特別研究(一)(木下)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究(一) 科目番号
Course number
15GRRES501
科目名称(英語)
Course title(English)
授業名称
Class name
特別研究(一)(木下)
教員名 木下 健太郎
Instructor Kentaro Kinoshita
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester All Year
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive lectures in the all year
開講学科
Department
理学研究科 応用物理学専攻
Department of Applied Physics,
Graduate School of Science
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
メモリ材料・デバイス及びその関連分野の最先端の研究に取り組む。

Work in cutting-edge research in memory materials, devices and related fields.
目的
Objectives
物理学の知識, 技術を駆使することで, 電子デバイス, 特にメモリデバイスの高性能化, 微細化, 或いは新規機能デバイスの創生を実現し, 微細化・高性能化の限界に直面した半導体デバイス, 半導体メモリの未来を切り開く。研究の意義, 位置付けを理解し, 立案, 計画, 実行する能力を養う。

To make the most of your knowledge of physics and technology to achieve improvements in the performance and the miniaturization of electronic devices, especially memory devices, and/or to create new devices with high performance or new functions based on new principles.
到達目標
Outcomes
特別研究(⼀)〜(⼆)を通して
・学問や研究の楽しさは他者との議論によって深められるものである。指導教員や研究室の
メンバーは勿論, 学内外を問わず, 積極的に議論を重ねながら研究を進められるようになる。
・どの様な背景の下に⾃⾝の研究テーマに取り組むに⾄ったのか。⾃⾝の研究領域にて , 分か
っていること, 不明なことを整理し, 不明なことのうち, 何を, 何処まで, 何のために, どの様な⼿法で明らかにしようとするのか。結果として, 何が, どこまで明らかになったのか。数ある研究の中で, ⾃分の研究は何処に位置付けられるのか, オリジナリティーは何処にあるのか。こういったことをよく考えながら取り組む習慣を身につける。
・⽇本の半導体産業, 半導体メモリの現状を理解し, 望まれるイノベーションについて考えられる能⼒を養う。

・You will deepen your learning and research through discussion with others. Active discussion with not only your supervisor and members of the laboratory to which you belong, but also with people inside and outside the university, will make your research fruitful.
・You will develop the habit of always asking yourself: Why is my research theme important? Where is the border between what is known and what is unknown in this research field? In the unknown area, what, how, and how far will I try to elucidate? As a result, what has been revealed, and to what extent? Where is my research positioned in the research field, and what is its originality among the many studies?
・You will obtain an understanding of the current situation in the semiconductor industry and semiconductor memory in Japan, and develop the ability to create innovations in the field.
履修上の注意
Course notes prerequisites
固体物理A, B及び電子回路, エネルギー変換科学を履修していることが望ましい。

It is preferable to have taken the courses “Solid State Physics A and B”, “Electronic Circuit”, and “Energy conversion science”.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
・入念に準備し、原理を理解した上で実験を実施する。事故を防止するためにもこれを励行すること。
・ゼミでの発表の際には、全員が有意義な時間を過ごせるよう、事前に十分な準備をすること。論文紹介では紹介論文だけでなく、引用文献の内容も把握するよう心掛けること。

・Prepare carefully and understand the principles before conducting experiments. This is essential to prevent accidents.
・Prepare sufficiently before making a presentation at a seminar to ensure that the presentation is meaningful for everyone. When introducing a paper, you should understand not only the paper but also the content of the cited references.
成績評価方法
Performance grading
policy
日常の研究態度 55%
内部成果(ゼミ発表、研究の進捗報告など)25%
外部成果(学会発表、論文発表など)10%
中間発表 10%

Daily research attitude 55%
Class attitude (reports at seminars, research progress, etc.) 25%
Academic achievements (presentations at academic conferences, academic papers, etc.) 10%
Interim report 10%
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
年度始めに紹介する。また、研究上必要な際に随時指⽰する。 

Course materials will be introduced at the beginning of the year and provided as needed.
授業計画
Class plan
【スケジュール】
4-6⽉
・相談の上研究テーマを決定し, その遂⾏に向けた計画及び適切なマイルストーンを設定する。
・卒研⽣に基本的な実験技術について指導しながら, ⾃⾝の基本知識知識, 技術の習得度を再確認する。
・具体的な研究計画について、予備実験のデータと⽂献調査の結果を交えて、プレゼンテーションする。
7-9⽉
・⾃⾝の研究テーマの実施に必要な実験機器を把握し, その原理を理解しながら, 研究環境を構築する。
・予備実験を繰り返し, 研究テーマに関する理解を深める。
10-12⽉
・測定データの背後にある統⼀的な物理法則について深く考察し, ⼀連の実験結果を説明する理論モデルを仮構築する。実証実験の⽴案・実施を繰り返し, 理論モデル及び実験サイクルにフィードバックをかけることでモデル, 実験共にブラッシュアップする。
1-3⽉
中間報告資料の作成とプレゼンテーションを実施し、修⼠論⽂の執筆に向けて研究の進捗と今後の⽅向性を確認する。

【Schedule】
April–June
・The research theme will be determined after consultation, and a plan and appropriate milestones will be set for its implementation.
・Instruction of fourth-year undergraduate students on basic experimental techniques will be carried out, reconfirming your own basic knowledge and skills.
・A presentation on a concrete research plan based on data from preliminary experiments and the results of literature surveys will be given.

July–September
・Establish a research environment by understanding the experimental equipment that is necessary to carry out your own research theme and understanding its principles.
・Repeat preliminary experiments to deepen the understanding of the research theme.

October–December
・Deeply consider the general laws of physics behind the measurement data and tentatively construct a theoretical model that explains a series of experimental results. Polish the model and experiments by repeating the design and implementation of the proof experiment and implementing this feedback in the theoretical model and the experimental cycle.

January–March
・Prepare materials for an interim report and give presentations to confirm the progress of the research and future directions of the research for writing the master’s degree thesis.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
研究員 (半導体デバイス関連)
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
木曜3限 (第3週のみ水曜3限)
991FA33
CLOSE