がんを知りがんと闘うのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
がんを知りがんと闘う 科目番号
Course number
L2LBART763
科目名称(英語)
Course title(English)
Knowing and fighting cancer
授業名称
Class name
がんを知りがんと闘う
教員名 昆 俊亮,月本 光俊,秋本 和憲,定家 真人,中村 由和
Instructor Shunsuke Kon
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2021 First Semester
曜日時限 火曜5限
Class hours Tuesday 5th Period
開講学科
Department
理工学研究科/博士後期課程

Graduate School of Science and Technology/Doctor course
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format

対面授業 / On-site class


新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンライン型授業にする場合もある。

Depending on the situation of COVID-19 Coronavirus infection status, the class would be conducted in the Online(synchronized remote) format. 
概要
Descriptions
がんの発生、進展、がん細胞と間質細胞との相互作用、がん免疫、がん病態、メタゲノム/オミックス解析法、診断・治療法(診断医療機器開発、医薬品開発を含む)等について、基本的知識、最近のトピックなどを一般教養として学習する。本講義ではがん研究に携わる学内外の医師やがん研究者によりオムニバス形式で授業が行われる。がん生物学、臨床腫瘍学、腫瘍医工学など、基礎から臨床におよぶ各専門家による講義を行い、現在におけるがん研究、がん医療に関する問題点を理解する。

This course aims to provide the students with general information regarding advanced topics on oncogenesis, cancer development, interaction between cancer cells and stromal cells, immuno-oncology, cancer pathology, meta-omics approaches, and diagnosis/treatment (including the development of diagnostic medical devices and pharmaceuticals), and it is composed of omnibus lectures delivered by internal and external medical doctors or researchers in the field of cancer. The lectures will cover cancer biology, medical oncology, and biomedical engineering for cancer. The students will acquire an overview and in-depth understanding of various aspects of the underlying biology and medical challenges of cancer.




目的
Objectives
がんを発生させる遺伝的要因や環境因子の病因を理解し,がんの疫学的素因の基礎知識を身に付ける。また、がん細胞の発生、増殖、進展、浸潤、転移の各プロセスにおける生物学的特性を学習する。さらには、がんのトランスレーショナルリサーチの現状、薬物療法、放射線療法、ビッグデータ解析、遺伝子/画像診断、生体イメージング等の最新の成果を学び、がん研究における現在の課題を理解する。

Gain general information on the genetic or environmental factors responsible for oncogenesis and biological principles of cancer development including cellular transformation, proliferation, invasion, and metastasis. Additionally, gain an understanding of the translational research, pharmacotherapy, radiation therapy, big data analytics, genetic/image diagnosis, and live imaging, and then, explore novel questions for future cancer research.

到達目標
Outcomes
がん研究・がん医療・抗癌剤開発・診断法開発・医療機器開発などに関わる職種に携わる研究者、技術者としての必須のがんに関する知識を習得する。

Acquire an overview of the issues pertinent to cancer, which is necessary for the researchers or technical experts to get engaged in cancer research, clinical oncology, drug development, diagnostic method development, and medical device development.

履修上の注意
Course notes prerequisites
単に教科書的な知識のみでなく、研究に必要となる腫瘍生物学的実験手法も内容に含まれるので、そのつもりで十分に予習することが必要である。この講義は基本的に日本語で行われる。

Prepare for the courses through studying the text-book information and experimental methodologies for cancer biology in advance. Topics will be presented in the lecture and discussed primarily in Japanese.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay


Positive 
小テストの実施
Quiz type test


Positive  
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion


Negative 
グループワーク
Group work


Negative 
プレゼンテーション
Presentation


Negative 
反転授業
Flipped classroom


Negative 
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
講師のホームページや文献などで講義内容について2時間程度調べ、講義内容の概要を予習した上で講義に参加すること。また、がん研究・医療の問題点の解決に向けてどのような解法が考えられるかを含め、2時間程度復習すること。

Study the topics related the class syllabus using the internet or the literature for about 2 hours to gain sufficient understanding in advance. After the class, review the topics discussed in the class, and identify solutions for current problems in cancer research or clinical medicine.
成績評価方法
Performance grading
policy
討論や質疑など授業全体を通して積極的に参加しているかなどについて総合的に評価する(50%)。また、授業内容から出題される小テストにより評価する(50%)。

Evaluation based on the attitude and active participation in the course, assessment based on their discussions and questions (50%), and quizzes provided by the lecturers (50%). 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
以下の参考書を推薦する。

ワインバーグ がんの生物学

The following book is recommended:

The Biology of Cancer by Robert A. Weinberg
授業計画
Class plan
1.がんの発生素因と生体内防御反応   
 がんを誘引する遺伝的もしくは環境的要因について学習する。また、がん細胞が産生された際の生体内反応について理解する。

2.がんと染色体不安定性 
 がん化の要因の一つである染色体不安定性と抗癌標的としての可能性を理解する。

3.がんのイメージガイド下治療
 画像診断技術を用いたがん治療法について理解する。

4.がん免疫
 がん細胞に対する免疫監視機構について理解する。

5.がん微小環境
 腫瘍組織を構成する間質細胞の役割について理解する。

6.細胞老化と発がん
 老化に関連したがんのリスク要因と発がんの分子機構、その制御機構について理解する。

7.がんトランスレーショナル研究
 医学・生物学ビッグデータを用いた統合解析法について理解する。

8.がんゲノムと情報解析
 がんゲノム医療とその情報解析について理解する。

9.がん幹細胞
 がん幹細胞の性状と腫瘍発生、浸潤・転移における役割について理解する。

10.がんとテロメア
 がん細胞におけるテロメア維持機構について理解する。

11.がんと脂質代謝
 発がんと細胞内脂質代謝異常との関連について理解する。

12.放射線を利用したがんの診断と治療
 放射線治療や放射性医薬品について理解する。

13.がんの分子標的
 既存のがん分子標的薬と次世代標的法について理解する。

14.がん進化の理論研究
 環境に適応的ながん細胞が突然変異により生まれ広がる課程を数理的に理解する。

15.総合討論 


1. Causes of cancer and biological reactions against cancer cells
2. Cancer and genomic instability
3. Cancer diagnostic imaging
4. Immuno-oncology
5. Tumor microenvironment
6. Cancer and cellular senescence
7. Cancer translational research
8. Cancer genomic analysis
9. Cancer stem cells
10. Cancer and telomeres
11. Lipid metabolism in oncogenesis
12. Radiation therapy for cancer
13. Molecular targets of cancer
14. Theoretical study on cancer evolution
15. Overall discussion



教職課程
Teacher-training course
本科目は教職に関する科目であり、教育職員免許法施行規則に定める「大学が独自に設定する科目」に該当する科目です。

This course is related to teacher training and falls under 'a subject originally prepared by the university’ stipulated in the Ordinance for Enforcement of the Education Personnel Certification Act. 
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
996A777
CLOSE