農理工学特論2Bのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
農理工学特論2B 科目番号
Course number
64BIZZZ502
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Plant and Agricultural Science and Technology 2B
授業名称
Class name
農理工学特論2B
教員名 朽津 和幸,明石 重男,杉山 睦,竹内 謙,安井 清一,塚原 隆裕,中島 将博,仲吉 信人,古屋 俊樹,西浜 竜一
Instructor Kazuyuki Kuchitsu, Shigeo Akashi, Mutsumi Sugiyama, Ken Takeuchi, Seiichi Yasui, Masahiro Nakajima, Makoto Nakayoshi, Toshiki Furuya
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022/winter
曜日時限 水曜1限
Class hours Wednesday/9:00-10:30 
開講学科
Department
理工学研究科 農理工学際連携コース
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
食と農の問題の重要性は、今後ますます高まることが予想され、学際的な取り組みが求められている。産業界でも、生物系、情報(ICT;Information and Communication Technology)系、経営系、化学系など、広範な分野に広い視野を持つ人材への期待が高まっている。本講義では、多様な専門分野のコース教員や産業界を含む外部講師による講義により、食と農に関する複合的知識や視座を修得させる。
Because the importance of food and agriculture has been increasing, an interdisciplinary approach is required. There is strong demand in numerous organizations in society for scientists who have a broad perspective across a wide range of fields, such as biological (plant) systems, information & communication technology (ICT), management and chemicals. This course features a broad spectrum of lectures in a variety of fields related to food and agriculture by professors from various departments and guest speakers from outside the university, including industry representatives.
目的
Objectives
産業界等における応用を含む農学・理学・工学の学際的融合研究分野の最先端について多面的に学び、広い視野を身につける。理工学研究科 情報科学専攻、応用生物科学専攻、建築学専攻、先端科学専攻、電気工学専攻、経営工学専攻、土木工学専攻のディプロマポリシーの「理工学研究科の専門分野に応じた高度な専門知識」に相当する科目である。
Interdisciplinary integration of agriculture, science and engineering, including applications in the industry. Study cutting-edge research in various fields and acquire a broad perspective.
到達目標
Outcomes
食と農の問題について、生物系、情報系、経営系、化学系など、広い視野を持って考えられるようになる。
Students will acquire a broad perspective on food and agriculture based on biology, information science, management, chemistry and engineering.
履修上の注意
Course notes prerequisites
農理工学際連携コースに所属するまたは将来的に所属を希望する学生は、自分の所属と異なる専攻のコース教員が担当する講義は、特に重点を置いて聴講すること。外部講師等の講義等、時間割と異なる時間帯に講義を行うことがある。CLASSシステムに、頻繁に確認可能なメールアドレスを登録し、CLASSやLETUSに掲載される講義日程や参考資料等を、よく確認すること。質疑応答を重視する。積極的に討論し、力を身に付けよう!
Students who belong to the interdisciplinary Agricultural Science & Engineering Course or who wish to join in the future should focus on lectures from professors in different departments. Some lectures, including those from guest scientists, may occur in different time zones. Students should frequently and carefully check the LETUS and CLASS systems for information and reference materials. Active discussion among students is encouraged.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
小テストの実施
Quiz type test
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
グループワーク
Group work
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
プレゼンテーション
Presentation
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
反転授業
Flipped classroom
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
LETUS上の資料を含めて、講師や講義内容について予習して講義に臨むと良い。講義内容を広い視野から捉えなおし、よく復習すること。予習と復習を合わせて1回について3時間を目安とする。
成績評価方法
Performance grading
policy
授業に対する積極性とレポートを総合的に評価する。
Based on a comprehensive evaluation of the discussion and essays.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じてLETUSまたはプリント等で資料を配布する。
Reference materials will be distributed through the LETUS system or handouts.
授業計画
Class plan
1.IoT志向農業で起きている問題 (明石 重男)
植物の生育を見守るための農業機器とIoTとの技術的連携が認識されてからかなりの時間が経過しています。本講義では、IoT志向農業でおきている幾つかの問題について、シムレーションソフトを使用して解説します。
2. 半導体デバイスが農理工分野にもたらす影響 (杉山 睦)
半導体デバイスおよびそれを用いた電気・電子・情報分野の先端研究を紹介するとともに、半導体デバイスが次世代農業など、農理工分野に与える影響や将来展望を紹介する。
3.量子ビーム小角散乱を用いての構造解析手法 (竹内謙)
中性子やX線などの量子ビームを用いた小角散乱は、コロイド、ミセル、などのソフトマター、タンパク質などの生体高分子、無機材料など、様々な物質の構造解析に用いられている。その手法を解説する。
4.医農薬の結合タンパク質の解析法(倉持 幸司)医薬品や農薬の多くが特定のタンパク質に結合して作用を発揮する。本講義では、その医農薬の受容体の解析法を講義する。
5.糖鎖の多様性、その役割と利用 (中島 将博)
自然界に存在する糖鎖の構造は複雑である。それが糖鎖の役割の多様さや糖鎖が食品、産業への利用にもつながっている。糖鎖の多様性を概観するとともに、最近の糖鎖の利用や開発の事例について紹介する。
6.生物の熱バランス(仲吉信人) 恒温・変温動物,植物問わず,生物は周囲の熱環境に適応し生息している.本講義では,生物の熱収支の理論について概説する.
7. 微生物・酵素バイオテクノロジー(古屋 俊樹)  微生物・酵素を利用した有用物質生産、環境浄化や農業への応用について、最近の話題を取り上げて解説する。
8.農理工分野の熱流体輸送(塚原隆裕) 自然も生命も、水や空気などの流体運動と、それらが運ぶ熱と物質の輸送量に大きく影響を受ける。本講義では、その輸送論的視点を講義する。
9. 光生物学(西浜 竜一)
動物、植物、微生物を問わず、多くの生物は光を環境認識や環境適応のために感知している。本講義では、生物の光受容と応答の様式、光受容体のオプトジェネティクスへの応用について概説する。
10.農理工分野の最先端研究トピックス(外部講師)

1. Shigeo Akashi, The problems occurring in IoT oriented agriculture: It is quite a long time since the technical connection between IoT and the agricultural instruments monitoring administrating the growth of the plants has been recognized by everybody. In this talk, several problems occurring in the IoT based farming are delivered by using the simulation software, namely Cisco Packet Tracer ver.7.3.0.
2. Mutsumi Sugiyama, Impact of Semiconductor Devices on Agricultural Science and Technology: Will be introduced semiconductor devices and advanced research in the fields of electricity, electronics, and information. Moreover, will be introduced the impact of semiconductor devices on next-generation agriculture fields and future prospects.
3. Ken Takeuchi, Structural analysis using quantum beam small-angle scattering: Small-angle scattering using quantum beams such as neutron and X-ray is used for structural analysis of various substances such as soft matter, namely colloids, micelles, and biopolymers such as proteins, and inorganic materials. I will explain the structural analysis using quantum beam small-angle scattering.
4. Koji Kuramochi, Identification of the binding proteins of drugs and agrochemicals: Most drugs and agrochemicals bind to specific target proteins and elicit desirable actions. This lecture focuses on the identification of the binding proteins of drugs and agrochemicals.
5. Masahiro Nakajima, Diversity, roles, and use of carbohydrates: Structures of carbohydrates diversify in nature. Such complexity is responsible for various roles of carbohydrates and various use of foods and industries. We will take a look at the diversity of carbohydrates and feature recent examples of the application and development of carbohydrates.
6. Makoto Nakayoshi, Heat balance of living organisms: Every living organism exists adjusting themselves to surrounding thermal environments. This class covers the basic theory of the heat balance of living organisms.
7. Toshiki Furuya, Applied microbiology and enzyme biotechnology: This lecture introduces recent topics on biotechnological and biocatalytic production of valuable chemicals, biodegradation of environmental pollutants, and application of microorganisms to agriculture.
8. Takahiro Tsukahara, Thermo-fluid transportation in the field of agriculture and science: In This lecture introduces the perspective of thermo-fluid transport, which is important to understand nature and lives those are greatly affected by the fluid motions of water and/or air, and the amount of heat and substances transported by them.
9. Ryuichi Nishihama, Photobiology: Many living organisms sense light for environmental recognition and adaptation. This lecture covers the mechanisms of light sensing and signaling and their applications to optogenetics.
10. Guest speakers: Topics on cutting-edge research in agricultural science and technology.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-本科目の責任教員 (朽津 和幸 教授)は、農林水産省の研究機関に主任研究官として勤務した実績を活かして、生物科学の農業・食料・環境問題への応用についても講義すると共に、文部科学省に学術調査官として勤務した実績を活かして、農理工学など、学術分野間の相互関連性や学際連携についても講義する。
-公的研究機関や民間企業等において農理工学分野の実務に携わっている外部講師を招聘予定。
-Based on the experience as a senior scientist at the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Prof. Kazuyuki Kuchitsu teaches on the application of biological sciences to agriculture, food and environment.
-Based on the experience as a program officer at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on interdisciplinary research. 
-External lecturers who have practical experience in agricultural science and engineering in the industry as well as public research institutes etc. will be invited. 
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996E434
CLOSE