天体物理学特論1(博士後期課程用)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
天体物理学特論1 科目番号
Course number
12PHAST503
科目名称(英語)
Course title(English)
Selected Topics in Astrophysics 1
授業名称
Class name
天体物理学特論1(博士後期課程用)
教員名 松下 恭子
Instructor Kyoko Matsushita
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022 First Semester
曜日時限 水曜3限
Class hours From 12:50-14:20, Wednesday
開講学科
Department
物理学専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format

ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
X線は宇宙の高温、高エネルギーの天体から放射される。ブラックホールや中性子星などのコンパクトな天体から、宇宙最大の天体銀河団などの巨大な天体からのX線を観測することにより、ブラックホールの質量や周辺の物理、X線観測から導かれる宇宙の星形成史から銀河団までの天体の進化を学ぶ

X-rays are emitted from hot plasma and high-energy particles in the Universe.
Student will understand physics around compact objects such as black holes and neutron stars,
and evolution of stars, galaxies, and clusters of galaxies
目的
Objectives
X線放射メカニズムの基礎的な物理、中性子星、ブラックホール、活動銀河核周辺からのX線放射メカニズム、銀河や銀河団の高温プラズマの研究の現状を理解する。 

Student should understand basic mechanisms of X-ray radiation, X-ray emission from neutron stars, black holes, active galactic nuclei, and hot plasma in supernova remnants and galaxies.
到達目標
Outcomes
熱制動放射、特性X線、コンプトン散乱などのX線放射メカニズムを理解する。
コンパクト天体や高温プラズマを観測する意義を理解する。

Understanding X-ray radiation process such as thermal bremsstrahrung and compton scattering.
Understanding scientific objectives to study compact objects and hot plasma.
履修上の注意
Course notes prerequisites
天文学の基本的な知識があること

It is assumed that students have some knowledge of astronomy.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
特に準備学習は必要としない。次の授業までには30分程度の復習を行い、理解しておくことが望ましい。
基礎的な事柄について、1−2回のレポートを課す予定である。
成績評価方法
Performance grading
policy
講義のまとめの小テスト(30%)とレポート(70%)により評価を行う。

30% - Attendance and participation in class
70% - a few reports
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし

Not specified
授業計画
Class plan
1 X線放射メカニズムの基礎を学び、どのような天体がX線を放射するか理解する。
2 衝撃波の物理を学び、観測された温度や密度、圧力分布から衝撃波の速度を計算できるようになる。
       超新星残骸の進化とそれぞれの進化段階でのX線放射を理解する。
3 標準降着円盤の物理を理解し、観測からどのように降着円盤の大きさや温度などの物理パラメーターを
    導くか理解する。 中性子星連星からのX線観測の現状を学ぶ。
4 磁気双極子放射のモデルを理解し、パルサーからの電磁波の放射とその時間変化を学ぶ
5. ブラックホール連星からのX線放射を理解し、最新の観測状況を理解する
6 活動銀河核の統一モデルを理解し、X線観測からわかる活動銀河核の進化を学ぶ
7 銀河の高温ガスや銀河風の物理を理解する。
8 講義のまとめ
1. X-ray radiation process
2. Shock, supernova remnant
3. Accretion disk, neutron star X-ray binaries
4. Pulsar
5. Blackhole X-ray binaries
6. Active galactic nuclei
7. X-ray emission from galaxies
8. Summary
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991CZ46
CLOSE