文献研究4(眞田)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
文献研究4 科目番号
Course number
11GRRES602
科目名称(英語)
Course title(English)
授業名称
Class name
文献研究4(眞田)
教員名 眞田 克典
Instructor Katsunori Sanada
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester Second semester
曜日時限 集中講義
Class hours intensive
開講学科
Department
理学研究科数学専攻

Department of Mathematics 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
数学書や論文を読み進め、定期的に発表を行う。その中で、内容に関する議論を行い、研究問題・研究目標・研究方法を定め、問題解決に取り組む。

Students read and progress math books and paper and make presentations on a regular basis. Among them, they discuss the content and decide the research goals to solve the problem.  
目的
Objectives
本研究科のディプロマ・ポリシーに定める『高度な専門的学識と研究能力』を鍛え上げ、『数学の専門分野の諸問題を能動的に解決できる』ようになるために行う。即ち、単に数学的知識及び素養を身に付けるためだけでなく、自ら最先端の研究に興味を持ち、果敢かつ着実に取り組めるようになることを目標とする。

We will train "highly specialized academic knowledge and research capability" defined in our diploma policy and do so in order to "actively solve matters in specialized areas of mathematics". In other words, we aim not only to acquire mathematical knowledge and education, but also to become interested in cutting-edge research themselves, to be able to work boldly and steadily. 
到達目標
Outcomes
1. 独力で数学の専門書並びに論文を読破でき、さらにはその内容を簡明にかつ正確に説明・発表できる。

2. 各自が学修している内容に関連する研究論文を調べる中で、独自に問題設定を行い、かつその解決に向けて独力で取り組めるようになる。

1. You can read your mathematical specialized books and papers by yourself, and you can explain and announce the details briefly and accurately. In case
2. As we examine the research papers related to the content that each student is learning, we can set up problems independently and work on our own by solving it.
履修上の注意
Course notes prerequisites
時間的に十分な余裕をもって取り組むこと。

Work with sufficient time is needed.  
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
毎回該当部分を事前に読み込み、完璧に理解をしていること。それに基づき、その内容を短い時間内に効率よく発表できるよう発表内容を十分に精査しておくこと。

教員から指摘を受けた箇所は完全に理解できるまで復習し、かつその関連分野の数学にも積極的に取り組んで数学的素養を最大限深めること。

It is necessary to read the corresponding part in advance every time and understand perfectly. Based on that, thoroughly review the content of the announcement so that its contents can be announced efficiently within a short time. To review the points that were pointed out by faculty members until they can be fully understood and maximize mathematical education by proactively working on mathematics in related fields. 
成績評価方法
Performance grading
policy
理解度、発表のパフォーマンスや態度、学問としての数学への積極性などにより総合的に評価する。

Comprehensive evaluation based on degree of understanding, presentation performance and attitude, and aggressiveness to mathematics as learning. 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じて紹介する。 
出版されている論文など。 
授業計画
Class plan
本格的な研究に取り組むための準備として、以下のような内容・キーワードの理解を目標として、各自それぞれ必要となる数学的基礎知識の吸収・補強に努める。その後、各自の習熟状況に応じて、より高度な内容の数学書や論文などの読解にも取り組む。また、進展状況に応じて、独自の問題設定を行い、その解決に向けて全力を傾注する。
第1回〜第15回
多元環の表現論、AR-箙、傾理論、傾多元環

As preparation for working on full-scale research, it is necessary to strive to absorb and reinforce the mathematical basic knowledge that is necessary for each of them, with the goal of understanding the following contents and keywords. After that, according to each proficiency situation, it is required to tackle reading of mathematical books and articles of higher contents more. In addition, depending on the progress situation, it is required to set original problem setting and devote full effort towards solution.
1st to 15th:
Representation of algebras, AR-quivers, tilting theory, Titled algebras
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991B406
CLOSE