宇宙物理学Aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
宇宙物理学A 科目番号
Course number
62PHGEA302
科目名称(英語)
Course title(English)
Astrophysics A
授業名称
Class name
宇宙物理学A
教員名 幸村 孝由,鈴木 英之
Instructor Takayoshi Kohmura, Hideyuki Suzuki
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022 First semester
曜日時限 月曜2限
Class hours Monday 2nd period
開講学科
Department
理工学部 物理学科
Department of Physics
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format

概要
Descriptions
20世紀以降,物理学は,力学,熱・統計力学,電磁気学などに加え,量子力学をはじめとする現代物理学が加わり,目覚しい発展を遂げている。学問・研究分野は,ナノテクノロジーに代表される物性物理学,
クオーク・レプトンなど物質の極限の姿を明らかにする素粒子物理学,宇宙の始まり・現在・未来の姿を明らかにする宇宙物理学,たんぱく質の構造や脳機能の研究などの生物物理学といったように,非常に多岐にわたる。 本講義では,宇宙で起こっている様々な現象を、最先端の研究結果も交えながら紹介する。


目的
Objectives
物理学を駆使することで恒星の内部構造やその進化がどのようにして判るのか、その結果として超新星爆発やコンパクト星の誕生、銀河の進化などについて勉強する。本学科のディプロマポリシーである「各学科の学問分野における基礎的知識をもとに、それぞれの専門とする分野における原理と応用を体系的に身に付けている。」を実現する科目の1つである。
到達目標
Outcomes
1.宇宙には大小さまざまなスケールの多様な天体があることを理解する。
2.星がどのように生まれ、どのように進化するのか、また、その過程の中で、どのような
  物理法則が成り立っているのか理解する。
3.中性子星やブラックホールといったコンパクト天体の観測量から,どのように、質量や半径など
  の物理量を求めることができるのか理解する。
3.銀河の中心に潜む巨大なブラックホールについて、観測量から、どのように質量などの物理量を
  求めることができるのか理解する。  
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
講義で出された課題を通して,準備学習や復習を行う。
成績評価方法
Performance grading
policy
期末に実施する定期試験を100点満点として評価する。また、講義期間中に提示する課題
の評価点を成績評価の10%程度として考慮する。
 S: 90点以上
 A: 80点以上
 B: 70点以上
 C: 60点以上
 D: 60点未満
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
以下の書籍を参考として紹介しておく。

【入門編】
数式などを極力使うことなく,宇宙物理学・天文学を概観する。
「基礎からわかる天文学」 半田利弘 (誠文堂新光社)
「宇宙科学入門」 尾崎洋二(東大出版会)
「ファーストステップ 宇宙の物理」 嶺重慎(朝倉書店)

【専門書】
学部3年生までに学ぶ力学,熱・統計力学,電磁気学,量子力学の基本的なことを理解していることが必要となる。
「宇宙物理学」 高原文郎 (朝倉書店)
「宇宙物理」 佐藤文隆 (岩波書店)
「宇宙物理学」 小玉英雄 (共立出版)
「極・宇宙を解く: 現代天文学演習」福江純(恒星社厚生閣)
授業計画
Class plan
講義では以下の内容を紹介する。左側の番号は,必ずしも講義の回数を表すものではなく,講義のおおよその順番を表す。

 1  宇宙の多様性と宇宙の階層構造
 2  宇宙物理学の基礎概念(1) 輻射場の基礎
 3  宇宙物理学の基礎概念(2) 天体のスペクトル
 4  太陽系
 5  太陽
 6  星の構造と進化(1) 静水圧平衡,輻射と対流
 7  星の構造と進化(2) 星の進化(誕生から死)
 8  星のエネルギー源:熱核融合
 9  星の一生(1) 星の誕生
10  星の一生(2) 主系列星
11  星の一生(3) 巨星、惑星状星雲 
12  星の一生(4) 超新星爆発
13  星の一生(5) 超新星残骸
14  星の一生(6) ハイパーノバとガンマ線バースト
15  到達度評価と総括
教職課程
Teacher-training course
本科目は、教育職員免許状取得(教科:理科)に必要な教科に関する科目の「地学」区分に該当します。
ただし、教科に関する科目区分については、入学年度により異なるため、各自、入学年度または適用となる年度の学修簿により確認をしてください。
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9962573
CLOSE