分析化学1のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
分析化学1 科目番号
Course number
3aBPPAC101
科目名称(英語)
Course title(English)
Analytical Chemistry 1
授業名称
Class name
分析化学1
教員名 東 恭平
Instructor Kyohei HIGASHI
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022, 2nd. Semester
曜日時限 水曜2限
Class hours Wednesday, 2nd period
開講学科
Department
生命創薬科学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
全ての科学は,「何が(どのような状態で)」,「どこに」,「どれだけ」が分かってから「なぜ?」に進む.分析化学とは化学的組成,状態及びその存在量を究明する学問,そしてそのための新しい方法論を開発・提供する学問である.すなわち,分析化学は実験科学全般の基礎になる.
目的
Objectives
本講義では,まず,各種の化学平衡,化学的定量分析に関する基本的な知識と技能を修得する.また,容量分析と深く関係するpHメーターや電位差測定法などについても学習する.
到達目標
Outcomes
酸と塩基,沈殿平衡,キレート平衡,分配平衡,酸化と還元の基礎知識を身に着け,これらを基盤とする定量分析(重量分析及び容量分析)の原理,特徴及び医薬品分析への応用が説明できる.また,各種定量分析法に基づいた医薬品の純度,含量などが計算できる.
履修上の注意
Course notes prerequisites
用語などは正確に覚えることは当然ではあるが,分析法の原理や得失を良く理解し,応用例とリンクさせて学習すること.日本薬局方に基づいた医薬品の定性・定量分析は,3年次の「分析化学3」で学習する.また,日本薬局方収載のいくつかの医薬品の中和滴定,酸化還元滴定による定量については,基礎薬学実習,分析化学実習でも学ぶ. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
以下に示す各回の授業の前に,教科書の相当する箇所を十分に予習し講義に臨み,また配布するプリントや練習問題による復習を怠らなければ,本講義の目標を達成することができる.
学修簿に記載のある学修時間を満たすように,学生各人で各回の授業前に準備学習(予習)並びに授業後に復習を行うこと. 
成績評価方法
Performance grading
policy
次項の項目及び割合で総合評価し,次の通り判定する.
「S(達成度90%〜100%)」,「A(同80%〜90%未満)」,「B(同70%〜80%未満)」,「C(同60%〜70%未満)」を合格とし,「不可(同60%未満)」を不合格とする.
出席回数,課題レポートに対する解答などは,成績評価のための必要条件とする.
成績は, 学期末に行う講義全般に関する試験で100%評価する.
単位を修得するには,全講義回数の3分の2(10回)以上の出席が必須である.  
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
物理系薬学I 物質の物理的性質,日本薬学会編(東京化学同人)
物理系薬学II 化学物質の分析 第2版,日本薬学会編(東京化学同人)
物理系薬学III 生体分子・化学物質の構造決定,日本薬学会編(東京化学同人) 
授業計画
Class plan
第1回(講義) 分析化学とは(方法や対象化合物による分類や薬学領域における位置付けなど)
分析化学とはどのような学問か,現在の分析化学(分析科学)の目指すものは何か,を説明できる(*).
薬学領域における分析化学の役割について説明できる(*).

第2回(講義) 定量分析総論,容量分析総論
定量分析を物理化学的方法と化学的方法に分類し,概説できる(*).
分析に用いる器具を正しく使用できる(薬コアカリC2(1)①1).
測定値を適切に取り扱うことができる(薬コアカリC2(1)①2).
医薬品分析法のバリデーションについて説明できる(薬コアカリC2(1)①3).
日本薬局方収載の重量分析の原理及び操作法を説明できる(薬コアカリC2(3)②7).
日本薬局方収載の重量分析方を実施できる(薬コアカリAdvc2③1).

第3回〜6回(講義) 酸・塩基の電離平衡,中和滴定
 第3回 酸・塩基の定義,水の電離,弱酸・塩基の解離平衡
 第4回 水溶液のpH,緩衝液
 第5回 中和滴定(1):指示薬,滴定曲線
 第6回 中和滴定(2):標準液,検体の分析
酸・塩基平衡の概念について説明できる(薬コアカリC2(2)①1).
pH および酸解離定数ついて説明でいる(薬コアカリC2(2)①2).
溶液のpHを計測定できる(薬コアカリC2(2)①3).
緩衝作用や緩衝液について説明できる(薬コアカリC2(2)①4).
代表的な緩衝液の特徴とその調製法を説明できる(薬コアカリAdvC2①1).
化学物質のpHによる分子形,イオン形の変化を説明できる(*).
中和滴定の原理、操作法および応用例を説明できる(薬コアカリC2(3)②1).
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる(薬コアカリC2(3)②5).

第7回(講義) 非水滴定
中和滴定(非水滴定)の原理、操作法および応用例を説明できる(薬コアカリC2(3)②1).

第8回(講義) 分配平衡と溶媒抽出
分配平衡について説明できる(薬コアカリC2(2)②4).
分析目的に即した前処理と適切な取り扱いができる(薬コアカリC2(6)①1).
(薬コアカリSBOs)C2(1)2-5) C2(3)1-1)

第9回(講義) キレート滴定
錯体・キレート生成平衡について説明できる(薬コアカリC2(2)②1).
キレート滴定の原理,操作法および応用例を説明できる(薬コアカリC2(3)②2).
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる(薬コアカリC2(3)②5).

第10回(講義) 沈殿平衡と溶解度,沈殿滴定
沈澱平衡について説明できる(薬コアカリC2(2)②2).
沈澱平衡(溶解度と溶解度積)について説明できる(*).
沈澱滴定の原理,操作法および応用例を説明できる(薬コアカリC2(3)②3).
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる(薬コアカリC2(3)②5).

第11回〜13回(講義) 酸化と還元,酸化還元滴定
 第11回 酸化還元反応と平衡,電池
 第12回 酸化還元滴定(1):基礎,滴定曲線
 第13回 酸化還元滴定(2):各種滴定法と検体の分析
代表的な化学電池の種類とその構成について説明できる(*).
標準電極電位について説明できる(*).
酸化還元電位について説明できる(*).
酸化還元平衡について説明できる(薬コアカリC2(2)②3).
酸化還元滴定の原理,操作法および応用例を説明できる(薬コアカリC2(3)②4).
日本薬局方収載の代表的な医薬品の容量分析を実施できる(薬コアカリC2(3)②5).

第14回(講義) 電気分析
pHメーターの原理を説明できる(*).
電気滴定(電位差滴定、電気伝導度滴定など)の原理,操作法および応用例を説明できる(*).

第15回(講義) まとめ
第1回から14回までのまとめ.練習問題の解説. 
教職課程
Teacher-training course
なし。
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし。
993M018
CLOSE