先端物理学輪講1Bのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
先端物理学輪講1B 科目番号
Course number
62GRRES504
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Seminar in Physics 1B
授業名称
Class name
先端物理学輪講1B
教員名 鈴木 英之,福元 好志,澤渡 信之,矢口 宏,田村 雅史,須田 亮,金井 要,幸村 孝由,吉岡 伸也,岡崎 竜二,秋元 琢磨,石塚 正基,阿部 智広
Instructor Hiroshi Yaguchi, Akira Suda, Yoshiyuki Fukumoto, Nobuyuki Sawado, Hideyuki Suzuki, Masafumi Tamura, Kaname Kanai, Takayoshi Kohmura, Shinya Yoshioka, Ryuji Okazaki, Takuma Akimoto, Masaki Ishitsuka, Tomohiro Abe
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 Second Semester 
曜日時限 水曜4限 水曜5限
Class hours Wednesday 4th and 5th Periods 
開講学科
Department
理工学研究科 物理学専攻
Department of Physics, Graduate School of Science and Technology 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
修士の学生全員が順番に自分の研究テーマを発表する。輪講形式で行う。また、院生全員・教員全員が参加して発表内容に対する質疑応答を積極的に行う。毎回、発表の最後に全院生が発表に対する各自の意見・コメント等をまとめた小レポートを提出する。
All students in the master's course will individually present a talk on the research topic. In addition, all students and faculty members participate in a Q&A on the contents of the presentation. At the end of the class, students submit a short report that summarizes their opinions and comments on the presentation by other students. 
目的
Objectives
専門分野に関連した論文内容を発表、もしくは自分の研究内容について中間報告を行って、現在の研究内容のまとめを行い、発表のスキルを向上させる。さらに、他分野を専門とする学生・研究者との議論を積極的に行う。
This course is intended to help students improve their presentation skills by summarizing research progress and presenting a talk on the research content or papers related to the research field. Also, students will hold active discussions with other students and researchers specializing in other fields. 
到達目標
Outcomes
自分の研究を他人に分かりやすく解説できるようになる。他人の研究発表に対して質問したり評価したりすることで、いろいろな人とコミュニケーションがうまく取れるようになる。また、各自の発表に対する他者の意見・批判等をもとに将来の研究予定を再考するなど、自身の研究がより良いものとなるように役立てていく。
Students who are successful in this course will be able to explain the research contents clearly to others. By asking questions about and evaluating other research presentations, students will be able to communicate well with a variety of people. Students will also enhance their research by reconsidering their future research plans based on the opinions and criticisms made by others on their presentations. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
積極的に質疑応答を行うこと。 
Students are encouraged to actively ask questions and offer answers. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
自分が発表する際には、繰り返し練習を重ねて有意義な発表になるように心がけること。他人の発表に関しては、分からなかった点は授業中に質問するように心がけること。 
Students are required to practice sufficiently to make fruitful presentations before presenting a talk. Regarding presentations by other students, try to ask questions during class if you do not understand something. 
成績評価方法
Performance grading
policy
自身の発表が十分な水準に達していることを前提に、他の発表者の内容要旨をまとめた小レポートにより評価する。 
Grading will be based on a small report summarizing the content of other presenters on the premise that your own presentation has reached a sufficient level. 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜、資料などがある場合もある。
Printed materials will be distributed as appropriate. 
授業計画
Class plan
修士1年の論文紹介または研究発表。修士2年の英語による研究紹介。博士課程の院生、助教等や外部講師などの研究発表。
First year students in the master's course will present a talk on the research progress or introduce scientific papers. Second year students will present a short talk on a research overview in English. Doctoral course students, assistant professors, and other external lecturers will also present research topics. 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
Discovery Studio/Material Studio
備考
Remarks
996C309
CLOSE