薬科学研究技法演習MBのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
薬科学研究技法演習MB 科目番号
Course number
3bZZZZZ602
科目名称(英語)
Course title(English)
Exercise in Pharmacoscience MB
授業名称
Class name
薬科学研究技法演習MB
教員名 東 恭平
Instructor Kyohei Higashi
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester Second Semester, 2022
曜日時限 金曜1限
Class hours Friday, 1st period 
開講学科
Department
薬学研究科 薬科学専攻

Department of Pharmacoscience, Graduate School of Pharmaceutical Sciences
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
研究の進捗状況を報告し、全員で討論することにより、問題点を明らかにしてその解決方法を検討する。
このような活動を通じて、研究目的を達成するために最適な研究技法を探索するとともに、以後の研究方針を決定するための幅広い視野を養う。



Presentations and discussions concerning the progress of the current research project will be given by all of laboratory members to clarify unsolved problems and to explore effective solutions.
Through this seminar, the most suitable approach to achieve the research objective will be explored, and a broad perspective to decide on the direction for the next experimental trial will be acquired.
目的
Objectives
本演習を通じて、大学院修了後に社会において貢献しうる研究能力を養う。
また、研究室内における研究内容の相互理解と研究技術の共有化を促進するとともに、新たな研究技法を確立するための方法論を身に付ける。


Acquire the ability to be able to contribute in professional research after graduation.
Promote mutual understanding of the experimental results of each researcher and encourage the sharing of experimental techniques developed in the laboratory.
Acquire the methodology to develop a novel approach to research in pharmaceutical sciences.
到達目標
Outcomes
周囲との議論を通じて、研究目的を達成するために最適な研究技法を選択できる能力を身に付けることを目標とする。


The essential ability to choose the best approach to achieve the research objective through the discussion with other researchers will be acquired in this seminar.
履修上の注意
Course notes prerequisites
発表者は分かりやすい発表資料を事前に配付し、簡潔に要点を説明すること。
出席者は積極的に質問をし、討論に参加すること。
なお、本科目が修士課程開講科目であることを念頭に置いて、それにふさわしい活動を行うこと。


The presenter must prepare and distribute a clear and easy to understand handout and should explain the main point for discussion.
All in attendance should ask questions and actively participate in the discussion.
Each student should play an appropriate role in consideration that this seminar is an important part of the master program.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
△(it will be performed as needed.)
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
発表者は予め充分に準備を行うこと。
質問等で残された問題点については、次回までに対応を検討して報告すること。
発表日以外は、発表者から事前に配付される資料をよく読んでおくとともに、報告された内容を自らの研究と結び付けて考察するよう努めること。
学修簿に記載のある自習時間を満たすように、各回の前後に十分な学習を行うこと。


Sufficient preparation for the presentation must be made.
If some problems remain unsolved after the seminar, the presenter should make a report with appropriate considerations by the next seminar.
Other attendees should read the previously distributed handout carefully and consider the presentation in relation to their own research project.
Sufficient studies should be carried out before and after the seminar to satisfy the hours of self-study described in the handbook for learning.
成績評価方法
Performance grading
policy
発表内容(50%)および討論参加における姿勢(50%)を評価する。


Assessment is made based on the presentation performance (50%) and the level of participation in discussion (50%).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
随時指示する。

Introduced as needed.
授業計画
Class plan
第1~15回 研究報告及び研究技法の検討/研究の進捗状況を報告し、討論を行う。
最適な研究技法を検討する。

Some presentations are given by students on the latest experimental results concerning their research projects and are discussed with other members.

各回の授業は演習形式で行う。
The course is run in a seminar style.
教職課程
Teacher-training course
なし

Not specified.
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし

Not specified.
993G204
CLOSE