化学特別研究1(秋津)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
化学特別研究1 科目番号
Course number
13GRRES501
科目名称(英語)
Course title(English)
Special Research in Chemistry 1
授業名称
Class name
化学特別研究1(秋津)
教員名 秋津 貴城
Instructor Takashiro Akitsu 
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022/ 1 & 2 terms
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours 1 ( intensive course), 2( intensive course)  
開講学科
Department
理学研究科 化学専攻
Deapartment of Chemistry, Graduate School of Science 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
1年次の初めに2年間にわたる研究テーマの大まかな研究計画を立てる。次いで、その分野で、これまで何がどこまで解明されており、何が未解決の問題であるかを文献調査あるいは研究指導者とのディスカッションを通じて全体像を把握する。この課程で、実験研究に取り組みながら、問題解決に必要な技術、方法論を学び、専門分野における未開拓の分野を切り開くための研究を行う。

At the beginning of the first year, a rough research plan of the research theme over two years is made. Next, in that field, we grasp the whole picture through the literature survey or the discussion with the research leader on what has been clarified so far and what is unresolved problem. In this course, while working on experimental research, studied techniques and methodology necessary for problem solving, and research to open up undeveloped fields in specialized fields.
 
目的
Objectives
大学院修士課程1年次で実施する科目であり、指導教員の下で無機分析化学をはじめ、分子集積化学、分子科学、有機反応化学、材料化学、エネルギー化学、環境関連化学、工業化学等に関する各自の専門テーマについて、論理的思考能力や問題解決能力を磨き、研究目標の達成を目指すとともにその成果を修士論文としてまとめることを目的とする。研究科専攻のポリシーを実現するための科目である。   

It is a subject to be carried out in the first year of graduate school master's course, and under the academic supervisor, each person concerning inorganic analysis chemistry, molecular chemistry chemistry, molecular science, organic reaction chemistry, material chemistry, energy chemistry, environment related chemistry, industrial chemistry etc. The aim of this course is to refine the logical thinking ability and problem solving skills of the special theme of the project, aim to achieve the research objectives and summarize the results as master's thesis. It is a subject to realize the policy of the Graduate School of Science.
到達目標
Outcomes
学会発表や論文投稿ができる研究成果を得ることを到達目標とする。 

We aim to achieve research results that can be presented at academic conferences or posts
履修上の注意
Course notes prerequisites
研究室の諸ルールを守ること。 

Observe laboratory rules. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究上必要な予備知識は、各自習得すること。 

Preliminary knowledge necessary for research should be acquired by each person. 
成績評価方法
Performance grading
policy
出席点は加味しない。平常点(進捗、成果、態度など)100%

・進捗、セミナー発表 50+10点
 ・論文出版 10点
 ・学会発表 10点
 ・係の仕事や貢献 10点
 ・その他のアピール 10点

We do not add attendance points. Normal point (progress, achievement, attitude etc) 100%

· Progress, seminar announcement 50 + 10 points
· Article publication 10 points
· Conference presentation 10 points
· Job job and contribution 10 points
· Other appeal 10 points 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指定する。

Designate as necessary. 
授業計画
Class plan
1年次の初めに2年間にわたる研究テーマの大まかな研究計画を立てる。次いで、その分野で、これまで何がどこまで解明されており、何が未解決の問題であるかを文献調査あるいは研究指導者とのディスカッションを通じて全体像を把握する。この課程で、実験研究に取り組みながら、問題解決に必要な技術、方法論を学び、専門分野における未開拓の分野を切り開くための研究を行う。 
 
遷移金属錯体の合成・X線結晶構造解析・各種物性測定・理論計算などを行い、配位構造と電子状態の相関を理解する。さらにこの基礎原理を、ナノ機能材料(有機-無機複合材料)やバイオ(生物無機化学)の系へ応用して、金属錯体の機能を引き出す研究を行う。このような研究に着手するにあたり、

(1)前期前半:文献調査
(2)前期後半:ディスカッションを通して研究計画を立て、
(3)後期前半:研究に必要な幅広い基礎的知識
(4)後期後半:各種の実験技術を学ぶ。

上記項目について知識や技能を習得し活用することができる。
学士力、社会人基礎力等(研究職・技術職・教職等のキャリア)に必要な知識や技術を習得する。

At the beginning of the first year, a rough research plan of the research theme over two years is made. Next, in that field, we grasp the whole picture through the literature survey or the discussion with the research leader on what has been clarified so far and what is unresolved problem. In this course, while working on experimental research, studied techniques and methodology necessary for problem solving, and research to open up undeveloped fields in specialized fields.

Synthesis of transition metal complex · X-ray crystal structure analysis · Various physical property measurements · Theoretical calculation, etc. to understand the correlation between coordination structure and electronic state. Furthermore, we apply this fundamental principle to systems of nano-functional materials (organic-inorganic composite materials) and biotechnology (bioinorganic chemistry) and conduct research to derive the functions of metal complexes. In starting such a study,

(1) First half of first half: literature survey
(2) Latter half of the first half: We set up a research plan through discussion,
(3) First half of latter period: broad basic knowledge necessary for research
(4) Latter half of the second half: Learn about various experimental techniques.

Knowledge and skills can be acquired and utilized about the above items.
Master of knowledge and skills necessary for undergraduate ability, fundamental power of social workers (career of research, technical, teaching etc). 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991K101
CLOSE