卒業研究(西川のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
卒業研究 科目番号
Course number
3bUGRES461
科目名称(英語)
Course title(English)
Graduation Thesis
授業名称
Class name
卒業研究(西川
教員名 西川 元也,草森 浩輔
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours
開講学科
Department
生命創薬科学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class

状況によっては以下の形態で実施することもある。
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
生物薬剤学および薬物動態学的観点から、生理活性物質の有効性を向上する新規システムの開発について、以下の観点から研究する。
・ナノ構造化核酸を基盤とする疾患治療システムの開発
・高機能細胞治療システムの開発
・エクソソーム動態制御法の開発
目的
Objectives
研究目標と仮説の設定、実験条件の検討、実験結果の解析と考察、発表資料の作成、研究発表を行う能力の修得を目的とする。
到達目標
Outcomes
実験計画の立案、実験結果の解析および考察ができるようになる。また、研究発表および質疑応答ができるようになる。研究成果を論文等にまとめることができる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
自主的、積極的な取り組みを求めます。小動物および細胞を用いた実験を行うに際し、研究室内での実験遂行上のルールを順守すること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
先行文献の精査等、各人が時間をかけて十分な準備学習・復習を行うこと。
成績評価方法
Performance grading
policy
研究活動(50%)、研究経過報告(15%)、学習状況(15%)、卒業研究発表内容(20%)により評価する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
なし
授業計画
Class plan
4月~6月:基礎的な生物薬剤学・薬物動態学研究に関する実験手技を修得する。また、各自の研究テーマに関連する文献を調査し、内容を理解する。

7月~9月:各自の研究テーマに沿って、実験を開始する。得られた結果を指導教員に報告し、結果の解説やその後の実験計画について討議する。

10月~12月:自ら実験プロトコルを作成・遂行する。予備検討結果を正しく理解し、その結果に基づいて本試験のプロトコルを作成できる。再試験が必要と判断した場合は、適切にプロトコルに変更を加えられ、試験を実施できる。

1月~3月:本試験の結果を適切にまとめることができる。結果を十分に考察し、今後の課題を抽出できる。理解しやすく、かつ説得力のあるプレゼンテーションを作成することができる。レポートとしてまとめることができる。
教職課程
Teacher-training course
なし
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし
993M040
CLOSE