数学教育輪講(二)B(渡辺(雄))のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
数学教育輪講(二)B 科目番号
Course number
17MESME602
科目名称(英語)
Course title(English)
Mathematics Education Seminar (2) B
授業名称
Class name
数学教育輪講(二)B(渡辺(雄))
教員名 渡辺 雄貴
Instructor Yuki Watanabe
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 First and Second Semester 
曜日時限 集中講義
Class hours 月曜4限〜6限
開講学科
Department
理学研究科 科学教育専攻
Graduate School of Science Education
Department of  Science Education 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
数学教育分野に関して、各自の研究発表を通して、数学教育輪講(一) の研究に引き続き各自の研究を進め修士論文の作成を行うこと。主論文の研究の遂行が中心的に行われ、理論的検討・調査・実験などの確固たる研究方法を用いて、数学教育についての研究成果を得ること。その研究成果については、学会発表を行い、他の研究者との交流や議論を通してより広い視野を持つことや、プレゼンテーション能力を身に付けること。おこび、副論文の作成を行うこと。

According to mathematical education, through research presentation of each master student, continue research on Mathematics Education Seminar (1) to continue their own research and prepare master's thesis. Mainly performing the research of the thesis and obtaining research results on mathematics education using research methods such as theoretical study, investigation and experiment. Concerning the research results, hold a conference presentation, hold a broader perspective through exchange and discussion with other researchers, and acquire the presentation skills for writing a research paper.
目的
Objectives
数学教育における理論的検討・調査・実験などの確固たる研究方法を用いて、数学教育についての研究成果を得ること。その研究成果については、学会発表を行い、他の研究者との交流や議論を通してより広い視野を持つことや、プレゼンテーション能力を身に付けること。おこび、副論文の作成を行うこと。

To obtain research results on mathematics education using research methods such as theoretical investigation, survey and experiment in mathematics education. Concerning the research results, hold a conference presentation, hold a broader perspective through exchange and discussion with other researchers, and acquire the presentation skills for making a secondary paper.
到達目標
Outcomes
中学や高校での理数系教員としての指導的な役割を担うことができる深い理解と技能を身につけること。

To acquire a deep understanding and skill that can play a leading role as a mathematics teacher in junior and high school.
履修上の注意
Course notes prerequisites
各自の数学教育に関する教育研究課題、学会等での研究発表や論文作成の進捗状況を毎回発表する。 

In educational research subjects concerning mathematics education of each master student through research presentation at academic conference, master student is able to keep and improve his or her presentation skills.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
準備学習・復習
Preparation and review
自ら選択した課題に対して、十分に事前準備をしてプレゼンテーションすること、
プレゼン後のフィードバックに対して誠実に対応すること。原則、3時間を目安として、適切な予習と復習を行うこととします。

In every classwork, voluntarily do preparation and review based on each presentation and record of discussion. In general, carry out appropriate preparation and review with three hours.
成績評価方法
Performance grading
policy
毎回発表する論文の課題設定、先行研究の解題、研究方法に関する検討等の完成度について、4段階(S,A,B,C,D,ー)で評価する。

Evaluation on completion(S,A,B,C, D,-) the final exams of each learning record material and essay for research methods.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1回 修士論文(主・副)完成のためのガイダンスと関連修士論文の講読
2回 修士論文(主・副)完成のための構成と論文講読
3回 修士論文(主・副)完成のための書き方と論文講読
4回 修士論文(主・副)完成ための課題設定と論文講読
5回 修士論文(主・副)完成のための課題に関連する先行研究と論文講読
6回 先行研究の解題に関連するデータ収集方法と論文講読
7回 先行研究のデータ収集と論文講読
8回 データ分析法の検討と論文講読
9回 データ分析法の検討結果と論文講読
10回 フィールドワークの方法論と論文講読
11回 フィールドワークの実際と論文講読
12回 文献研究とフィールドワーク結果の照合と論文講読
13回 修士論文(主・副)の中間報告書作成準備と論文講読
14回 修士論文(主・副)作成の中間報告書の作成と論文講読
15回 修士論文(主・副)の中間報告のプレゼンテーションの実際

1st: Giving guidance, and deciding Person in Charge for providing topics
2nd to 15th: providing topics each time and discussion
*The time to provide a topic and discussion is generally as follows;
Faculty: about 45 minutes/person, including presentation and discussion.
Students: about 20 minutes/person, including presentation and discussion.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9917K58
CLOSE