がん医療特論Mのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
がん医療特論 科目番号
Course number
3bMPPRP601
科目名称(英語)
Course title(English)
Cancer Pharmacotherapy M(Applied)
授業名称
Class name
がん医療特論M
教員名 吉澤 一巳,髙澤 涼子,嶋田 修治,真野 泰成
Instructor Kazumi Yoshizawa, Ph.D., Ryoko Takasawa, Ph.D., Syuji Shimada, Ph.D., Yasunari Mano, Ph.D.
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022, First Semester
曜日時限 木曜4限
Class hours Thursday, 4th period
開講学科
Department
薬学研究科 薬科学専攻 修士課程 

Department of Pharmacoscience, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Master course 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format

講義内容に応じて以下の講義形式の中から選択する。

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
現在、日本における死亡原因第1位は、悪性新生物(がん)である。本科目では、がん医療に関する臨床試験、がん治療に携わる医師・薬剤師の取り組み、がん細胞研究、がん緩和医療研究、などの包括的な視点からがん医療の現状と今後の展望について講義する。

Currently, the number one cause of death in Japan is cancer. In this course, we will discuss the current status and future prospects of cancer medicine, such as clinical trials related to cancer pharmacotherapy, the efforts of doctors and/or pharmacists involved in cancer treatment, cancer cell research, and research in cancer palliative care.
目的
Objectives
がん医療の現状や研究の現状を知り、がんに関わる見識を広めることを目的とする。

The purpose is to learn about the current state of cancer medicine and research, and to spread insights related to cancer.
到達目標
Outcomes
◎がん治療に対する臨床試験に関する論文を批判的に吟味するできる。
◎がん医療に関する現状と今後の展望を理解する。
◎がん細胞研究やがん緩和医療研究の現状と今後との展望を理解する。
履修上の注意
Course notes prerequisites
基本的には、木曜日の4限に開講するが、担当教員によって授業日程は異なる場合がある。詳細は、授業日程を確認すること。

The class schedule may differ depending on the instructor in charge. For details, please check the class schedule.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
講義内容について十分理解できるよう、一般的な知識については復習しておくこと。また、講義内容についての質問や意見を求められた場合など、自分なりの考察ができるように準備しておくこと。 
成績評価方法
Performance grading
policy
講義に臨む姿勢と講義内容に関する質疑応答(80%)、発表・レポート(20%)等により、総合的に評価する。

Evalated with the folloing criteria: contribution to discussion (80%) and report (20%).  
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指示する。

Introduced as needed.
授業計画
Class plan
第1回、2回 (講義)  【担当:嶋田 修治】
・ 癌治療の現状(専門薬剤師制度、がん薬物療法、緩和薬物療法における薬剤師の役割)を学ぶ。
・ 科学的根拠に基づくガイドラインを活用できる。
・ 臨床研究論文を批判的に吟味できる。
・ がん医療における疫学研究を学ぶ。

・ Learn the current status of cancer treatment (specialized pharmacist system, cancer drug therapy, role of pharmacist in palliative drug therapy).
・ Evidence-based guidelines can be used.
・ You can critically examine clinical research papers.
・ Learn about epidemiological research on cancer medicine.
 
第3回、4回 (講義)  【担当:高澤 涼子】
 ・がん治療薬に関する基礎研究について学ぶ。

・ Learn about basic research on anti-cancer drugs.

第5回、6回 (講義)  【担当:真野 泰成】
・ 臨床研究論文を批判的に吟味できる。
・ がん医療における臨床研究を学ぶ。

・ You can critically examine clinical research papers.
・ Learn clinical research in cancer medicine.

第7回、8回 (講義)  【担当:吉澤 一巳】
 ・緩和医療に関する基礎研究について学ぶ。

・ Learn about basic research on cancer palliative care.
教職課程
Teacher-training course
なし

Not specified.
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
なし

Not specified.
993BK61
CLOSE