応用数学特別研究2(犬伏)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用数学特別研究2 科目番号
Course number
14GRRES502
科目名称(英語)
Course title(English)
Research in Applied Mathematics 2
授業名称
Class name
応用数学特別研究2(犬伏)
教員名 犬伏 正信
Instructor Masanobu Inubushi 
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022 First Semester 
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive course  
開講学科
Department
理学研究科 応用数学専攻
Graduate School of Science, Department of Applied Mathematics  
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
自然科学や情報科学に現れる非線形現象を解明/予測するための応用数学的手法に関わるテーマを深く探求する.
Research of nonlinear phenomena arising in natural and information science through developing methods of applied mathematics and mathematical modeling 
目的
Objectives
各自の研究テーマに関する英文テキストを読み,知識を深め問題点を見出す能力を身につけることを目的としている.当専攻におけるディプロマポリシーの論理的思考と応用する力をつける科目である.
The purpose of the course is, based on knowledge obtained from textbooks and papers written in English, to acquire the ability to find problems. This course aims to achieve the diploma policy in the master course in the Department of Applied Mathematics, and students should develop logical thinking and application skills. 
到達目標
Outcomes
力学系理論や数値計算の理論を含む応用数学を熟知し,問題点を見出し,計算機を用いて実装と検証を行う能力を身に付けることを目的とする.
It aims to acquire knowledge of dynamical system theory, numerical methods, and related applied mathematics, find problems, and research with computers accurately. 
履修上の注意
Course notes prerequisites
力学系理論や数値解析の基礎を理解していることが望ましい 
Understanding the basics of dynamical system theory and numerical analysis is preferable. 
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
○  小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
〇   グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
〇   反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
文献を予習し,発表の準備を行う.
Preparing for the presentation and reading the references 
成績評価方法
Performance grading
policy
研究への姿勢,研究結果,発表の準備,英文論文の理解度などで評価する.
To be evaluated in taking account of the attitude to research, research results, preparation of presentation materials, understanding of state-of-the-art knowledge. 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
第1回:ガイダンス
第2回~10回:
輪講形式で力学系理論に関する英文テキストを読み進め,さらに個別に論文で最先端の知見に関する理解を深める.
第11回~15回:
習得した理論や先行研究を数値実験で確認し,拡張や改良の可能性を探る.

1st: Guidance
2nd to 10th: Learning knowledge of dynamical system theory and related topics from textbooks written in English and surveying on recent papers on each theme
11th to 15th: Confirming the learned theories and numerical experiments and finding possibilities of extension or improvement 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991J136
CLOSE