クリニカルリサーチ特論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
クリニカルリサーチ特論 科目番号
Course number
3aMPPRP701
科目名称(英語)
Course title(English)
Clinical Research
授業名称
Class name
クリニカルリサーチ特論
教員名 花輪 剛久,髙澤 涼子,嶋田 修治,根岸 健一,佐藤 嗣道,吉澤 一巳,真野 泰成,河野 洋平,鈴木 立紀
Instructor Takehisa HANAWA, Ryoko TAKASAWA, Shuji SHIMADA, Ken-ichi, NEGISHI, Tsugumichi SATO, Kazumi YOSHIZAWA, Tatsunori SUZUKI,Koji YAMAMOTO
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/1st Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
大学院薬学研究科、薬科学研究科、博士課程、博士後期課程
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Department of Pharmaceutical Sciences, Department of Pharmacosciences, Doctoral Course
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
該当しない

N/A
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
初期値として5つの授業形態を記載してありますので、適切なものを残し、他は削除してください。
Five class formats are given as default settings. Choose the appropriate ones and delete the others.

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
ブレンド型授業/Blended format
対面授業/On-site class
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
病院・薬局などの医療機関に勤務する薬剤師をはじめ製薬企業やCROなどの治験に携わる社会人博士課程学生等を対象として、主に臨床における薬物療法の有効性と安全性の向上や個別化を目指した臨床研究と、これを実施するために必要な知識の習得を目指す。

For pharmacists working in medical institutions such as hospitals and pharmacies, as well as for doctoral students in the pharmaceutical industry and adults involved in clinical trials at CROs, etc. Aim to acquire the clinical research aimed at and the knowledge necessary to carry out this.
目的
Objectives
病院・薬局などの医療機関に勤務する薬剤師をはじめ製薬企業やCROなどの治験に携わる社会人博士課程学生等を対象として、主に臨床における薬物療法の有効性と安全性の向上や個別化を目指した臨床研究と、これを実施するために必要な知識の習得を目指す。

For pharmacists working in medical institutions such as hospitals and pharmacies, as well as for doctoral students in the pharmaceutical industry and adults involved in clinical trials at CROs, etc. Aim to acquire the clinical research aimed at and the knowledge necessary to carry out this.
到達目標
Outcomes
臨床における薬物療法の有効性と安全性の向上や個別化を目指した研究と、これを実施するために必要な知識を習得する

Acquisition of research aimed at improving the effectiveness and safety and individualization of pharmacotherapy in clinical practice and the knowledge necessary to implement it
履修上の注意
Course notes prerequisites
薬学部教員および外部講師によるオムニバス形式で実施する

Omnibus lecturee by faculty member of Pharmaceutical Sciences and other visiting lecturers
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
特になし

N/A
小テストの実施
Quiz type test
講師の方針による

It depends on the lecture's policy
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
講師の方針による

It depends on the lecture's policy
グループワーク
Group work
講師の方針による

It depends on the lecture's policy
プレゼンテーション
Presentation
講師の方針による

It depends on the lecture's policy
反転授業
Flipped classroom
講師の方針による

It depends on the lecture's policy
その他(自由記述)
Other(Describe)
特になし

N/A
準備学習・復習
Preparation and review
あらかじめ資料が配布された場合は目を通して講義内容の予習と理解に努めること。

If the materials are distributed in advance, try to prepare and understand the contents of the lectures through the eyes.
成績評価方法
Performance grading
policy
(1)講義に応じて、レポートにより評価する(25〜50%)。
(2)講義に応じて、SGDにより評価する(25〜50%)。
(3)講義に応じて、態度により評価する(25〜50%)。
(4)各講義の評価を100点で評価し、全講義の平均点をもって成績評価とする(小数点以下切下げ)。
(5)出席すべき日数の3分の2以上の出席を持って評価対象とする。

(1)evaluated by internal report (25-50%) depending on the content of lecture and lecturer
(2)evaluated by small group discussion (SGD) (25-50%) depending on the contento of lecture or lecturer
(3)evaluated by the attitude of students to class (25-50%) depending on the content of lecture or lecturer
(4)evaluated by the mean of the score of every lectures and convert to 100% as final score
(5)students who attended more than two third classes will be evaluated 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし

N/A
授業計画
Class plan
1回目(山本):「わかりやすい臨床統計①-1、医学系研究における臨床統計学の役割」(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)
2回目((山本):「わかりやすい臨床統計①-2、観察研究におけるポイント」(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)
3回目(青山):「薬物相互作用の解明と回避方法の構築」
4回目(真野):「大規模医療情報データベースを用いた臨床研究」
5回目(吉澤):「緩和医療における臨床疑問」
6回目(鈴木):「診療情報を用いた臨床研究の進め方」
7回目(嶋田):「製品情報概要から見えてくる臨床試験の質の評価」
8回目(佐藤):「ファーマコビジランスと疫学研究デザイン」
9回目(高澤):「がん分子標的治療薬について」
10回目(根岸):「実務現場からシードを見つけて、臨床薬学研究へと昇華するには」
11回目(山本):「わかりやすい臨床統計②-1、臨床試験デザインのポイント1」、(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)
12回目(山本):「わかりやすい臨床統計②-2、臨床試験デザインのポイント2~ピットフォール~」、(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)
13回目(花輪):「バイオアベイラビリティー向上のためのストラテジー」
14回目(山本):「わかりやすい臨床統計②-1、臨床試験デザインのポイント1」、(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)
15回目(山本):「わかりやすい臨床統計③-2、統計手法の正しい選択~2群比較~」、(医療薬学教育研究支援センターの講座が相乗り)

1st (Yamamoto): "Easy-to-understand clinical statistics II-1", (The role of clinical statistics in medical research)
2nd ((Yamamoto): “Easy-to-understand clinical statistics II-2”, (Points in observational research)
3rd (Aoyama): "Elucidation of drug interaction and construction of avoidance method"
4th (Mano): "Clinical research using a large-scale medical information database"
Fifth (Yoshizawa): “Clinical questions in palliative medicine”
6th (Suzuki): "How to proceed with clinical research using medical information"
7th (Shimada): "Evaluation of quality of clinical trials revealed from product information summary"
8th (Sato): "Pharmacovigilance and epidemiological study design"
9th (Takasawa): "Oncology Targeted Drugs"
10th (Negishi): "How to find seeds from business sites and sublimate into clinical pharmacy research"
Eleventh (Yamamoto): "Easy-to-understand clinical statistics II-1", (Point 1 of clinical trial design), (Courses from the Center for Medical Pharmacy Education and Research Support)
12th (Yamamoto): "Easy-to-understand clinical statistics II-2", ("Clinical trial design point 2-pitfalls-"), (Course of Medical Pharmacy Education and Research Support Center)
13th (Hanawa): "Strategy for Improving Bioavailability"
14th (Yamamoto): “Easy-to-understand clinical statistics II-1”, (Point 1 of clinical trial design), (Courses from the Medical Pharmacy Education and Research Support Center)
15th (Yamamoto): "Easy-to-understand clinical statistics ③-2" (correct selection of statistical methods-comparison of 2 groups-), (joint courses at the Center for Medical Pharmacy Education and Research Support)

教職課程
Teacher-training course
該当せず

N/A
実務経験
Practical experience
該当せず

N/A
教育用ソフトウェア
Educational software
該当せず

N/A
備考
Remarks
山本紘司先生による1,2,11,12,14,15回目は医療薬学教育研究支援センターの講座と相乗り講義

The 1,2,11,12,14,15th lectures by Prof. Koji Yamamoto are lectures and carpooling lectures at the Medical Pharmacy Education and Research Support Center
993AK31
CLOSE