ICT教育活用演習(月曜)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
ICT教育活用演習 科目番号
Course number
17ETEDM501
科目名称(英語)
Course title(English)
ICT in Education
授業名称
Class name
ICT教育活用演習(月曜)
教員名 山本 芳人,渡辺 雄貴,大浦 弘樹
Instructor Yuki Watanabe, Yoshito Yamamoto, Hiroki Oura
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 月曜1限 月曜2限
Class hours
開講学科
Department
科学教育研究科 科学教育専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
ICT活用教育とは,情報通信技術を用いて,教育効果向上を図ったり,利便性を高める理論,方法,環境設定などを体系化したりするものである.したがって,e-Learning,マルチメディア,コンピュータ,プログラミングなどの教育メディアを利用に関することを行なうだけではなく,それらメディアの特性を理解し,実際の授業計画とともに,効果,効率を高める組み合わせを考察するものである.
 そのために,その基礎理論として,インストラクショナルデザインや心理学諸理論を学び,さまざまなメディアを用いた学習の形態,環境などや,それらの学習効果および評価方法について参加者の研究テーマとすりあわせながら,ディスカッションを行う.

Education using ICT is to use ICT to improve educational effects and to systematize theories, methods, environment settings, etc. to enhance convenience. Therefore, it does not only use educational media such as e-Learning, multimedia, computer, programming etc. but understand the characteristics of these media, and to consider combinations of actual lesson plans and effects and efficiencies.
As a basic theory, students learn instructional design and psychology theories, and discuss the forms of learning using various media, the environment, etc., their learning effects and evaluation methods. 
目的
Objectives
教育方法の理論や実践手法,ICTの活用などを学び,授業設計・実践・評価する上で有効な教育方法や技術を,選択・実践できる力を教育工学的観点から身につける.
実際の教育現場で使用している事例を通じて講義を行い、分かりやすい教材の作成を行う手法を修得することを目的とする。

Students learn the theory of teaching methods, practical methods, ICT, and will be able to select and practice effective teaching methods and techniques in class design, practice and evaluation. 
A lecture is given about the example currently used at actual schools, and it aims at learning the technique of creating intelligible teaching materials.  
到達目標
Outcomes
 (1) 教育方法の理論や実践手法を学び,学習指導力が向上する.
 (2) 教育メディアの活用法や操作技術が身につき,授業で実践できるようになる.
 (3) ICTを活用した授業設計や教材作成ができるようになる.
 
(1) Students learn the theory of teaching methods and practical methods, and their learning instruction improves.
(2) Students learn how to use educational media and will able to practice in class.
(3) Students can design lessons and create teaching materials using ICT.
履修上の注意
Course notes prerequisites
 本講義は,「演習」形式で行うため,学生諸君の積極的な参加を期待する.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
 教科,受講生の特性を考慮し,適宜関連する領域(数学科教育論,教育工学,情報工学,教育心理学,認知心理学など)の内容を扱います.必要とされる知識等に関して,適宜資料(プリント,論文など)を配付するので,個別に読んでおくこと.
成績評価方法
Performance grading
policy
 演習参加度,提出された成果物により評価する.
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
米国学術研究推進会議 (著), 森敏昭 (訳), 秋田喜代美 (訳)(2002)授業を変える―認知心理学のさらなる挑戦,北大路書房
Allan Collins (著), Richard Halverson (著), 稲垣忠 (監訳) (2012)デジタル社会の学びのかたち: 教育とテクノロジの再考,北大路書房
Richard E. Mayer(2009) Multimedia Learning, Cambridge University Press
ロバート・M. ガニェほか著,鈴木克明(監訳)(2007)インストラクショナルデザインの原理,北大路書房
Robert Reiser他(2011)Trends and Issues in Instructional Design and Technology,Allyn & Bacon
山内祐平(2010)デジタル教材の教育学,東京大学出版会
赤堀侃司(2013)教育工学への招待 新版,ジャムハウス
永岡慶三ほか(2012)教育工学における学習評価 (教育工学選書) ,ミネルヴァ書房
文部科学省(2011)教育の情報化ビジョン(http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305484.htm)

※全てを購入する必要はない.授業中に適宜紹介する.
授業計画
Class plan
第1回 ガイダンス(山本・渡辺・大浦)
1 Guidance
第2回 授業設計とメディアの活用・実習1(渡辺)
インストラクショナルデザインとメディアの活用
(予習)「IDT 第2章 インストラクショナルデザインモデルの特徴」を読みまとめる(1時間)
(復習)ADDIEモデルに関して説明,ICTを如何に用いるかを検証し,教材を作成する(2時間)
2 Instructional Design and using media 1
(Preliminary study) Reading "IDT Chapter 2" (1 hour)
(Review) Explain about ADDIE model, verify how to use ICT, Develop teaching materials (2 hours)

第3回 授業設計とメディアの活用・実習2(渡辺)
ARCSモデルとメディアの活用
(予習)「IDT 第4章 インストラクショナルデザインの心理学的基盤」を読みまとめる(2時間)
(復習)ARCSモデルを用いた授業設計を行う(1時間)
3 Instructional Design and using media 2 "ARCS model and media"
(Preliminary study) Reading "IDT Chapter 4" (2 hours)
(Review) Instructional Design using ARCS model (1 hour)

第4回 授業設計とメディアの活用・実習3(渡辺・大浦)
Webを用いた学習,インストラクショナルデザインとテクノロジー
(予習)「IDT 第5章 構成主義:実践と歴史の文脈の中で,第6章 学習科学:どこから来てインストラクショナルデザイナに何をもたらすのか」を読みまとめる(3時間)
(復習)教材設計の方法について考える.Multi-Media Learningについて参考文献を調査する(1時間)
4 Instructional Design and using media 3 "Web-based learning, instructional design and technology"
(Preparing) Reading "IDT Chapter 5 and Chapter 6" (3 hours)
(Review) Consider how to design teaching materials. Explore references for Multi-Media Learning (1 hour)

第5回 対面とオンライン学習を組み合わせた授業設計(大浦)
ハイブリッド型授業の主な設計パターンを学び、その利点・欠点について理解する
(予習)LETUSの論文を読み、ハイブリッド型授業の種類について、それぞれの特徴や違いをまとめる(1時間)
(復習)具体的な授業設計について考える.ハイブリッド型授業の具体例を示した参考文献を1つ選び、その特徴と課題を挙げる(2時間)

Instructional design combining face-to-face and online learning
(Preparing) Read course materials on LETUS and summarize the characteristics of each hybrid course design
(Review) Search for and select one article that describes some specific hybrid design and discuss the characteristics as well as the potential issues

第6回,第7回 授業設計とメディアの活用まとめ(渡辺)
ディスカッション,課題提出のための作業
(予習)Multi-Media Learningを読み自らの課題と結びつけ考察する(1時間)
(復習)ここまでを振り返り,授業設計を行う(2時間)

第8回 ストリーミング型電子教材の作成方法に関して学習し、利点・欠点について理解する。(山本)
(予習)LETUSの論文を読む(1時間)
(復習)授業で使用する動画を作成する(2時間)
streaming type electronic teaching materials.
(Preparing) Read the material on the LETUS. (1 hour)
(Review) Create VIDEO. (2 hour)

第9回 シミュレーション型電子教材の作成方法に関して学習し、具体的な教材の例を考案する。(山本)
(予習)LETUSの論文を読む(1時間)
(復習)授業で使用する教材を考える(2時間)
simulation type electronic teaching materials.
(Preparing) Read the material on the LETUS. (1 hour)
(Review) Create teaching materials (2 hour)

第10回 音声やアニメーションを用いた電子教材の作成方法に関して理解する。(山本)
(予習)LETUSの論文を読む(1時間)
(復習)授業で使用する教材を考える(2時間)
electronic teaching materials using a sound or animation.
(Preparing) Read the material on the LETUS. (1 hour)
(Review) Create teaching materials. (2 hour)

第11回 学習者が自分で操作することによって学習を進めていく体験型電子教材について理解する。(山本)
(予習)LETUSの論文を読む(1時間)
(復習)授業で使用する教材を考える(2時間)
experienced type electronic teaching materials.
(Preparing) Read the material on the LETUS. (1 hour)
(Review) Create teaching materials. (2 hour)

第12回 授業支援ツールの開発、学生の情報の表示、クリッカーシステムについて理解する。(山本)
(予習)LETUSの論文を読む(1時間)
(復習)授業で使用するツールを考える(2時間)
Development of lesson support tools, display of student information, clicker system.
(Preparing) Read the material on the LETUS. (1 hour)
(Review) Create a tool.(2 hour)

第13回 ICT活用研究における研究倫理(大浦)
(予習)LETUSの文献を読む(1時間)
(復習)倫理的対応を記述した実験または実践、調査研究の文献を1つ探し、その背景と手順を挙げる(2時間)

Research ethics in ICT application research
(Preparing) Read course materials
(Review) Search for and select one research (experiment, practice, or investigation) article that describes some ethical procedures, and discuss the backgrounds and procedures

第14回 教材の相互チェック,プレゼンテーション(山本・渡辺)
Cross-checking of Learning Materials, Presentation

第15回 教材の相互チェック,プレゼンテーション(渡辺・大浦)
Cross-checking of Learning Materials, Presentation
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9917F10
CLOSE