生物有機化学1のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
生物有機化学1 科目番号
Course number
64CHORC201
科目名称(英語)
Course title(English)
Bioorganic Chemistry 1
授業名称
Class name
生物有機化学1
教員名 倉持 幸司
Instructor Koji Kuramochi
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/First term
曜日時限 木曜3限
Class hours Thursday 3rd Period
開講学科
Department
理工学部 応用生物科学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
生体関連化合物の性質や反応性を講義する。
目的
Objectives
有機化学の基本的な理解を深め、生化学現象を有機化学的に理解する。
到達目標
Outcomes
生命の機能を有機化学の視点で理解、考察できるようになる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
有機化学の基礎を学習します。先端化学科の2年生、3年生にとっては既に学習済みの授業内容になります。そのため、本科目ではなく、後期の「生物有機化学2」を履修することを推奨します。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
各回に指示した項目を予習、復習すること。
成績評価方法
Performance grading
policy
原則、到達度評価で評価する。各章の講義終了後に、課題や小テストを課し、それらも成績に加味する場合もある。また、ノート提出を課し、評価に加える場合もある。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
マクマリー生物有機化学(生化学編) 菅原二三男,倉持幸司編 丸善 ISBN978-4-621-30240-8
マクマリーマクマリー生物有機化学 (基礎化学編) 菅原二三男辺、丸善 ISBN978-4621088951
授業計画
Class plan
第1、2 回:アルカンの生物有機化学
有機分子の性質・族・構造
官能基
アルカンの性質・反応・命名法

第3、4 回:アルケンとアルキンの生物有機化学
アルケンとアルキンの命名法・性質
シスートランス異性
アルケン、アルキンの化学構造・反応
アルケンの付加反応の反応機構

第5 回:芳香族化合物の生物有機化学
芳香族化合物とアルキンの性質
芳香族化合物とベンゼンの構造
芳香族化合物の反応

第6、7 回:酸素・硫黄・ハロゲンの生物有機化学
含酸素化合物
アルコール、フェノール、エーテルの命名・性質・反応
アルコール、フェノール、エーテルの酸性度
チオールとジスルヒドの性質・反応と酸性度
含ハロゲン化合物

第8、9 回:アミンの生物有機化学
アミンの性質
含窒素化合物の性質・反応
アミンの塩基性
アミン塩の性質・反応
アルカロイドの性質・反応

第10、11、12 回:アルデヒドとケトンの生物有機化学
カルボニル基の構造・性質・反応
アルデヒド、ケトンの構造・命名・性質・反応
カルボニル基、アルデヒド、ケトンの酸化・還元
アルコールの付加反応とヘミアセタール、その反応機構

第13、14 回:カルボン酸と誘導体の生物有機化学
カルボン酸誘導体の構造・性質と命名
一般的なカルボン酸の性質・酸性度・反応
アスピリンとカルボン酸誘導体の構造・性質
エステルとアミドの加水分解反応
ポリアミドとポリエステル
リン酸誘導体の構造・性質と化学反応

第15 回: 到達度評価

教職課程
Teacher-training course
本科目は、教育職員免許状取得(教科:理科)に必要な教科に関する科目の「化学」区分に該当します。
ただし、教科に関する科目区分については、入学年度により異なるため、各自、入学年度または適用となる年度の学修簿により確認をしてください。
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特記事項なし 
9964414
CLOSE