特別研究1(長嶋)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究1 科目番号
Course number
12GRRES501
科目名称(英語)
Course title(English)
授業名称
Class name
特別研究1(長嶋)
教員名 長嶋 泰之
Instructor Yasuyuki Nagashima
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester 2022 First Semester & Second semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours Intensive Course
開講学科
Department
物理学専攻
Department of Physics
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
4.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
陽電⼦あるいはその他のエキゾチック粒⼦に関わる研究テーマで、最先端の研究を⾏う。
・本専攻のディプロマポリシーに定める「専⾨性」を⾝に つける科⽬である。
・本専攻のディプロマポリシーに定める「専⾨分野の諸問題を能動的に解決でき る」能⼒ を
⾝につける科⽬である。

Conduct cutting-edge research on topics related to positrons and exotic particles.
· It is a subject to acquire the "expertise" ; specified in the Diploma Policies of this Department.
· It is a subject to acquire the ability to "actively solve various problems in the specialized field"; specified in the Diploma Policies of this Department.
目的
Objectives
研究課題を解決するための⽅法を⾃ら⼯夫して、主体的に研究を進める能⼒を⾝につける。
Devise your own methods to solve research subjects, and acquire the ability to proactively conduct research.
到達目標
Outcomes
到達⽬標
・学会発表できるだけの成果を挙げることはもちろん、成果を英語論⽂にまとめて投稿でき
る⼒をつける。
・⾃ら⼯夫して困 難な問題を解決する能⼒を⾝につける。
・与えられたテーマで研究するだけでなく、⾃ら新しい研究 テーマを⾒つける能⼒を⾝につ
ける。
・卒業ま でに国際学術誌に英語論⽂を筆頭著者で出版することを⽬標とする。

Outcomes
· Not only can you obtain the results you can present at a conference, you can publish your ou
tcomes in English papers.
· To acquire the ability to s olve difficult problems through your own means.
· Not only to conduct research on a given theme, but also to acquire the ab ility to find your ow
n research theme yourself.
· You will aim to publish an English paper as the first author in an international peer-reviewed scientific journal before graduation.
履修上の注意
Course notes prerequisites
4年⽣での卒業研究テーマを継続する場合も、新たなテーマで研究を始める場合もある。⼀⼈
で複数のテーマを担当してもらう場合もある。卒業研究よりもなお⼀層、⾃主的に研究に取
り組む姿勢を求めたい。世間では⼤学卒業し社会⼈になっている年齢なので、研究について
もプロ意識を持って学⽣ではなく社会⼈であることを⾃覚してやってもらいたい。

There are cases both when you continue the undergraduate research subject and when you start research with a new theme. There is a case when you may be responsible for multiple themes. You should be more prepared to engage in research on your own volition, compared to undergraduate research. As you are of a working age, having graduated from university, you are expected to be aware that you are not a student, but a research professional.

毎週のmeetingに参加し、研究室の他のメンバーに⾃分の研究を理解してもらうこと、他のメ
ンバーの研究についても関⼼を持つこと、⾸都圏で開催されている研究会等には積極的に参
加し、視野を広めて常に今何が課題になっているか問題意識を持つことを求めたい。修⼠で
は研究テーマを⾃分で⾒つける能⼒は求めないが、卒業までにはそのような能⼒も⾝につけ
ていることが望ましい。

Participate in weekly meetings, help other members of the laboratory to understand your research, taken an interest in the research of other members, actively participate in research meetings held in the Tokyo metropolitan area to broaden the horizons of your research interest and to keep aware of what is going on now in the research field. Master’s students are not required to have the ability to find research themes themselves, but it is desirable to acquire that ability before graduation.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
研究を成功させるには、不断の姿勢が⼤切である。常に研究のことが頭から離れない、と⾔
えるくらい研究に没頭してほしい。
To ensure the success of your research, a continuous effort is important. You are expected t
o devote yourself to research so that your research subject is always in your mind.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究の進み具合、⾃分のテーマに近い分野で⾏われている研究の理解度などを総合的に判断して成績評価を⾏う。
To be evaluated in taking account of the state of progress of researches and understanding of the researches perfomed by other researchers.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特になし。
Nothing special.
授業計画
Class plan
授業計画
[研究テーマ]
①ポジトロニウム負イオンの研究
②陽電⼦消滅誘起イオン脱離の研究
③固体表面からのポジトロニウム放出の研究
④その他
[指導計画]
検討や議論を⼗分に⾏い、研究を進める。
7月、9月、12月、3月に行われる国内学会で発表を⾏う。

[Research theme]
① Studies on positronium negative ions
② Studies on positron annihilation-induced ion desorption
③ Studies on positronium emission from surfaces
④ Others
[Plan]
Proceed researches.
Presentation in national conferences in July, September, December or March.
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし。
991C607
CLOSE