成し、研究を自ら立案、実施、発表する能力を養うことを目標とする。
第1ステップ
 ・基礎学力を高めるとともに、学術論文や技術資料を理解する能力を養う。
 ・研究課題とその研究分野に関する基礎知識、基礎学力を養う
 ・試薬や器具・機器を適切、かつ安全に使用できる知識と能力を養う
第2ステップ
 ・独自の発想により研究課題を展開させ遂行する能力を養う
第3ステップ
 ・国内の学会における研究発表、討論能力を養う
 ・学術報告の執筆能力を養う 


Students should earn the abilities to plan, perform, and present their own research by the following three steps:

Step 1
・ Improve fundamental academic skills. Get the ability to understand the research articles and technical terms.
・ Understand the research subjects and gain the basic scientific knowledge and skills.
・ Understand chemical and biological properties of reagents and solvents and conduct experiments in a safe manner. 
Step 2
・ Gain the ability to develop the research by their own idea.
Step 3
・ Make presentaions at academic conferences.
・ Write original research paper.

履修上の注意
Course notes prerequisites
研究者として必要な知識と技術を身につける。試薬や溶媒などの性質を理解し、実験を安全に行えるように心がける。
Students should make tremendous efforts to get scientific knowledge and basic research skills. As a responsible scientist, students should understand chemical and biological properties of reagents and solvents and conduct experiments in a safe manner
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom

その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究に関わるオリジナル論文を読み、自分の行おうとする研究の背景・目的をよく理解する。実験終了後は、実験結果のもつ意味を充分理解するようにつとめる。また、関連分野についても特に基礎事項については理解することにつとめる。
Students should read original papers carefully, and understand the background and contents of their own research. Students should summarize and analyze the results, and plan next experiments. Students are obliged to understand the related research subjects.
成績評価方法
Performance grading
policy
日常の研究態度、研究室セミナー等における発表並びに討論への参加、論文等を総合的に評価する。
Evaluation is performed based on the knowledge, attitude and performance. The resuls, skills, knowledge, presentations, and reserch reports are also considered.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
研究に関連するオリジナル論文。方法論等を記載した論文、書籍、雑誌など。
Original articles. papers, books, and journals related to your research.
授業計画
Class plan
本研究の遂行にあたっては、下記の研究課題群より各自の研究課題を設定し、設定にしたがって、
第1回 研究の背景調査
第2回 研究計画の立案
第3回 研究方法の開発1
第4回 研究方法の開発2
第5回 研究の実施1
第6回 研究結果の討論1
第7回 研究の実施2
第8回 研究結果の討論2
第9回 研究の実施3
第10回 研究結果の討論3
第11回 研究の実施4
第12回 研究結果の討論4
第13回 研究結果の取りまとめ
第14回 研究論文の作成
第15回 研究成果の報告、プレゼンテーション
を実施し、これらを通して研究能力を養成するとともに、博士の学位取得に相応しい研究成果を獲得する。

研究課題群
生物活性物質の生物有機化学的研究
新規薬剤の探索、活性評価、作用機構に関する研究
薬剤標的タンパク質を迅速に同定する技術の開発

Students are allowed to perform their own researches on bioorganic chemistry and chemical biology. This course is intended to allow students to gain scientific knowledge and skills to earn the Doctor Degree of Science

1. Investigation on the research
2. Research plan
3. Development of the research methodology #1
4. Development of the research methodology #2
5. Experiment #1
6. Discussion on the results #1
7. Experiment #2
8. Discussion on the results #2
9. Experiment #1
10. Discussion on the results #1
11. Experiment #2
12. Discussion on the results #2
13. Summary
14. Progress report
15. Research report and presentation

Reserch topics
Bioorganic chemistry on biologically active compounds
Screen, eveluation, and validation of new drugs
Development of methodology to identifiy the target proteins of drugs
教職課程
Teacher-training course
特記事項なし 
Nothing special
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
時間の使い方と自己管理は重要です。
It must be important to make good use of your time.
996E721
CLOSE