医療倫理のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
医療倫理 科目番号
Course number
L2LBART731
科目名称(英語)
Course title(English)
Medical Ethics
授業名称
Class name
医療倫理
教員名 花輪 剛久,髙澤 涼子,嶋田 修治,根岸 健一,佐藤 嗣道,吉澤 一巳,市原 学,真野 泰成,河野 洋平,鈴木 立紀
Instructor Takehisa Hanawa, Ryoko Takazawa, Shuji Shimada, Yoshikazu, Ken-ichi Negishi, Tsugumichi Satoh, Kazumi Yoshizawa, Gaku Ichihara, Yasunari Mano, Yohei Kawano
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/1st Semester
曜日時限 木曜5限
Class hours Thu/3rd period
開講学科
Department
理工学研究科/博士課程
Graduate School of Sciences and Technology/Doctor course
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
日本の医療の一翼を担う人材として、また、社会人の一人として、 良い医療の提供に必要とされる基本的な考え方を習得し、それを基に行動できるようになる為に学内外の講師によリ、多様性と個別性への柔軟な視点を持つ。医療倫理の問題には、唯一の正解はないことを念頭に、各自がまず自身で考え、バランスの良い、最適の着地点を見出す努力をする。その道筋で、思考の助けとするための考え方を習得する 。

As the people who play a role of medicine in Japan or a memmberof society, it is important to learn the fundamental concept required for delivering of the good healthcare. In order to be able to act based on the fundamental concept, the lectures by the faculty member and the other visiting lecturers would be the mind-expander for diversity and/or personality. Students who attend the class should take into consideration that there is no right answer to medical ethics, therefore, they should make effort to establish the balanced and better foundation by thinking by themseves. IIf they do so, they can learn the way of thinking for being the help of thinking process.
目的
Objectives
日本の医療の一翼を担う人材として、また、社会人の一人として、 良い医療の提供に必要とされる基本的な考え方を習得する。

s the people who play a role of medicine in Japan or a memmberof society, it is important to learn the fundamental concept required for delivering of the good healthcare.
到達目標
Outcomes
医療倫理の問題には、唯一の正解はないことを念頭に、各自がまず自身で考え、バランスの良い、最適の着地点を見出す上で、思考の助けとするための考え方を習得できる 。

Students who attend the class should take into consideration that there is no right answer to medical ethics, therefore, they should make effort to establish the balanced and better foundation by thinking by themseves. IIf they do so, they can learn the way of thinking for being the help of thinking process. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
薬学部教員および外部講師によるオムニバス形式で実施する

Omnibus lecturee by faculty member of Pharmaceutical Sciences and other visiting lecturers
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
社会における様々な医療に関する倫理問題に日常的に注意を払うことにより、講義内容を身近なものとして捉えることができる。

Students who attended nthe class would be able to view the content of class as their near affairs by paying attention to the various ethical issue for the medical in society.
成績評価方法
Performance grading
policy
(1)講義に応じて、レポートにより評価する(25〜50%)。
(2)講義に応じて、SGDにより評価する(25〜50%)。
(3)講義に応じて、態度により評価する(25〜50%)。
(4)各講義の評価を100点で評価し、全講義の平均点をもって成績評価とする(小数点以下切下げ)。
(5)出席すべき日数の3分の2以上の出席を持って評価対象とする。

(1)evaluated by internal report (25-50%) depending on the content of lecture and lecturer
(2)evaluated by small group discussion (SGD) (25-50%) depending on the contento of lecture or lecturer
(3)evaluated by the attitude of students to class (25-50%) depending on the content of lecture or lecturer
(4)evaluated by the mean of the score of every lectures and convert to 100% as final score
(5)students who attended more than two third classes will be evaluated
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし

It would be introduced when necessary.
授業計画
Class plan
【第1回:花輪】医療機関において実施される臨床試験に係る倫理的配慮について説明できる。(知識)
【第2回:花輪】医療機関において実施される臨床試験に係る倫理的配慮について説明できる。(知識・態度)
【第3回:根岸】病気と差別の関係から、人間の持つ倫理感の問題を立場の違いから考察し、討論する(知識・態度)
・本邦のハンセン病とその患者や家族、医療者、政府や法律に関する歴史を辿り、どうあるべきだったのかを考える。

【第4回:真野】臨床研究における医薬品の有効性・安全性の評価手法および倫理的配慮について概説できる(知識・態度)

【第5回:河野】生命科学に関する研究と臨床適用における倫理的配慮を説明できる(知識・態度)

【第6回:嶋田】企業および研究者が医薬品情報を作成・提供する際に考慮しなければならない倫理的配慮について説明できる(知識・態度)

【第7回:市原(1)】「労働環境衛生学と倫理」SBO:WHO発がん分類、米国・日本のリスク評価における利益相反を説明できる(知識・態度)
【第8回:市原(2)】「疫学・遺伝子診断と倫理」SBO:疫学、遺伝子診断に関する倫理事項を説明できる(知識・態度)
【第9回:小茂田】「臨床研究における倫理的配慮の実際」・臨床研究における対象者の倫理的配慮について具体的に説明できる(知識・態度)

【第10回:佐藤(1)】「薬物治療の安全性向上と技術者倫理」薬物治療の安全性を向上させるために必要な技術者倫理について概説できる(知識・態度)
【第11回:佐藤(2)】薬禍被害者から見た医療倫理(知識・態度)
【第12回:花輪】医療機関における製剤開発と臨床適用における倫理的配慮を説明できる(知識・態度)
病院での製剤開発の手順と倫理的配慮、および医療への貢献について実例から解説する。

【第13回:高澤】「医薬品創製および医療技術開発に関わる心構え」新しい医薬品や医療技術が創製・開発され,広く使われるようになったときに社会に及ぼす影響について,使用者および研究者の立場から倫理的に考察できる(知識・態度)
【第14回:吉澤】「終末期がん患者に対する抗がん治療と緩和治療【講義】」
・抗がん治療主体から緩和治療主体へと移行する際の倫理的配慮について理解できる(知識)
【第15回;:花輪】「研究者と医療倫理」研究者が医療に関わる研究を行う際に遵守すべき倫理的配慮について説明できる(知識) 

1st and 2nd: It can explain the ethical considerations of the clinical trials conducted in medical institutions.
3rd: From the viewpoint of disease and discrimination, we discuss and discuss the problem of ethical feelings of human beings from the standpoint of position
4th: It can give an outline of the evaluation method and the ethical considerations for the efficacy and/or safety of medicine at the clinical trial.
5th: It can explain the development or the importance of the hospital formulations prepared in medical institutions.
6th: It can explain the ethical considerations for the drug information provided by a medical representative of a pharmaceutical company.
7th: It can explain the conflict of interest (COI) in risk assessment in the U.S. and Japan.
8th: It can explain the ethical issues about the epidemiologic and genetic diagnosis.
9th: It can explain the importance of ethical considerations to subjects attending the clinical trial.
10th: It can explain the research ethics to improve the safety of medical therapeutics.
11th: It can explain the medical ethics viewed from the patients of health disasters stemming from drugs.
12th: It can explain the response to patients, the method for preparing and selecting adequate i-hospital formulations.
13th: It can explain the effect of the use of newly developed drugs.
14th: It can explain the ethical considerations at the transition from cancer chemotherapy to palliative care.
15th: It can explain that the researcher who relates to medicine should recognize the ethical consideration. 
教職課程
Teacher-training course
該当しない
N/A
実務経験
Practical experience
私立大学病院や国立大学附属病院に、薬剤師として勤務し医療に従事した実績を活かし講義する
Lectures at private university hospitals and national university hospitals, utilizing the experience of working as a pharmacist and engaging in medical care 
教育用ソフトウェア
Educational software
特になし
N/A
備考
Remarks
講師の都合により適宜補講を実施する

From personal reasons of lecturer's, extra class might be held.
996A736
CLOSE