教育工学(ICTの活用含む)旧課程学生先行のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
教育工学(ICTの活用含む) 科目番号
Course number
科目名称(英語)
Course title(English)
授業名称
Class name
教育工学(ICTの活用含む)旧課程学生先行
教員名 渡辺 雄貴
Instructor Yuki Watanabe
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester
曜日時限 金曜4限
Class hours
開講学科
Department
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面(Face to Face)/オンライン授業(非同期)/ブレンド型授業
概要
Descriptions
個別最適な学びや協働的な学び、主体的・対話的で深い学びを実践するICTを活用した授業設計や授業運営、学習指導をどのように行うかを、教育方法、教育技術、教育工学の観点から解説を行い、習得を目指す.
目的
Objectives
教育工学(ICTの活用含む)では,これからの社会を担う子供たちに求められる資質・能力を育成するために必要な教育方法や教育技術に加え,および情報通信技術(ICT)を効果的に活用した学習指導や推進のあり方,生徒に情報活用能力を育成するための指導法に関する基礎的な知識・技能を身につける.
到達目標
Outcomes
(1) 教育方法の基礎的理論を理解し、実践できる
(2) これからの社会を担う子供たちに求められる資質・能力を育成するための教育方法の在り方(主体的・対話的で深い学びの実現等)を説明できる
(3) 学級、生徒、教員、教室、教材など授業を構成する基礎的な学習環境を説明できる
(4) 学習目標に合わせた適切な学習評価方法を選択できる
(5) 話法、板書等、授業を行う上での基礎的な技術を身に付けている
(6) 基礎的な学習指導理論を踏まえて、目標・内容、教材・教具、授業展開、学習形態、評価規準等の視点を含めた学習指導案を作成することができる
(7) 個別最適な学びと協働的な学びの実現や、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善の必要性など、ICTの活用の意義と在り方を理解し、説明できる
(8) 特別の支援を必要とする児童及び生徒に対する情報通信技術の活用の意義と活用に当たっての留意点を理解し、説明できる
(9) ICT支援員などの外部人材や大学等の外部機関との連携の在り方、学校におけるICT環境の整備の在り方を理解し、説明できる
(10) 育成を目指す資質・能力や学習場面に応じた情報通信技術を効果的に活用した指導事例(デジタル教材の作成・利用を含む。)を理解し、基礎的な指導法を身に付けている
(11) 学習履歴(スタディ・ログ)など教育データを活用して指導や学習評価に活用することや教育情報セキュリティの重要性について理解している
(12) 遠隔・オンライン教育の意義や関連するシステムの使用法を理解し、実践できる
(13) 統合型校務支援システムを含む情報通信技術を効果的に活用した校務の推進について理解し、説明できる
(14) 情報活用能力(情報モラルを含む。)について、各教科等の特性に応じた指導事例を理解して基礎的な指導法を身に付けているとともに、情報活用能力の教科横断的な育成についても理解している
履修上の注意
Course notes prerequisites
本授業は2022年度以降に入学した学部生・大学院生向けの授業科目です.2021年度以前に入学して本授業の履修を希望する場合は「教育方法・技術」と「教育工学」の2科目を受講してください.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
各回のテーマについて参考書やウェブ等で調査をするなどして事前に準備をしておくこと.また,授業で指定した動画や資料を復習しながら課題に取り組むこと.
成績評価方法
Performance grading
policy
授業参加度(10%),課題提出物(40%),中間テスト・到達度評価(50%)で成績評価を行います.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement

・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
ロバートガニェほか(著)鈴木克明(訳)(2007) インストラクショナルデザインの原理,北大路書房
堀田龍也,佐藤和紀(2019)教職課程コアカリキュラム対応 情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術,三省堂
稲垣忠,鈴木克明 (編著) (2015) 授業設計マニュアルVer.2: 教師のためのインストラクショナルデザイン,北大路書房
稲垣忠(編著)(2019)教育の方法と技術: 主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン,北大路書房
大島純・千代西尾祐司(編著)(2019) 学習科学ガイドブック、北大路書房
田中耕治,鶴田清司,橋本美保,藤村宣之(2012)新しい時代の教育方法,有斐閣アルマ
柴田義松,山崎準二(編著)(2019)教育の方法と技術 第3版,学文社
授業計画
Class plan
第1回 主体的・対話的で深い学びのあり方
新学習指導要領における「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」のあり方と、その実現に必要な新たな教師の役割について説明します.

第2回 授業設計のための基礎的理論
授業設計の基本的な要素と流れ,考え方について,インストラクショナルデザインの理論に沿って説明します.

第3回 授業設計おける前提条件と学習環境
学習者の個人差を考慮した授業設計,教室やメディアを含めた学習環境の要素について説明します.

第4回 学習目標と学習評価の整合性
授業設計における学習目標や学習評価の設計,その整合性の考え方について説明します.

第5回 学習意欲を考慮した授業設計と学習指導
多様な生徒に応じた授業設計や学習指導に関わる方法・技術について説明します.

第6回 教育技術の選択とアクティブラーニングの実現
アクティブ・ラーニング型授業における協働的な学習活動と支援に関わる方法・技術について説明します.

第7回 指導案作成と授業改善
指導案の作成と授業の実施,授業改善の考え方について説明します.

第8回 中間テスト
前半の到達度を評価する中間テストを実施します.

第9回 ICT活用の意義とあり方
教師の授業改善や生徒の情報活用能力育成に向けたICT活用の意義とあり方について説明します.

第10回 ICTを活用した情報提示,発問,焦点化
ICTを活用した情報提示,発問,焦点化の方法やツールの事例について説明します.

第11回 ICTを活用したアクティブラーニング型授業の設計
生徒の考えや意見を共有し,議論を促す学習活動の方法や事例について説明します.

第12回 遠隔・オンライン学習を活用した授業設計と学習指導
オンライン会議システム,学習管理システムを活用した授業設計や,対面とオンラインを組み合わせた授業設計について説明します.

第13回 個別最適な学びの実現に向けた教育データの活用
GIGAスクール構想や教育データの利活用について説明します.また,特別の支援を必要とする児童・生徒に対する情報通信技術の活用や留意点についても扱います.

第14回 情報活用能力の育成
情報活用能力の整理や授業を通した育成について説明します.

第15回 ICTを活用した効率的な校務の推進
統合型校務支援システムやICT支援員など,ICTを活用した校務の事例や効率化について説明します.

第16回 到達度評価と解説
本科目内容の到達度(達成度,習得度)を評価し,内容解説を行います.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
教育用ソフトウェア
Educational software
備考
Remarks
9920N39
CLOSE