建築デザイン特論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
建築デザイン特論 科目番号
Course number
41PDAPD502
科目名称(英語)
Course title(English)
Architectural aesthetic design theory
授業名称
Class name
建築デザイン特論
教員名 坂牛 卓
Instructor Taku Sakaushi
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 fist semester
曜日時限 月曜2限
Class hours Monday 2nd period
開講学科
Department
建築学専攻 Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
基本的に日本語、英語が必要な学生がいた場合は英語の補助を行う
Basically Japanese, but if their are some students who want to have English help. I would do.
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
近代建築において新たに使われ始めた言葉がどの分野に起源をもちどのような意味合いで使われ始めたかをしることで逆に近代建築の特質を学ぶ講義である。教科書としてエイドリアン・フォーティー『言葉と建築』鹿島出版会を使用する。
This is the class where studens could learn the essence of the architectural modernism. In order to learn it, students should learn the words which began to be used in the modernism era, especially the meanings and origins of those words. As the textbook we use Words and Buildings by Adrian Forty Kajima Institute publishing
目的
Objectives
この講義を通して西欧近代建築の特質を15のキーワードを通して深く理解し自らのデザインの立脚点を明快にできるようになることを目的とする。
The purpose of this class is to clarify your position of your architectural design by understanding the essence of the architectural modernism through the 15 significant words.
到達目標
Outcomes
上記目的を十分に理解、獲得した上で新たな自分のデザイン観を導出できるようになることを最終目標とする。
You should be able to reach your design policy thorough the study above.
履修上の注意
Course notes prerequisites
授業に出てディスカッションすることが重要
It must be necessary to take part in the discussion and write reports in every class.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
一章ずつ進めるので毎週教科書を読んでくると必須
Students must prepare to read textbook before class.
成績評価方法
Performance grading
policy
①授業の予習を確実にしてきているかを毎回最初にテストを行う。
10 minutes examination at the begging of the class
②授業でのディスカッションへの参加度をチェックする。
Participation of the discussion of the class
③授業後に毎回ウェッブ上で簡単なレポートを提出する。
1000words report fot the question from me after each class
④最後に授業で習った概念を元にそれを超えた設計を目指し、即日設計を行う。
final exam. is to design a house based on the idea of the concept you learnt in the class
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1オリエンテーション orientation
2性格 character
3デザイン design
4柔軟性 flexibility
5形 form
6機能 function
7歴史 history
8記憶 memory
9自然 nature
10秩序 order
11空間 space
12構造 structure
13透明性 transparency
14真実 truth
15即日設計 one hour design
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
授業内容は今年度から変更する可能性があります。変更する場合はオリエンテーションの時に説明します。ですのでオリエンテーション前に教科書を購入しないでください。
994B17Y
CLOSE