化学特別研究1(椎名)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
化学特別研究1 科目番号
Course number
13GRRES501
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Research in Chemistry 1
授業名称
Class name
化学特別研究1(椎名)
教員名 椎名 勇
Instructor Isamu Shiina
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours
開講学科
Department
理学研究科 化学専攻 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
大学院修士課程1年次で実施する科目であり、指導教員の下で分子集積化学、分子科学、有機反応化学、材料化学、エネルギー化学、環境関連化学、工業化学等に関する各自の専門テーマについて、専門知識を習得し、研究推進能力を養うことを目的とする。
This course is held in the first year of the master's program at the graduate school, and specializes in each specialized theme related to molecular integrated chemistry, molecular science, organic reaction chemistry, material chemistry, energy chemistry, environment-related chemistry, industrial chemistry, etc. under the supervision of an instructor. The purpose is to acquire knowledge and develop research promotion ability.
目的
Objectives
椎名教授の指導の下で、与えられた研究テーマについて1年間研究する。
Under the guidance of Professor Shiina, I will study a given research theme for one year.
到達目標
Outcomes
年度初頭に示される研究計画に則り研究テーマを遂行し、実験データを取得する。
Perform research themes according to the research plan shown at the beginning of the year and acquire experimental data.
履修上の注意
Course notes prerequisites
履修申告は必ず「前期の履修申告期間」に行うこと。
Be sure to file your course registration during the "Course Declaration Period of the First Semester".
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
安全に実験を行うために準備をしっかり行うこと。
Be well prepared to conduct experiments safely.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究に対する取組みや成果により評価する。
Evaluate based on research efforts and results.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指定する。
授業計画
Class plan
近年の有機合成化学の進歩は目覚ましく、主要な結合形成反応の立体選択性を制御する方法が確立されたことから、数多くの有用化合物が効率的に生産できるようになった。しかしながら、現代の最新技術を駆使してさえなお合成困難な有機化合物も多数残されており、これら複雑な構造を持つ物質を大量に供給するためにはより効率的な手段の開発を行うことが必要不可欠である。本実験では、これまで合成困難とされてきた中員環構造を分子内に含む天然物、あるいは抗腫瘍活性などの生物活性を有する化合物の立体選択的な合成研究を行う。
前期前半
 有機化合物分取法ならびに構造決定法の技術を身に付ける。
前期後半
 基本的な炭素−炭素結合形成反応実施の技術を身に付ける。
後期前半
 分子間および分子内脱水縮合反応実施の技術を身に付ける。
後期前半
 中員環ならびに大員環状分子構築実施の技術を身に付ける。
Recent advances in synthetic organic chemistry have been remarkable, and the establishment of methods for controlling the stereoselectivity of major bond-forming reactions has made it possible to efficiently produce many useful compounds. However, there are still many organic compounds that are difficult to synthesize even by making full use of the latest modern technology, and it is necessary to develop more efficient means to supply a large amount of substances with these complicated structures. It is indispensable. In this experiment, we will conduct a stereoselective synthetic study of a natural substance containing a middle-membered ring structure in the molecule, which has been difficult to synthesize, or a compound having biological activity such as antitumor activity.
First half of the first half
Acquire the technology of organic compound separation method and structure determination method.
The second half of the first half
Acquire basic carbon-carbon bond formation reaction implementation techniques.
First half of the second half
Acquire techniques for carrying out intermolecular and intramolecular dehydration condensation reactions.
First half of the second half
Acquire the technology to construct a middle-membered ring and a large-membered ring molecule.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
ChemDraw
備考
Remarks
991K108
CLOSE