卒業研究B(長嶋)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
卒業研究B 科目番号
Course number
22UGRES402
科目名称(英語)
Course title(English)
Undergraduate Research B
授業名称
Class name
卒業研究B(長嶋)
教員名 長嶋 泰之,永田 祐吾
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours
開講学科
Department
理学部第二部物理学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
8.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
これまでに習ってきた知識を使って、これまでに誰も答えを出していない物理学の問題と向き合い、工夫して答えを出すために実験を行う。
目的
Objectives
3年次までに学んだ知識を総合して、物理学に関する課題について研究を行う。物理教室内で希望する研究室に所属し、そこで現在行われている研究に関連したテーマで卒業研究を行う。実戦的な研究を行うことにより、これまでに学んだ基礎知識をさらに発展させ、卒業後の各分野で十分な活躍ができるだけの力を養う。
到達目標
Outcomes
現実の社会で起きる、解の無さそうな諸問題に対して解を見つけ出すことができるようになる。学科のディプロマポリシー「根本的な問題に対峙した時に創造的な発想を得て、物理学の専門領域を超えて問題を探求する事ができるよう、自律的に知的能力を発展させることができる理論的に思考する能力を習得する」に該当する科目である。
履修上の注意
Course notes prerequisites
 3年までに学ぶ個々の学習科目と、現実に我々の前に提示される問題とは必ずしも直接には結びつかない。研究を進めていく上で、それらの総合的な活用と、さらに様々な分野の勉強が必要になる。実際の研究に参加することによって、勉強と仕事(研究)との違いが理解できる。一見簡単に見える研究成果にも、どれだけの勉強、労力、議論が必要になるかを実感する。物理教室は卒研を最も重要な科目と位置づけており、また学生の側から見てもこの一年の過ごし方が想像以上にその後の進路に影響していることをよく考えて、2月上旬のガイダンスにおける卒研担当教員による研究内容の紹介、卒研ガイド、その後の研究室訪問時の印象等を参考に、慎重に志望研究室を選んでもらいたい。選択科目ではあるが、特別な理由のない限り履修することが望ましい。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
 実験の前に、専門書を読んだり教員、大学院生と十分な議論を行う。装置を使用する前には取扱説明書などを読んでで装置を十分に熟知しておく。取扱説明書のない装置については、教員や大学院生から十分に情報を得ておく。
 実験が終了したら即座に解析を行い、その結果について教員や大学院生と十分に議論を行う。
成績評価方法
Performance grading
policy
1年間研究に取り組んだ姿勢、その成果、卒業研究論文の内容、卒業研究発表、等で評価される。評価結果は随時フィードバックされる。 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
研究毎に必要に応じて指定される。
授業計画
Class plan
[研究テーマ]
①ポジトロニウム負イオンの研究
②陽電子-気体分子散乱の研究
③反水素生成実験
④ミュオニウム生成実験
その他

[指導計画]

4-6月 陽電子の物理学の基本事項を習得しながら、研究室に慣れる。
7-8月 卒業研究のテーマを決める。
9-12月 卒業研究を進める。
1-2月 卒業論文をまとめる。
2月 発表会の場で、自分が行った研究の成果を発表する。
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし。
9922H39
CLOSE