卒業研究及び卒業制作1(前期)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
卒業研究及び卒業制作1 科目番号
Course number
41URRES401
科目名称(英語)
Course title(English)
Graduation Thesis and Design 1
授業名称
Class name
卒業研究及び卒業制作1(前期)
教員名 髙橋 治,伊藤 裕久,今本 啓一,倉渕 隆,栢木 まどか,長井 達夫,栗田 哲,伊藤 拓海,郷田 桃代,熊谷 亮平,坂牛 卓,山川 誠,高 佳音,森 健士郎,E RIDENGAOQIER,金 政一,斎藤 信吾,野中 俊宏,足立 壮太,陳 引力,寺島 康平
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 集中講義
Class hours
開講学科
Department
工学部 建築学科
Faculty of Engineering, Department of Architecture
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format

各教員により決定次第お伝えします。
We will inform you as soon as each faculty member decides
概要
Descriptions
3年までに学修した建築学の基礎的知識をもとに、各自が選んだ専任教員の専門領域について造詣を深め、4年間の集大成を作製する。なお、前半で卒業研究・後半で卒業制作に取り組むαコースと、一年を通じて卒業研究に取り組むβコースに分かれている。 
目的
Objectives
これらの成果物として梗概、本論を作成し、整理・作成の作業を通じて技術報告書や学術論文の作成能力を養う。 また,論文内容に基づいて発表を行うことで,プレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を養う。 
到達目標
Outcomes
この作業を通して、社会に通用する建築専門家としての基礎を身につける。  
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法
Performance grading
policy
卒業論文及び卒業制作作品の提出に向け、論文作成・作品制作のプロセスを評価する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1   伊藤裕久研究室
 建築歴史・意匠 都市史/建築史/保存/再生計画
 ・歴史的町並みの空間構成に関する研究
 ・東アジアの都市・都市型住宅に関する研究
 ・近代建築の保存・再生に関する研究

1   郷田研究室
 建築・都市計画、建築設計
 ・都市住居の空間構成に関する研究
 ・建築・都市の空間形態に関する研究
 ・まちづくりの空間デザインに関する研究 

1   坂牛研究室
 建築設計・意匠 建築美学、建築社会学
 ・装飾が建築におよぼす美的効果研究
 ・建築とメディアの関係性研究
 ・建築と町並みの形態的関係性研究

1   栢木研究室
 建築歴史・意匠
 ・近代東京の変遷に関する都市史的研究
 ・近代の建築・土木施設の不燃化に関する意匠と技術の研究
 ・歴史的環境の保全に関する研究

1   熊谷研究室
 建築計画/建築構法計画/構法の地域性      
 ・既存建築の改修手法・構法に関する事例調査研究
 ・近代建築の構法的地域性に関する研究(カタルーニャ・ヴォールト構法など)
 ・構法の変遷に関する研究

1   倉渕研究室
 建築設備・環境工学 建物内外の気流環境の予測と評価
 ・通風性能に優れた住宅設計法に関する研究
 ・暖冷房の消費エネルギーと快適性に関する研究
 ・集合住宅の換気設備に関する研究

1   長井研究室
 建築熱環境 空調設備
 ・住宅における断熱性能の現場測定法の開発
 ・空調システムのエネルギー評価
 ・地域の熱・電気供給システムの提案    

1   栗田研究室
 建築構造、耐震工学、免震・制振
 ・慣性力の特徴を生かしたダンパーを用いた建物の最適応答制御
 ・特性が可変するセミアクティブ免制振システムの最適制御理論      
 ・建物の振動特性の解明と構造ヘルスモニタリング

1   高橋研究室
 建築構造学、構造設計、防災技術
 ・世界初免震・制振の開発
 ・新素材による新構法の研究
 ・風力発電の最適化設計      

1   伊藤拓海研究室
 建築構造学、鋼構造学
 ・構造レジリエンス/壊れた建物の再生
 ・優れた耐震性と制振性を備えた鉄骨建物の開発
 ・鋼構造の特徴を生かした木質合成構造システムの開発

1   今本研究室
 建築材料・施工 建築材料工学
 ・建築材料のリサイクル
 ・実環境下における材料劣化のメカニズムと制御
 ・建築材料の視点から見た建物の保存と再生

1   山川研究室
 建築数理 建築構造 建築情報
 ・建築物の構造最適化
 ・空間構造の形態創生
 ・AI手法の応用 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
設計事務所や建設会社等での実務経験ありの教員、一級建築士を含む
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9941811
CLOSE