応用生物科学演習2B(朽津)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用生物科学演習2B 科目番号
Course number
64GRRES610
科目名称(英語)
Course title(English)
Seminars in Applied Biological Science 2B
授業名称
Class name
応用生物科学演習2B(朽津)
教員名 朽津 和幸,橋本 研志
Instructor Prof. Kazuyuki Kuchitsu. Dr. Kenji Hashimoto
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022/winter
曜日時限 金曜2限
Class hours Friday/10:40-12:10
開講学科
Department
理工学研究科 応用生物科学専攻
Graduate School of Science and Technology, Department of Applied Biological Science
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
原則として、ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
人類が直面する中心的課題である環境、食料、エネルギー問題の解決のために、植物を中心とする生物科学の役割は大きく、生体制御や情報処理の機構を分子的に理解することが不可欠である。そこで、植物を中心とした生物の、環境ストレス、病原体の感染に適応するための情報伝達、生と死の制御等に関する世界最先端の文献を読み、討論する。英語でのプレゼンテーションやディスカッションも重視する。
Scientific research on photosynthetic organisms such as plants will play a major role in solving environmental, food and energy problems, which are the central issues faced by humankind. It is essential to understand molecular regulatory mechanisms for development, stress responses as well as information processing in plants. Therefore, in this lecture, students will read and discuss scientific papers on cutting-edge research on topics such as life and death, biotic and abiotic stress responses, signal transduction and information processing, interaction with other organisms etc. Presentation and discussion in English are encouraged.
目的
Objectives
討論を通して、研究の方法論や、論理的構築や論文の書き方について実践的に学ぶと共に、環境問題、食糧問題への展望を考える。植物が発達させてきた、動物の神経系とは異なる環境情報の認識、伝達機構を理解し、さまざまな生物の生存のための戦略や情報処理機構の共通性と多様性を考える。英語の科学論文を読む力を習得すると同時に、論文を書く力、科学技術に関するプレゼンテーション技術を修得する。
Through discussions, students will learn logical construction, research methodology, and how to write papers. Students will also acquire a broad perspectives on various issues related to environment, food and agriculture. Understand the molecular mechanisms of recognition and transmission of environmental information as well as development in plants in comparison with the animals. Discuss the commonality and diversity of the strategies for the survival of various organisms and the information processing mechanism. While learning how to read scientific papers in English, students will acquire the ability to write a dissertation at the same time.
到達目標
Outcomes
英語で科学論文を読み、内容を短時間で的確に理解できるようになる。科学的論理を構築し、科学論文を執筆できるようになる。生物科学を社会に生かすことを目指して、サイエンスコミュニケーション・生物教育、生物科学研究者のキャリアパス、知的財産、科学技術経営などにも目を配りながら、広い視野を養う。
Students will be able to read scientific papers in English and understand the contents accurately in a short time. Students can build scientific logic and write scientific papers. Aim to exploit biological science to society and pioneer broad perspectives by paying close attention to scientific communication, biological education, the career path of biological scientists, intellectual property and science and technology management.
履修上の注意
Course notes prerequisites
・プレゼンテーションの際には、自分が論文を書く際の手本にできるような論文を選び、著者に代わって学会発表するつもりで発表する。これは修士論文発表に向けた演習でもある。
・プレゼンテーションのトレーニングをすると同時に、論文の論理構成の仕方について深く学ぶこと。
・積極的に討論に参加することにより、本講義通じて、読解力、論理的思考能力、表現力を磨くことを目指す。
・日本語の表現力を磨くことは、将来必ず役に立つので、発表や討論の際、わかりやすい日本語を話し、書くように心がけ、努力すること。
-Choose the most attractive scientific papers as a model to write scientific papers and master thesis, and prepare a scientific presentation. This will also be an exercise of the master thesis presentation session.
-At the same time as presentation training, students should study how to construct scientific logic.
-By actively participating in discussions, we aim to hone their reading comprehension skills, logical thinking skills, and expressiveness through this course.
-Writing and presentation skills students will learn in this course should surely be useful in the future.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
発表要旨等を講義の前後に提出させることがある。
Abstract of presentation etc. required.
小テストの実施
Quiz type test
実施することがある。
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
講義中のディベート・ディスカッションは極めて重要であり、重視する。 グループワーク
Group work
実施することがある。
プレゼンテーション
Presentation
受講生のプレゼンテーションを重視する。 反転授業
Flipped classroom
プレゼンテーションの要旨や発表論文等の予習を重視し、それに基づいて講義中にディスカッションを行う。
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
自身の発表の約1週間前に、発表内容の要旨を他の受講生に連絡する。聴講する受講生は、それを必ず事前に予習の上、講義に参加する。自身の発表の準備はもちろんのこと、他の学生が発表する論文の予習、復習を行い、研究の視野を拡げるとともに、論文の書き方を身につける。 
成績評価方法
Performance grading
policy
プレゼンテーションとその要旨、討論への参加等を総合的に評価する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
・テイツ/ザイガー植物生理学・発生学原著第6版 (講談社)
・Teaching tools in Plant Biology (http://www.plantcell.org/site/teachingtools/)
・新しい植物ホルモンの科学第3版(講談社)
・植物学の百科事典(丸善出版)
・Plant Biology, A. Smith他著 (Garland Science)
・植物のシグナル伝達-分子と応答- 柿本辰男他編(共立出版)
・微生物の病原性と植物の防御応答 上田一郎編著(北海道大学出版会)
・生体防御医学事典 鈴木和男監修、朽津和幸他編著(朝倉書店)
・植物分子生理学入門 横田明穂編 (学会出版センター)
・Molecular Biology of the Cell, 6th Edition, B.Alberts他著,Garland Science
・新しい植物生命科学 大森正之,渡辺雄一郎編著(講談社サイエンティフィク)
・「細胞工学」別冊 植物細胞工学シリーズ(秀潤社)
新版 分子レベルからみた植物の耐病性—植物と病原菌の相互作用に迫る
新版植物ホルモンのシグナル伝達
・生物学辞典(東京化学同人)
・生物学辞典(岩波書店)
・生化学辞典第4版(東京化学同人)
・分子細胞生物学辞典(東京化学同人)
・植物ゲノム科学辞典(朝倉書店)
・植物まるかじり叢書全5巻(化学同人) 1.植物が地球をかえた! 2.植物は感じて生きている 3.花はなぜ咲くの? 4.進化し続ける植物たち 5.植物で未来をつくる
・これでナットク! 植物の謎〜植木屋さんも知らないたくましいその生き方〜 日本植物生理学会編(講談社ブルーバックス)
・Photobook植物細胞の知られざる世界 永野 惇、桧垣 匠著(化学同人)
・その他随時参考書を紹介する。 
授業計画
Class plan
第1回 最先端の文献講読と討論
第2回 最先端の文献講読と討論
第3回 最先端の文献講読と討論
第4回 最先端の文献講読と討論
第5回 最先端の文献講読と討論
第6回 最先端の文献講読と討論
第7回 最先端の文献講読と討論
第8回 最先端の文献講読と討論
第9回 最先端の文献講読と討論
第10回 最先端の文献講読と討論
第11回 最先端の文献講読と討論
第12回 最先端の文献講読と討論
第13回 最先端の文献講読と討論
第14回 最先端の文献講読と討論
第15回 最先端の文献講読と討論
環境・食糧問題への応用を視野に入れながら、植物の分子生理学、環境情報処理等に関する最先端の原著論文や総説(英文)を講読し、参加者全員で討論する。

1. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
2. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
3. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
4. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
5. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
6. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
7. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
8. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
9. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
10. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
11. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
12. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
13. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
14. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
15. Presentation and discussion on the state-of-the-art scientific papers.
While considering its application to environmental / food problems, students will select and present cutting-edge original papers/reviews in English on plant molecular physiology, environmental information processing etc., followed by discussion among all the participants.
教職課程
Teacher-training course
自身や他の学生のプレゼンテーションを通して、理科教育の方法論の修得を目指す。
実務経験
Practical experience
朽津 和幸 教授は、農林水産省の研究機関に主任研究官として勤務した実績を活かして、生物科学の農業・食料・環境問題への応用についても指導する。また文部科学省に学術調査官として勤務した実績を活かして、農理工学など、学術分野間の相互関連性や学際連携についても指導する。
Based on the experience as a senior scientist at the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on the application of biological sciences to agriculture, food and environment.
Based on the experience as a program officer at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on interdisciplinary research.
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996E566
CLOSE