化学特別講義2のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
化学特別講義2 科目番号
Course number
13CHHYC502
科目名称(英語)
Course title(English)
Selected Topics in Chemistry 2
授業名称
Class name
化学特別講義2
教員名 斎藤 慎一,根岸 雄一,松田 学則
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester First to Second Semesters
曜日時限 前期(水曜4限)、後期(水曜4限)
Class hours First Semester (Wednesday, 4th Period), Second Semester (Wednesday, 4th Period).
開講学科
Department
理学研究科 化学専攻
Department of Chemistry
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
学外の専⾨家、外国⼈講師による集中講義によって現代化学の最先端の研究およびトピック
スが講義される。主として基礎科学について講義される。
Up-to-date researches and topics in chemistry shall be lectured by specialists from other instit
utes and foreign countries with intensive course manner.
Main Topics are basic sciences.
目的
Objectives
化学分野における様々な基礎研究やそのトピックスの基盤となる知識や考え⽅を理解するこ
とにより、専⾨領域における発想⼒を学ぶ。
Learning of the inventiveness in the specialized area in chemistry through studying the essenti
al knowledge and idea of the up-to date topics on basic researches.
到達目標
Outcomes
化学分野における基礎研究やそのトピックスの基盤となる知識や考え⽅の事例を学ぶことに
より、専⾨領域における発想⼒を養うことができる。
Improving the inventiveness of the specialized area in chemistry through leaning the examples
of the essential knowledge and idea of the up-to date topics on basic researches.
履修上の注意
Course notes prerequisites
集中講義で⾏うため時間割に記載されている講義時間帯とは異なることがある。
講義⽇程については随時、開催通知を確認すること。
Due to the type of this lecture (intensive course), the date of the lecture sometimes changes.
Please check the continuously updated announcements of the schedule of the corresponding l
ectures. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
講義で取り扱われたトピックについて、⾃分の研究テーマと関連付けて⽂献を読む(3.0時間
程度)。
Read related papers on the topics of each lecture and your research theme (about 3.0 hours f
or each lecture).
成績評価方法
Performance grading
policy
授業に対する積極性や課題の取り組みにより評価する。
To be evaluated by the positiveness and subject in each lecture.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて講師が指定する。
Specified by the lecturer, as needed.
授業計画
Class plan
化学の様々な研究領域において第⼀線で活躍する研究者を講師に招き、オムニバス形式で講
義を⾏う。
講師、⽇程、テーマ等、決まり次第その都度掲⽰する。
Omnibus style lecture conducted by front-runner researches in various fields in chemistry.
The name of the lecturer, date, the topic of the lecture shall be announced each time.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991KC02
CLOSE