物理化学実験 2組のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
物理化学実験 科目番号
Course number
42CHEXP202
科目名称(英語)
Course title(English)
Experiments on Physical Chemistry
授業名称
Class name
物理化学実験 2組
教員名 河合 武司,近藤 行成,伊村 芳郎
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 火曜3限 火曜4限 火曜5限
Class hours
開講学科
Department
工学部 工業化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業
概要
Descriptions
物理化学の講義で学ぶ代表的な内容について、実験を通し理解を深めることを主題としている。基礎的な実験操作の習得に加えて、物理化学的量の測定におけるデータの取り扱い方を学んでいく。
目的
Objectives
1、2学年の物理化学の講義で学ぶ物理化学的量、特に熱力学的量の測定手法を習得するとともに、基礎原理および理論の理解を深めることを目的とする。本学科のディプロマ・ポリシーに定める「工業化学分野に必要な基礎学力と専門知識」を身に付けるための科目である。 
到達目標
Outcomes
物理化学的量の測定を行い、得られた測定値から物質の化学的性質や状態を推察できるようになることを目標とする。また、実験を通して物質の純度や測定値、測定値の精度などについても自らが説明できるようになることも目標とする。
履修上の注意
Course notes prerequisites
各実験の前に予習をしてから実験に臨むこと。
白衣、安全ゴーグルを用意し、実験に適した服装とすること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
各実験の前に原理および実験手順を予習し、それらをノートにまとめること。実験終了後は、実験で得られた結果についてただちにまとめ、原理および文献に基づいて考察を行ったレポートを作成すること。
成績評価方法
Performance grading
policy
出席状況と実験への取り組み(50%)、実験レポート(50%)により評価する。
注)「出席状況」に関する評価には、実験に際しての準備学習に関する評価も含む。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
第1回:実験ガイダンス~実験についての講義と諸注意
レポートの書き方、各実験テーマの目的と概要、安全に実験を行うための注意事項について学び、本学生実験を受講するにあたり、基本的な姿勢を学ぶことができる。

第2回~第15回:実験
「相平衡と溶液〜2成分系の部分モル体積」
「相平衡と溶液〜分配率」
「相平衡と溶液〜凝固点降下法による活動度係数の測定」
「無機および有機粒子〜ナノ粒子および高分子溶液の粘度測定」
「反応速度論〜酢酸エチルのケン化反応」
「コロイド界面化学〜活性炭によるシュウ酸の吸着」
「コロイド界面化学〜表面張力法による界面活性剤のCMC」
「電気化学〜ダニエル電池の起電力」
「電気化学〜サイクリックボルタンメトリー」
「溶液物理化学〜超音波による高分子溶液の圧縮率測定」
「分光学(紫外可視吸収スペクトル)〜色素分子のスペクトル解析および偏光解析」
「分光学(NMR)〜ケトーエノール互変異性とプロトン交換反応」
「分光学(IR)〜2原子分子の振動回転スペクトルの解析」

各実験に対して、
(準備学習)実験テキストを読み、実験手順を纏める[1時間]
(復習)実験結果をレポートに纏める。[4時間]
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9942258
CLOSE