応用物理学研究(一)(木下)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用物理学研究(一) 科目番号
Course number
15GRRES701
科目名称(英語)
Course title(English)
Doctoral Thesis Reseach 1
授業名称
Class name
応用物理学研究(一)(木下)
教員名 木下 健太郎
Instructor Kentaro Kinoshita
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester First and second semesters in 2022
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive lectures in the first and second semesters
開講学科
Department
理学研究科 応用物理学専攻
Department of Applied Physics, Graduate School of Science
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
10.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
金属酸化物や金属有機構造体、カーボンナノチューブ、その他イオン伝導体等の固体材料、更にはイオン液体等の液体材料など、無機有機或いは固体液体の壁を越えた種々材料を用いた新しい情報処理・エネルギー変換デバイスの創成や飛躍的性能向上を目指し、理論、材料、構造、プロセス、評価あるいは応用方法について高度な探索的研究を行う。

Conduct advanced research on theory, materials, structure, process, evaluation, or application method, aiming at creating new information processing / energy conversion devices, using solid materials such as metal oxides, metal organic frameworks, and carbon nanotubes and liquid materials such as ionic liquids beyond the borders of inorganic and organic materials and solid and liquid materials.
目的
Objectives
応用物理学研究(一)~(三)を通して、新規電子デバイスやそこで使われる材料に関する研究に主体的に取り組むことで、必要とされる高度な専門知識や技術を身に付けるとともに、実社会で通用する問題設定能力、プレゼンテーション能力、論文執筆能力および指導力を涵養する。

Acquire the high level of expertise and technology, and the abilities to develop problem setting skills, presentation skills, dissertation writing skills and leadership skills that can be used in the real world, by actively working on research on new electronic devices and materials used in them through Doctoral Thesis Research 1-3.
到達目標
Outcomes
応用物理学研究(一)~(三)を通して
 1) 問題となっている状況を分析し、自ら研究テーマが設定できるようになる。
 2) その研究テーマの背景、目的、独創性等を英語で他者に説明できるようになる。
 3) 設定した研究テーマについて、後進の指導ができるようになる。
 4) 必要とされる高度な実験技術・解析能力を修得する。

Through Doctoral Thesis Research (1)-(3),
1) Analyze the situation in question, and set your own research theme.
2) The background, purpose, originality, etc. of the research theme can be explained to others in English.
3) Become to guide the young about the set research theme.
4) Acquire the required advanced experimental techniques and analysis ability.
履修上の注意
Course notes prerequisites
・必ず研究ノートをつけること。研究ノートには、日付を記入し、その日に行った実験や考察の結果をこまめに記載すること。
・研究テーマにもよるが、各種の機器や薬品を使用するので、取扱い方法や関連法令をよく理解し、安全を第一として取り組むこと。

・Be sure to take a research note. In the research note, write down the date, the results of the experiments, and discussions you conducted on that day.
・As you will use various devices and medicines, understand how to handle them and relevant laws and regulations, for your safety.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
準備学習: 一連の実験を行う前に実験計画を立て、その実験の目的や意義を確認するとともに、必要な準備を行うこと。
復  習: 一連の実験が終わったら、その都度データをまとめ、目的に応じた結果が得られたかどうかを検証すること。

Preparation learning: Make a plan of experiment before conducting a series of experiments, confirm the purpose and significance of the experiment, and make necessary preparations.
Review: After each series of experiments, summarize the data each time and verify whether the results according to the purpose were obtained.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究成果 (50%)、ゼミでの議論 (20%)、研究ノート(10%)、後進の指導(20%)により総合的に判断する。

Research results (50%), discussions at seminars (20%), research notes (10%), and guidance for younger generation (20%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じ、適宜指示する。

Give instructions as needed.
授業計画
Class plan
以下のプロジェクトのいずれかについて研究を行う。
1) 機能性薄膜材料のデバイス応用に関する研究
2) 固液融合デバイスに関する研究
3) 金属酸化物・金属有機構造体・カーボンナノチューブ等の電気・磁気・熱・光物性に関する研究
4) イオン伝導体の電気物性に関する研究

年間のスケジュールは以下の通りである。
1. 前期・前半
 先行研究について英文論文を中心に十分な調査を行い、自身の研究テーマを設定するとともに、その目的と独創性を明確にする。また、その研究テーマについて、実験と考察を積み重ねる。
2. 前期・後半
 予備的な実験を積み重ね、設定した研究目標を達成するための研究計画を立案する。また、当該分野に関し、博士号取得者としてふさわしい十分な学力を身に付ける。
3. 後期・前半
 実験と考察を積み重ね、研究目標に沿った普遍的結論が得られるかを検討する。また、これまでの成果を学会にて発表する。
4. 後期・後半
 1年間の研究成果を総括し、研究成果を英語論文としてまとめる。また、必要ならば研究テーマや研究計画を再検討する。 

Research on one of the following projects.
1) Research on device application of functional thin film material
2) Research on solid-liquid fusion devices
3) Research on the electrical, magnetic, thermal, and optical properties of metal oxides, metal organic structures, and carbon nanotubes etc.
4) Study on the electrical properties of ion conductors

The annual schedule is as follows.
1. First half of first period
Conduct a thorough survey of previous researches, focusing on English papers, set up your own research theme, and clarify its purpose and originality. In addition, build up experiments and discussions about the research theme repeatedly.
2. Second half of first period
Build up preliminary experiments and design a research plan to achieve the set research goals. Also, acquire appropriate academic ability as a doctoral degree holder in the field.
3. First half of second period
Build up experiments and discussions repeatedly, examine whether universal conclusions can be obtained in line with the research goals. Also, present achievements at the academic conference.
4. Second half of second period
Summarize the research results for one year, and summarize the research results as an English paper. Also, review the research theme and research plan if necessary.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991FF12
CLOSE