建築設計1のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築設計1 科目番号
Course number
41PDEAD501
科目名称(英語)
Course title(English)
Architectural Design 1
授業名称
Class name
建築設計1
教員名 高 佳音,郷田 桃代,熊谷 亮平,金箱 温春,原田 麻魚
Instructor Mitsuhiro Kanada, Ryota Torao, Momoyo Gota, Ryohei Kumagai, Kaon Ko
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 First Semester
曜日時限 木曜6限 木曜7限
Class hours Thursday 6th and 7th. Period
開講学科
Department
工学研究科 建築学専攻 Graduate School of Engineering, Department of Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
一線で活躍する学外の建築家による、高度な先端の実践的設計手法およびそのプロセスに関する講義科目である。現代建築の設計方法上の重要な課題について、形、素材、技術、芸術など多角的にスタディ、部分の設計と製作を行い技術と造形が統合する現代建築設計の実務的要点を学ぶ。
It is a subject concerning advanced practical design method and the process by leading architect. Multidisciplinary studies will be conducted on shapes, materials, techniques, arts, etc. on important issues in modern architectural design method. Designing and manufacturing parts and master the practical points of contemporary architectural design with integrated technology and design.
目的
Objectives
高度な先端の実践的設計手法およびそのプロセスを体験し習得する。
Experience and master advanced practical design methods and processes.
到達目標
Outcomes
形、素材、技術、芸術など多角的にスタディ、部分の設計と製作を通して技術と造形が統合した建築設計手法を身につける。
Studying various forms such as form, material, technology, art, etc. Students learn the building design method integrating technology and design through design and production of the parts.
履修上の注意
Course notes prerequisites
学部において設計科目、卒業設計、それらに準じる科目単位を取得していることを履修要件とする。インターンシップ関連科目である。
Students are required to acquire subjects such as design subjects and graduation designs at undergraduate schools. It is an internship related subject.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
枚授業での指導をふまえ、次週までに準備を行う。
Based on guidance in each lesson, prepare by next week.
成績評価方法
Performance grading
policy
中間および最終までの成果に対する総合評価
Comprehensive evaluation on results and process until intermediate and final presentation.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業の進行にあわせて、適宜、指定する。
Designated according to the progress of the lesson.
授業計画
Class plan
1 イントロダクション 現代建築設計の先端の傾向と実務の関係に関する本授業の構成と流れの説明を行う。

2 建築とかたち1 現代建築の着想と構想の過程における設計手法について、かたちの単位に関する設計と討議を行う。

3 建築とかたち2 現代建築の実体化の過程における設計手法について、かたちの構成に関する設計と討議を行う。

4 建築とかたち3 現代建築の技術化の過程における設計手法について、かたちの複合に関する設計と討議を行う。

5 建築と素材1 現代建築の着想と構想の過程における設計手法について、素材の単位に関する設計と討議を行う。

6 建築と素材2 現代建築の実体化の過程における設計手法について、素材の構成に関する設計と討議を行う。

7 建築と素材3 現代建築の技術化の過程における設計手法について、素材の複合に関する設計と討議を行う。

8 中間討議および講評 設計と討議をまとめ、中間の評価を行う。

9 建築と技術1 現代建築の着想と構想の過程における設計手法について、要素技術に関する設計と討議を行う。

10 建築と技術2 現代建築の実体化の過程における設計手法について、要素技術の構成に関する設計と討議を行う。

11 建築と技術3 現代建築の技術化の過程における設計手法について、要素技術の複合に関する設計と討議を行う。

12 建築と芸術1 現代建築の着想と構想の過程における設計手法について、平面芸術に関する設計と討議を行う。
13 建築と芸術2 現代建築の実体化の過程における設計手法について、立体芸術に関する設計と討議を行う。

14 建築と芸術3 現代建築の技術化の過程における設計手法について、環境芸術に関する設計と討議を行う。

15 総合討議および講評 最終の成果発表と総合評価を行う。

1. Introduction: Explanation of the structure and flow of this class on the relation between the trend of the advanced modern architectural design and the practical work

2. Architecture and form 1: Design method and discussion on unit of form on design method in the process of conception and concept of contemporary architecture

3. Architecture and form 2: Design method and discussion on the form of the design method in the process of realization of modern architecture

4. Architecture and form 3: Design method and discussion on the composite form of the design method in the process of technology of modern architecture

5. Architecture and material 1: Design and discussion on units of materials on the design method in the process of conception and concept of contemporary architecture.

6. Architecture and material 2: Design and discuss the composition of materials on the design method in the process of realization of modern architecture.

7. Architecture and material 3: Design and discuss the combination of materials on the design method in the process of technologicalization of modern architecture.

8. Intermediate discussion, reviews and evaluation

9. Architecture and Technology 1: Design and discuss the element technologies on design methods in the process of conception and concept of contemporary architecture.

10. Architecture and technology 2: Design and discuss the composition of elemental technologies for the design method in the process of instantiation of modern architecture.

11. Architecture and technology 3: Design and discussion on composite technology of elemental technologies on the design method in the process of technologicalization of modern architecture.

12. Architecture and Art 1: Design and discussion on planar art about the design method in the process of conception and concept of contemporary architecture.

13. Architecture and art 2: Design and discussion on three-dimensional art about the design method in the process of realization of modern architecture.

14. Architecture and art 3: Design and discussion on environmental art about designing methods in the process of technologicalization of modern architecture.

15. Comprehensive discussion and presentation of final results and comprehensive evaluation
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
建築士 Architects

各講師は、設計者や技術者としての実務経験を活かして講義します。
Lectures are made using practical experience as Architects and engineers.
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし
Nothing special
994B59A
CLOSE