薬学特別実験1A(真野のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
薬学特別実験1A 科目番号
Course number
3bGRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Dissertation Thesis Work 1A
授業名称
Class name
薬学特別実験1A(真野
教員名 真野 泰成
Instructor Yasunari Mano
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 First Semester 
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive courses
開講学科
Department
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程
Master's Degree Program in Department of Pharmaceutical Sciences, Graduate School or Pharmaceutical Sciences 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
5.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
臨床薬学の分野で、薬剤学的技術や疫学的な方法を駆使しつつ、下記のテーマの1つに沿う研究を行い、研究目標と仮説の設定・条件検討と確立、結果の解析・論理的思考による考察・学会発表資料などの作成法を身につけることを目標とする。

The goal is to learn how to do presentation and analyze the result by using pharmacological techniques and epidemiological methods in the field of clinical pharmacy

A) 医薬品の体内動態や薬効・副作用を考慮した最適な投与設計法の開発
B) 医療ビッグデータを用いた医薬品適正使用に関する研究

A) Development of optimal administration design method in consideration of pharmacokinetics, efficacy and side effects of drugs
B) Research on drug proper use using medical big data
目的
Objectives
①研究マインドをもって生涯にわたり医療に貢献するために、薬学における研究の位置づけを理解し、②自らが実施する研究に係る法規・指針を理解し、それらを遵守して研究に取り組み(態度)、③研究のプロセスを通して、知識や技能を総合的に活用して問題を解決する能力を培う。

1 To understand the position of research in pharmacy to contribute to medical care.
2 To understand the laws and guidelines.
3 Develop the ability to solve problems through comprehensive use of knowledge and skills throughout the research process.
到達目標
Outcomes
薬学における研究の位置づけを理解し、自らが実施する研究に係る法令・指針を遵守して研究に取り組み、研究のプロセスを通して、知識や技能を総合的に活用して問題を解決する能力を養うことで、研究を遂行する意欲と問題発見・解決能力を身につける。 

The goal is to learn how to do presentation and analyze the result by using pharmacological techniques and epidemiological methods in the field of clinical pharmacy
履修上の注意
Course notes prerequisites
特になし
Nothing special
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
特になし
Nothing special 
成績評価方法
Performance grading
policy
研究室における研究活動とその姿勢(80%)、ゼミ(20%)等により総合的に評価する。
Activity and attitude (80%) and Seminars(20%) in laboratory
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし

Not Specified.
授業計画
Class plan
指定した日時に教員の前で得られた成果を発表し、質疑応答を行う。
Students often present the results and make questions and answers to teacher
教職課程
Teacher-training course
なし
Nothing
実務経験
Practical experience
病院薬剤師
hospital pharmacist
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし
Nothing
993CT63
CLOSE