数学講究4(加塩)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
数学講究4 科目番号
Course number
61GRRES602
科目名称(英語)
Course title(English)
Mathematics Seminar 4
授業名称
Class name
数学講究4(加塩)
教員名 加塩 朋和,平川 義之輔
Instructor Tomokazu Kashio, Yoshinosuke Hirakawa
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 Second semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive course
開講学科
Department
理工学研究科 数学専攻
Department of Mathematics, Graduate School of Science and Technology
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業
Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
受講生ごとに選択した研究分野について、基礎的な概念を理解し、独創的な研究への足がかりを作る。また専門的な知識だけではなく、広く考える力、議論する力を身につける。
Students taking this course will choose a research area and study basic concepts related to the chosen research area. This will be done through discussions, which is aimed to further broaden one's knowledge base as well as train thinking skills in general, to build a basis for starting a new and original research.
目的
Objectives
少人数でのゼミの中で、これまでの学習してきたことを整理・確認し、さらに選択した研究分野における知識を身に付ける。さらに、研究課題を見つけ、遂行する力をつける。
To review previously acquired knowledge and obtain new knowledge and skills related to the research area the student chose. Also, the course is conducted in a seminar-style discussion in small groups to relay research topics and research methods among students.
到達目標
Outcomes
特定の研究課題について、専門的な内容を理解し、発展的なことを考えることができる。そして、そのことを、人に論理的かつ明確に伝えることができる。 
To understand specialized knowledge on a research topic and be able to expand their knowledge base. Furthermore, be able to explain and present these knowledge in a logical manner. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
各回ごとに授業中に指示するが、 ゼミでの発表にそなえて、発表内容の予習・整理はもちろん、発表方法なども事前に充分予習しておくこと。また、毎回のゼミの内容は、その後十分に復習し確認しておくこと。時間の目安は復習に4時間以上、準備学習に4時間以上である。 
Students are required to prepare their presentations in advance, noting the amount of content and the time it will take to present, and review any relevant knowledge. It is recommended these preparations are done thoroughly. Four hours for preparation and four hours of reviewing are expected.
成績評価方法
Performance grading
policy
ゼミの発表内容などにより評価する
Presentations and discussions during class will be evaluated.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要な書物・論文などはゼミ中に指示する。
Textbooks and papers are indicated in the seminar. 
授業計画
Class plan
第1-15回
事前に指名された学生の発表および参加者との質疑応答を中心としたゼミ形式で行う。

1st to 15th
The instructor will appoint the presenter for each class in advance. Classes will be conducted in a seminar-style and discussions among participants are highly suggested.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996B895
CLOSE