解析学輪講2(牛島)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
解析学輪講2 科目番号
Course number
61MAANA507
科目名称(英語)
Course title(English)
Study Course on Analysis 2
授業名称
Class name
解析学輪講2(牛島)
教員名 牛島 健夫
Instructor Takeo Ushijima
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022, first semester
曜日時限 金曜4限 金曜5限
Class hours Friday 4th and 5th period
開講学科
Department
Department of Mathematics, Graduate School of Science and Technology  
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
微分方程式に関する教科書を用いたセミナー形式の授業を通じて, 微分方程式に関する基礎的な用語・概念・理論を学ぶとともに, 数学の教科書・論文を独力で読むための訓練を行う.
受講者は, 指定された教科書を予め読んで内容を理解した上で, 授業時には発表者となってその内容を出席者の前で説明する.
Using text books about the theory of differential equations, students will learn the basic terminologies, concepts, and theories concerning differential equations and they also acquire the ability to understand the textbooks and academic papers about mathematics by his or herself.
Students study a part of the textbook before attending the class and make presentations about the contents in the class.  
目的
Objectives
微分方程式に関する基礎的な知識を学ぶこと.
To learn the basic knowledge about differential equations. 
到達目標
Outcomes
数学の文献を読むための標準的な能力を獲得すること.
To acquire the ability to understand the literature about mathematics.
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
ゼミでの発表にそなえて、発表内容の予習・整理はもちろん、発表方法なども事前に充分予習しておくこと。また、毎回のゼミの内容は、その後十分に復習し確認しておくこと。時間の目安は復習に4時間以上、準備学習に4時間以上である。 
Students are required to prepare their presentations in advance, noting the amount of content and the time it will take to present, and review any relevant knowledge. It is recommended these preparations are done thoroughly. Four hours for preparation and four hours for reviewing is expected. 
成績評価方法
Performance grading
policy
ゼミの発表内容などにより評価する
Presentations and discussions during class will be evaluated. 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要な書物・論文などはゼミ中に指示する。
Textbooks and papers are indicated in the seminar. 
授業計画
Class plan
1 群論的分岐理論1 Group-Theoretic Bifurcation Theory 1
2 群論的分岐理論2 Group-Theoretic Bifurcation Theory 2
3 群論的分岐理論3 Group-Theoretic Bifurcation Theory 3
4 群論的分岐理論4 Group-Theoretic Bifurcation Theory 4
5 群論的分岐理論5 Group-Theoretic Bifurcation Theory 5
6 Dn不変系の分岐1 Bifurcation Behavior of Dn-equvariant systems
7 Dn不変系の分岐2 Bifurcation Behavior of Dn-equvariant systems
8 Dn不変系の分岐3 Bifurcation Behavior of Dn-equvariant systems
9 Dn不変系の分岐4 Bifurcation Behavior of Dn-equvariant systems
10 Dn不変系の分岐5 Bifurcation Behavior of Dn-equvariant systems
11 Theory of critical initial imperfection 1
12 Theory of critical initial imperfection 2
13 Theory of critical initial imperfection 3
14 Theory of critical initial imperfection 4
15 Theory of critical initial imperfection 5
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
授業計画は学生の希望や進度に応じて大幅に変更する可能性がある.
The class plan will be changed according to the students' requests and their state of progress.
996B947
CLOSE