化学特別研究2(田所)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
化学特別研究2 科目番号
Course number
13GRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Research in Chemistry 2
授業名称
Class name
化学特別研究2(田所)
教員名 田所 誠
Instructor Prof. Makoto Tadokoro
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First/Second Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive course
開講学科
Department
理学研究科化学専攻
Chemistry Division
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
田所研究室では以下の項目について主に研究を行う。田所研では、超分子・錯体化学・分子性導体・構造制
御・分子マシンなど極めて広い範囲で、個人別にテーマを設定し、研究を行ってもらう。
1.分子性結晶のナノ空孔に閉じ込められた水クラスターの科学
2.プロトン共役型電子移動(固体PCET)をもつ分子性材料の創成
3.新規n型半導体TANCを用いた有機と無機伝導体の開発
4.光ーメカニカルエネルギー変換機能をもつ分子マシンの開発

In Tadokoro Laboratory, the main studies are as follows. Tadokoro Lab. performs for the researc
h field at widespread such as Supramolecular Chemistry, Coodination Chemistry, Molecular Cond
uctor, Crystal Structure Control, Molecular Machine. Lab. members experiment at every each the
me.
1.Water cluster science confined to molecule-based nano-porous crystal
2.Creation of novel molecular materials originated in solid-state proton-assisted electron transfe
r
3.Developement on organic/inorganic conductor based on new TANC semiconductor of n type
4. Creation on molecular machine with transformation function between photon and mechanical i
nteraction�
目的
Objectives
主に生物の機能をまねた分子材料開発を行っている。水素結合や配位結合のような非共有結合相互作用
を用いた分子性機能材料の開発を行う。
各種プロジェクトごとに合成する分子材料のテーマを設定し、結晶として単離する。また、得られた結晶
の構造解析を行い、種々の物性測定を行う。


Our Lab. is aimed to development on novel molecular materials with a biological functionality, wh
ich are constructed by non-covalent interaction such as hydrogen bonding and coordination bon
ding interactions.
The aimed functional molecules with individual themes are prepared every synthetic projects.
Then, the single crystal for the aimed molecular systems was isolated and performed X-ray cryst
al analysis and every physical measurements.�
到達目標
Outcomes
得られたデータを解析し、研究がまとまり次第、各種学会で発表を行う。
The obtained data are analyzed, when the aimed research is definitely achieved. Then your resea
rch should be presented in conference or symposium.
履修上の注意
Course notes prerequisites
大学院では、研究の遂行が第1の目標であるが、学部性の指導や各種測定機器の取り扱いや理解を学ぶこ
とも重要である。自分の研究以外に、各種質問事項や同僚や下級生に対しての研究指導も行えるようにす
ること

First goal is a research progressing in a graduated school, however, other important works are al
so coaching for undergraduates and colleagues, and the answers for questions, except for your study. Further, the treatment and understanding of each equipment should be learned.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
発表者は、自分の研究の関連分野の論文として、選んで読み、その研究内容の紹介を目的としてレポート
をまとめる。さらにその周辺分野の論文にも目を通し、議論や質問に対応できる知識を修得しておくこと

発表者以外は、配布されたレポートを読んでおき、質問を考えておくこと。
講義後には、各自不明点や興味をもった研究・論文を読み、より知識を深めること。



Reading, summarizing, and preparing the presentation contents of the papers and books assigne
d.
成績評価方法
Performance grading
policy
(1)実験・レポート・平常点(50%)・(2)プレゼンテーション(20%)・(3)議論(30%)から総合的に成績を評
価する。遅刻や掃除のさぼり、ゼミへの不参加は、重要事項なので大幅な減点の対象になる。

To be assessed taking into account the manuscript experiment (50%), presentation performanc
e (30%) and discussions (30%).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指定する。
Text book will give you�as needed.�


授業計画
Class plan
毎週決められた日にモーニングディスカッションを行う。このゼミでは研究の進行状況や研究計画の確
認を行う。そのため、このゼミには必ず参加すること。もし、体調悪い場合や急用ができた場合など、別の
日に発表してもらっても構わない。
前期・後期に各1回ずつ、英語の論文を熟読し、発表をしてもらう。発表には論文の内容の他、関連する基
礎事項の説明や質問に対する応答なども含まれる。どのように相手に化学的な内容を分からせるかを学
んでもらう。
夏合宿のときには、前期の総まとめを含めて、プロジェクトの枠を越えて理解できるように、簡単に発表
してもらう。自分のやっている研究についての意義について学んでもらう。

We regularly have a morning discussion every once a week. This time, students present to reco
gnize a research proceed in a week and research plan in a next week. Therefore, Please students
should definitely participate in the morning discussion. If you feel sick and have an urgent job, y
ou might present the other day.
Every one times at first and second semester, you can carefully read a scientific English paper a
nd can present your lecture. Your presentation is contained contents of paper, the explanation o
n the relationship of fundamental knowledge, and your answers for the question. You can study
how everyone can understand the chemical contents.
In your summer seminar, you can easily present all result of your research over your own project
. Your research aim is recognized.
教職課程
Teacher-training course
本科目は、教育職員免許状取得(教科:理科)に必要な教科に関する科目の「化学」区分に該当します。ただ
し、教科に関する科目区分については、入学年度により異なるため、各自、入学年度または適用となる年
度の学修簿により確認をしてください。
This class is categorized in “Chemistry” among the required subjects for obtaining a teacher's lic
ense (subject: Science). However, the categorization of the class may change in the year of your
entrance. Please check the categorization of the class in the school register for your year.��
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
Material Studio, Chem Office
備考
Remarks
991K209
CLOSE