情報セキュリティのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
情報セキュリティ 科目番号
Course number
43ICINP301
科目名称(英語)
Course title(English)
Information Security
授業名称
Class name
情報セキュリティ
教員名 岩村 惠市
Instructor Keiichi Iwamura
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022 First Semester
曜日時限 水曜2限
Class hours Wensday 2nd. Period
開講学科
Department
工学部 電気工学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format

概要
Descriptions
情報セキュリティ技術に関する入門編として、基礎的な暗号や電子透かしなどに関する知識を習得する。授業はその日の講義内容が電子データとして配布され、それを使って行われる。
As an introductory edition about information security technology, the knowledge about a fundamental cryptography, digital watermarking, etc. is mastered.The contents of a lecture of the day are distributed as electronic data, and a lesson is performed using it.
目的
Objectives
現在の情報通信分野において、必要不可欠な基盤技術の一つである情報セキュリティに関する知識を習得する。
In information and communication fields, the knowledge about the information security which is one of the indispensable base technology is mastered.
到達目標
Outcomes
情報セキュリティの基礎である暗号と電子透かしについて、その原理を理解し、それらの技術が種々の製品にどのように応用されているかを理解できる。
About the cryptography and digital watermarking which are the foundation of an information security, participants understand the principle, and understands how those technology is applied to various products..
履修上の注意
Course notes prerequisites
特になし
Nothing special
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
各回の講義内容を十分復習し、学んだ概念・用語や手法について説明できるようにしておくこと。
The contents of a lecture of each time are reviewed enough.
It enables it to explain the concept and term, and technique which were studied..
成績評価方法
Performance grading
policy
期末に行う試験を中心(84点)と、授業中に行う小テスト(16点)によって評価する。
84%: The examination done at the end of a term
16%: The exercise (16%) done in each lecture.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
岡本栄司著:暗号理論入門
今井秀樹:暗号のおはなし
授業計画
Class plan
1 情報セキュリティとは何か: セキュリティ技術全般について理解する。
1 Introduction about security technology
2 共通鍵暗号Ⅰ      : 暗号の歴史をなぞりながら、代表的な暗号について理解する。
2 Common key cryptography 1
3 共通鍵暗号Ⅱ : ストリーム暗号とブロック暗号、および代表的なブロック暗号で
あるDESについて理解する。
3 Common key cryptography 2

4 共通鍵暗号Ⅲ : DES、トリプルDES、AESなどの標準暗号について理解する。
4 Common key cryptography 3
5 乱数および暗号モード  : 暗号に利用される乱数および暗号利用モードについて理解する。
5 Random number and Block cipher modes of operation
6 秘密分散、ハッシュ関数 : 秘密分散やハッシュ関数等の暗号に用いられる種々の要素技術を
理解する。
6 Secret sharing scheme and Hash function
7 公開鍵暗号 : 公開鍵暗号の基礎とRSA暗号について理解する。
7 Public key cryptography
8 認証・デジタル署名 : メッセージ認証、相手認証、デジタル署名について理解する。
8 Authentication and digital signature
9 デジタル署名、鍵共有 : RSAによる具体例と、Diffie-Hellman鍵共有法、Kerberosなど代表
                的な鍵の共有法について理解する。
9 Kry sharing scheme
10 PKIと鍵管理       : PKI(Public Key Infrastructure)及び鍵管理について理解する。
10 PKI and Key management
11 暗号の応用Ⅰ : SSLや岩村研の研究を中心に通信への応用について理解する。
11 Application of Information security 1
12 暗号の応用Ⅱ      : デジタル放送、DVD、WMPや岩村研の研究を中心にコンテンツ保護
                への応用について理解する。
12 Application of Information security
13 電子透かし    : 電子透かしの概要や、その種類、用途について理解する。
13 Digital watermarking
14 電子透かしの応用    : 岩村研の研究や世界の研究動向、応用などについて理解する。
14 Application of Digital watermarking
15 まとめ 
15 Conclusion
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-企業における10年のセキュリティ技術開発
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
994337X
CLOSE