応用数学特論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用数学特論 科目番号
Course number
14MAZZZ701
科目名称(英語)
Course title(English)
Topics in Applied Mathematics
授業名称
Class name
応用数学特論
教員名 小谷 佳子,下川 朝有
Instructor Keiko Kotani, Asanao Shimokawa
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 1st Semester
曜日時限 集中講義
Class hours intensive course
開講学科
Department
理学研究科 応用数学専攻
Graduate School of Science, Department of Applied Mathematics (Doctral Course)
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業 / On-site class
概要
Descriptions
統計科学,計算数学,情報数理等の数学の分野における最新の研究内容について,特定の分野の研究およびそれに関連する他分野の研究内容を横断的に学習する.
また,必要に応じて,外部講師(海外研究者を含む)によるセミナーを行う.

We learn new development of Statistical Science, Computational Mathematics and Information Mathematics in specific and related fields in a cross-sectoral manner.
We convene a seminar by external lecturer in those fields, if necessary.
目的
Objectives
応用数学の他の研究分野の理解を通して,自分の研究分野の理解を深める.また,研究論文,学位論文作成手順について理解する.

本専攻のディプロマ・ポリシーに定める「応用数学の分野において高度で深い専門的知識と自律的研究能力を持つことで、専門分野において自ら問題を発見あるいは設定し、これを解決するための新たな独創的研究手段を開発し、新たな知見を発見する能力。さらには、その専門分野における研究者や専門的職業人を指導する能力を実現するための科目です.
本専攻のカリキュラム・ポリシーに定める「3年間の研究成果を博士論文としてまとめ上げる過程で、研究内容を分析・評価・表現する能力を養う教育を行う」を含む科目です.

The aim of this course is to understand the theory and application of expertise field by learning other areas of expertise in Applied Mathematics. We aim to understand how to write the articles and doctoral thesis so that there is no shortage as doctoral thesis.
到達目標
Outcomes
1 研究指導教員らによる研究分野の研究内容が理解できるようにする.
2 博士課程における研究の進め方,学位論文作成の仕方,提出のプロセスを説明できるようにする.
3 自分の研究分野についての理解を深めることができるようにする.

The goal of this course is to be able to:
1. understand the researches of supervisors.
2. explain how to proceed the researches in doctoral course and how to draw up a doctoral thesis.
3. deepen understanding of one’s research field.
履修上の注意
Course notes prerequisites
研究テーマについて, 必ず事前に相談すること.

Make sure research themes in advance.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究内容について発表してもらうことがあるので準備をしておくこと.発表内容をTeXでまとめて配布することを心がける.

A student prepares to present the researches. Try to distribute the handouts by TeX as well.
成績評価方法
Performance grading
policy
発表内容,レポートにより総合的に評価する.
Grades should be evaluated comprehensively in research efforts, presentations and technical reports.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて指定する。
Designate it as necessary.
授業計画
Class plan
各教員の研究分野の研究内容の紹介,他分野との関連性などについて学ぶ.

第1回,第2回は,大学院幹事の教員による研究内容,および,博士課程の心構え,学位論文作成の仕方,提出のプロセスなどについて理解する.

第3回から第8回は,各研究指導教員による研究内容の発表を理解し,自分の研究内容について研究発表を行い,自分の研究の理解を深める.

The aim of this course is to understand the expertise field of supervisors by learning the relation of other areas of expertise in Applied Mathematics.

1-2:
The aim of these lectures is to understand the attitude of doctoral course and how to prepare the thesis, and the process of submission.


3-8:
The aim of these lectures is to understand the researches of supervisor and to deepen understanding of one’s research field.
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
R, Mathematica, SAS
備考
Remarks
991JI01
CLOSE