農理工学特論2Aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
農理工学特論2A 科目番号
Course number
64BIZZZ501
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Plant and Agricultural Science and Technology 2A
授業名称
Class name
農理工学特論2A
教員名 朽津 和幸,大和田 勇人,西山 裕之,堂脇 清志,入山 聖史,倉持 幸司,徐 維那,宮津 裕次
Instructor Kazuyuki Kuchitsu, Hayato Ohwada, Hiroyuki Nishiyama, Kiyoshi Dowaki, Satoshi Iriyama, Koji Kuramochi, Yuji Miyazu
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/Summer
曜日時限 水曜1限
Class hours Wednesday/9:00-10:30 
開講学科
Department
理工学研究科 農理工学際連携コース
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
食と農の問題の重要性は、今後ますます高まることが予想され、学際的な取り組みが求められている。産業界でも、生物系、情報(ICT;Information and Communication Technology)系、経営系、化学系など、広範な分野に広い視野を持つ人材への期待が高まっている。本講義では、多様な専門分野のコース教員や産業界を含む外部講師による講義により、食と農に関する複合的知識や視座を修得させる。
Because the importance of food and agriculture has been increasing, an interdisciplinary approach is required. There is strong demand in numerous organizations in society for scientists who have a broad perspective across a wide range of fields, such as biological (plant) systems, information & communication technology (ICT), management and chemicals. This course features a broad spectrum of lectures in a variety of fields related to food and agriculture by professors from various departments and guest speakers from outside the university, including industry representatives.
目的
Objectives
産業界等における応用を含む農学・理学・工学の学際的融合研究分野の最先端について多面的に学び、広い視野を身につける。理工学研究科 情報科学専攻、応用生物科学専攻、建築学専攻、先端科学専攻、電気工学専攻、経営工学専攻、土木工学専攻のディプロマポリシーの「理工学研究科の専門分野に応じた高度な専門知識」に相当する科目である。
Interdisciplinary integration of agriculture, science and engineering, including applications in the industry. Study cutting-edge research in various fields and acquire a broad perspective.
到達目標
Outcomes
食と農の問題について、生物系、情報系、経営系、化学系など、広い視野を持って考えられるようになる。
Students will acquire a broad perspective on food and agriculture based on biology, information science, management, chemistry and engineering.
履修上の注意
Course notes prerequisites
農理工学際連携コースに所属するまたは将来的に所属を希望する学生は、自分の所属と異なる専攻のコース教員が担当する講義は、特に重点を置いて聴講すること。外部講師等の講義等、時間割と異なる時間帯に講義を行うことがある。CLASSシステムに、頻繁に確認可能なメールアドレスを登録し、CLASSやLETUSに掲載される講義日程や参考資料等を、よく確認すること。質疑応答を重視する。評価方法の詳細は、初回の講義やLETUSで説明する予定。積極的に討論し、力を身に付けよう!
Students who belong to the interdisciplinary Agricultural Science & Engineering Course or who wish to join in the future should focus on lectures from professors in different departments. Some lectures, including those from guest scientists, may occur in different time zones. Students should frequently and carefully check the LETUS and CLASS systems for information and reference materials. Active discussion among students is encouraged.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
小テストの実施
Quiz type test
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
グループワーク
Group work
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
プレゼンテーション
Presentation
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
反転授業
Flipped classroom
一部の講義で課される。
Required in some lectures.
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
LETUS上の資料を含めて、講師や講義内容について予習して講義に臨むと良い。講義内容を広い視野から捉えなおし、よく復習すること。予習と復習を合わせて1回について3時間を目安とする。
成績評価方法
Performance grading
policy
授業に対する積極性とレポートを総合的に評価する。
Based on a comprehensive evaluation of the discussion and essays.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じてLETUSまたはプリント等で資料を配布する。
Reference materials will be distributed through the LETUS system or handouts.
授業計画
Class plan
1.植物が生きる原理とその利用(朽津 和幸)
食糧・環境・エネルギーなどの人類が直面する問題の解決には、植物の活用が鍵を握ると考えられる。植物が生きる原理を、動物や微生物など他種の生物との相違点や共通点に注目しながら、分子・細胞レベルで理解し、そのことを踏まえて植物をいかに活用するかを考える。受講生各自が、自分の専門分野と植物との関係について考察する。
2.IoTとAIを用いたスマート農業 (大和田 勇人)
IoT (Internet of Things)とAI (Artificial Intelligence)はスマート農業を実現するIT技術である。これらの技術がスマート農業の広い領域においてどのように活用されているか、また今後の技術進歩によってスマート農業がどのように普及するかを講義する。
3.農業製品の環境・栄養・好み等の複合指標(堂脇 清志)
近年の野菜産物に関して、その栽培に対するさまざまなアプローチがあり、その差別化のための明示的な指標が求められている。また、環境問題に関して、欧州においてはLCA(ライフサイクルアセスメント)の活用した新たな評価軸の導入が行われている。他方で、消費者は環境だけでなく、栄養価値、好み(新鮮さ、あるいは食べごろ等)の情報を求めており、企業でもそのような取り組みが見られる。本講義では、これらの複合的な評価基準について解説する。
4.分散高速論理型機械学習器を用いた酪農への応用(西山裕之)本講義では、分散人工知能技術に基づく論理型機械学習器の高速化を実現する方法を説明するとともに、本学習器を用いることで、哺乳子牛および搾乳牛に対するトレーサビリティの高度化へ応用する研究内容について説明する。
5.医農薬の結合タンパク質の解析法(倉持 幸司)医薬品や農薬の多くが特定のタンパク質に結合して作用を発揮する。本講義では、その医農薬の受容体の解析法を講義する。
6.生命における情報処理の数理モデルと計算の複雑さ(入山 聖史)アルゴリズム論の歴史的背景と基本的な数理と、個々の問題へ応用する手法を主に扱う。さらに、確率的アプローチも含めた先進的な話題についても解説する。
7.建築物への木材利用(宮津 裕次)木造建築の多くは、戸建住宅や寺社仏閣等の伝統的建築物であるが、近年では、中大規模あるいは中高層の建築物にも用いられている。本講義では、建築物への木材利用の最新動向について概説する。
8.農業経営評価(徐維那)低コスト・高生産性水田システムの確立や新技術普及の加速化に向けて、先導的な生産技術体系の経営的評価及び地域農業ビジネスモデルに関する検討が行われている。本講義では、農業経営評価の最新動向について解説する。
他に、農理工分野の最先端研究トピックス(外部講師)を開講する。
1. Kazuyuki Kuchitsu, Principles of plant life and its efficient utilization: Efficient use of plants is considered to be the key to solving the problems facing humanity, such as food, the environment, and energy. Understand the differences and commonalities with other species, such as animals and microorganisms, and the principles of plant life at the molecular and cellular levels, and consider relevant ways to utilize plants. Each student considers the relationship between their specialty and the plants, and specialized fields/interests and plants.
2. Hayato Ohwada, Smart Agriculture based on IoT and AI: The Internet of Things (IoT) and Artificial Intelligence (AI) can be viewed as promising technologies that provide a way to implement Smart Agriculture. This class focuses on how those technologies will be applied to a wide range of Smart Agriculture and how they will spread using future enabling technologies.
3. Kiyoshi Dowaki, A multiple index on the environment, nutrients and preferences of vegetables: Regarding fresh vegetables, there are a variety of cultivation methodologies to identify additional values. These would have the following characteristics—high yields, rich nutrients, and preferable tastes for consumers. In this class, we will study a multiple index to express the environment, nutrients and preferences. Also, we will learn life cycle assessment (LCA) as defined in ISO14040.
4. Hiroyuki Nishiyama, Application of distributed high-speed logic machine learning to dairy farming: In this lecture, we will explain our method to realize a high-speed logic-based machine learning system that uses distributed artificial intelligence technology as well as our research applied to the enhancement of traceability for suckling calves and milking cows using this learning system.
5. Koji Kuramochi, Identification of the binding proteins of drugs and agrochemicals: Most drugs and agrochemicals bind to specific target proteins and elicit desirable actions. This lecture focuses on the identification of the binding proteins of drugs and agrochemicals.
6. Satoshi Iriyama, Mathematical model of information processing in life and computational complexity: The historical background of algorithm theory and its mathematical foundations are shown. Advanced topics are explained, including a probabilistic approach for complex systems.
7. Yuji Miyazu I, Use of wood in buildings: The majority of wooden buildings is houses and traditional buildings, such as temples and shrines. Recently, mid- and large-scale or mid- and high-rise buildings are being constructed with wooden materials. This lecture focuses on the latest topics in the use of wood in buildings.
8. Yuna Seo, Agricultural management evaluation: In order to establish low-cost and high-productivity paddy field systems and accelerate the diffusion of new technologies, management evaluation of leading production technology systems and studies on regional agricultural business models are being conducted. This lecture focuses on the latest trends in agricultural management evaluation.
9. Guest speakers: Topics on cutting-edge research in agricultural science and technology.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-本科目の責任教員 (朽津 和幸 教授)は、農林水産省の研究機関に主任研究官として勤務した実績を活かして、生物科学の農業・食料・環境問題への応用についても講義すると共に、文部科学省に学術調査官として勤務した実績を活かして、農理工学など、学術分野間の相互関連性や学際連携についても講義する。
-公的研究機関や民間企業等において農理工学分野の実務に携わっている外部講師を招聘予定。
-Based on the experience as a senior scientist at the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Prof. Kazuyuki Kuchitsu teaches on the application of biological sciences to agriculture, food and environment.
-Based on the experience as a program officer at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Prof. Kazuyuki Kuchitsu also teaches on interdisciplinary research. 
-External lecturers who have practical experience in agricultural science and engineering in the industry as well as public research institutes etc. will be invited. 
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996E433
CLOSE