建築史特論aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築史特論a 科目番号
Course number
41PDHIA501
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Architectural History a
授業名称
Class name
建築史特論a
教員名 伊藤 裕久
Instructor Hirohisa Ito
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 First Semester
曜日時限 火曜2限
Class hours Tuesday 2nd. Period 
開講学科
Department
建築学専攻 Department of Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
原則
対面授業/On-site class
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
建築設計系の設計業務で増加している都市・建築の保存再関連の実務を行う上で、身につけておくべき専門知識や方法論、理論的裏付けなどを総合的に学習する。
都市・建築の保存再生計画あるいは文化財整備の設計のための基礎的な理論(景観法などの制度や町並修景計画、伝統建築技法、再生手法など)について学ぶ。また、特別講義を担当する実務設計者と連携ながら文化財保存修理の現場監理や近代建築の保存再生現場での実習を行う。 
This lecture is designed to provide students with the technical knowledge and methodology of urban and architectural conservation(Japanese system for preservation, townscape restoration, traditional techniques and methods and so on) generally, to work in the real project relating to the restoration of historical architecture in the future. Students will understand the important value of Japanese historical architecture and urban space deeply through this lecture. We’ll have the observation of historical architecture or preservation spot in some cases.
目的
Objectives
都市・建築の保存再生計画あるいは文化財整備の設計のための基礎的な理論(景観法などの制度や町並修景計画、伝統建築技法、再生手法など)について十分に理解すること。 
Understand the basic philosophical principles that shaped historic preservation. 
到達目標
Outcomes
都市・建築の保存再関連の実務を行う上で、身につけておくべき専門知識や方法論、理論的裏付けを習得すること。 
By the end of this course, you should be able to identify major themes and trends in the history of historic preservation. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
授業計画にあわせて、参考書及び配布するプリントを中心に準備学習・復習をすること。
 You accommodate preparation and review shaped to course schedule. 
成績評価方法
Performance grading
policy
大・小レポート(80%)および授業・学習態度(20%)で評価する。 
To be evaluated in taking account of the report level (80%) and positiveness of participation in discussion(20%).  
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業の進行にあわせて適宜指定する。
Nothing special  
授業計画
Class plan
01回 全体ガイダンス(建築・都市空間の分節把握)
02回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)1
03回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)2
04回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)3
05回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)4
06回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)5
07回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)6
08回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)7
09回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)8
10回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)9
11回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)10 
12回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)11
13回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)12
14回 都市・建築史研究と保存・再生計画(歴史・構法・計画・設計)13
15回 まとめ
 (各項目の回数と順序は、変更する場合がある。)
1  Brief Overview of the History of Urban amd Architectural preservation
2-14  Issues in Preservation of Historical city and Architecture
(Inciuding practical training of prservation and renovation planning)
(Observation of historical architecture or preservation spot)
15 Final Review
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
一級建築士として保存活用の基本設計を行う
I carried out some basic designs or plannings of the restoration and renovation projects as a first class architect
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
994B33A
CLOSE