特別研究1(田畑)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究1 科目番号
Course number
63GRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Researches 1
授業名称
Class name
特別研究1(田畑)
教員名 田畑 耕治,岩下 登志也,中川 智之,藤澤 健吾
Instructor Kouji Tahata, Toshiya Iwashita
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First to Second Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive course
開講学科
Department
理工学研究科 情報科学専攻
Department of Information Sciences, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
8.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
担当教員,関連分野の研究者らと履修学生が毎回,話題提供と議論を行う.学生の発表内容は,自身がこれまでに習得した知識,先行研究のレビュー,興味を持っている分野の動向等とする.自身の発表を行い,関連分野の質疑応答に参画することで,プレゼンテーションと情報理解能力を磨く.
Faculty member, researchers in related fields and students studying will give topics and discuss each time. Student presentation content shall be, knowledge acquired by himself so far, review of past research, trend of field which is currently interested etc. Making presentation and participate in questions on disaster prevention in related fields to hone your presentation and information comprehension skills.
目的
Objectives
統計分野全般を対象に,関連する分野の過去の事例から最新の研究動向にわたるまで幅広く知識を習得するとともに,実社会における幅広い防災分野の課題やその課題解決のための能力が培われることを目的としている.
For the statistics field as a whole, we aim to acquire a wide range of knowledge from early studies in related fields to the latest research trends, and to cultivate a wide range of issues in the real world and the ability to solve them.
到達目標
Outcomes
修士論文を作成する.また,研究成果を学会発表し,論文を学術雑誌へ投稿する.
Write a master's thesis. In addition, we will present the research results to the academic conference and post the thesis to academic journals.
履修上の注意
Course notes prerequisites
なし
Nothing special
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
特に定めない
Not specified
成績評価方法
Performance grading
policy
ゼミにおける発表状況と修士論文及び修士論文発表会などによる総合評価 
To be evaluated in taking account of the presentation's performance level and positiveness of participation in discussion.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
なし
Nothing special
授業計画
Class plan
第1回:ガイダンス
第2 - 15回:各回の話題提供と議論
1st: Giving guidance.
2nd to 15th: Providing topics each time and discussion.
教職課程
Teacher-training course
数学
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし
Nothing special
996D848
CLOSE