キャリアデザインのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
キャリアデザイン 科目番号
Course number
46CSSIP101
科目名称(英語)
Course title(English)
Career Design
授業名称
Class name
キャリアデザイン
教員名 立川 智章,寒水 孝司,赤倉 貴子,Sviridova Nina,加納 徹,松尾 裕一,山本 洋太,中村 和晃,鄭 弯弯,Ahmad A. Aminuddin
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 水曜4限
Class hours
開講学科
Department
情報工学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
大学に入学した時点から、学生各自が生涯の職業を含む人生をどのように生きていくか自分自身で主体的に考えるきっかけを提供し、人生のビジョンを明確にすることを目的とする。本講義を通して自己理解を深め、自身のキャリアデザインの重要性を理解することで、情報工学科における勉学に高いモチベーションを持てるようにする。
目的
Objectives
本学科のカリキュラムポリシーで定める「情報工学分野で活躍するためのキャリア教育や、国際性、コミュニケーション能力、課題発見・解決力、論理的・批判的思考力、倫理観を養う内容を含む科目」に該当する科目である。
グループディスカッション等を通じて、チームワーク・リーダーシップ、コミュニケーション能力を養うことも一つの目的である。
到達目標
Outcomes
・大学生としての心構え,学び方,大学生として必要なマナーを理解し,実践できる.
・学びと社会とのつながり,学びと将来の進路について,自分なりに考えて,大学生活の目標を設定できる.
・他者とのコミュニケーション・ディスカッションを通じて,チームの意見をまとめ,プレゼンテーションを行うことができる.
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
すべての講義の後に事後レポートを提出すること.グループディカッションについて,事前・事後課題が指示される場合がある.情報工学科教員の担当講義に対するレポート用紙は、当日の講義時に配布する.
成績評価方法
Performance grading
policy
講義担当者が課すレポート、プレゼンテーションから総合的に判断する.すべての講義に出席する,指定された期限までに十分な内容のレポートを提出することが単位取得の前提となる.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1.ガイダンス(オンライン)(寒水)   

---------- ベネッセポーポレーション ----------
2.(1) 大学生としての心構え
  大学生活の基礎用語,大学で出会う人々とのコミュニケーション,
  将来の可能性を広げる活動
  (2) 大学生としての学びの理解
  大学での学びとは?,社会で役立つ大学での学び,大学生らしい
  学びのスタイル
  (3) 自己紹介ワーク
  (4) 情報収集の仕方,情報収集のために必要な力
  (5) 今後の進め方
3.社会について知る(1)
  ・事前学習のシェア
  ・身近なもの/身近なことから,社会を考える
  ・先輩の就職先を知る
  ・業界と職種の研究方法
4.社会について知る(2)
  ・事前学習のシェア
  ・業界と職種について解説
5.学びと社会,自分のつながりを考え,大学1年次における「行動計画」を考える
  ・事前学習のシェア
  ・なりたい自分を考える
  ・今の自分を考える(性格、能力・行動、強み)
  ・行動計画の立案
6.友人とのシェアから行動計画をより高いレベルで仕上げる
  ・ペアで行動計画のシェア
  ・各ペアの代表者から全体へのシェア
  ・自分自身の行動計画表をブラッシュアップ
  ・まとめ
----------------------------------------------------------

7.学問・研究・キャリア教育1 (赤倉)
  金沢工業大学(虎ノ門社会人)大学院イノベーションマネジメント
  研究科 主任教授・弁理士・博士(工学)加藤浩一郎 氏
  題目:知的財産にかかわるキャリアと将来性(仮題)

8.学問・研究・キャリア教育2 (松尾)
  インテル株式会社 インダストリー事業本部 HPC事業開発部長
  矢澤克巳 氏
  題目:未定

9.学問・研究・キャリア教育3 (立川) 
  ヤフー株式会社 データアナリスト 丸山翔平 氏
  題目:未定

10.学問・研究・キャリア教育4(中村)    
  大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部
  博士(情報学)村上正行 教授
  題目:情報系分野における大学での学びとキャリアを考える

----------------------------------------------------------

11.グループワーク(1)
12.グループワーク(2)
13.グループワーク(3)
14.オンライン発表
15.総括
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
無断欠席の有無は合否をきめる判断材料のひとつである
994631A
CLOSE