教授メディア学習論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
教授メディア学習論 科目番号
Course number
L1LBARTs31
科目名称(英語)
Course title(English)
Instructional Media for Learning
授業名称
Class name
教授メディア学習論
教員名 渡辺 雄貴
Instructor Yuki Watanabe
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2019 1st Semester
曜日時限 金曜4限
Class hours Friday 4th
開講学科
Department
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
オンライン授業(非同期)/Online (asynchronized remote)
概要
Descriptions
新しい学力観に立つ教授法や,デジタル教科書や電子黒板などのマルチメディアを活用した指導法を,実践をとおして学ぶ.

Students will learn teaching methods based on new academic views such as active learning and 21st century skills, teaching methods using multimedia, and practices.
目的
Objectives
教育と教授メディアの関わりについて,授業改善の視点と情報教育の視点との両面から理解し,実際に授業を設計したり,教材開発したりすることができるようになる.

In class, students understand the relationship between education and teaching media, both from the perspective of class improvement and from the perspective of information education. In addition, students will be able to design classes and develop teaching materials.
到達目標
Outcomes
 (1) 教育方法の理論や実践手法を学び,学習指導力が向上する.
 (2) 板書・発問技術などが身につき,授業で実践できるようになる.
 (3) 教育メディアの活用法や操作技術が身につき,授業で実践できるようになる.
 (4) ICTを活用した授業設計や教材作成ができるようになる.
 (5) 学習活動における集団づくりとその指導ができるようになる.

(1) Students learn the theory of teaching methods and practical methods, and the learning instruction improves.
(2) Students can practice board writing and questioning skills in class.
(3) Students learn how to use educational media and can practice in class.
(4) Students can design lessons and create teaching materials using ICT.
(5) Students can develop groups and instruction in learning activities.
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
○ 教材設計
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法
Performance grading
policy
授業内の小レポート,リアクションペーパー等で評価(指導案および模擬授業の内容含む)(60%),期末試験(40%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
第1回:21世紀型スキルと指導法・授業設計
第2回:教授メディアの変遷と授業設計
第3回:デジタル教科書,電子黒板等のマルチメディアを活用した指導法・授業設計
第4回:デジタル教科書,電子黒板等のマルチメディアを活用した指導案の作成
第5回:マルチメディア教材開発演習
第6回:模擬授業1,相互評価
第7回:指導案の改善とその方法
第8回:模擬授業2,相互評価

1 21st Century Skills, Teaching Methods, Instructional Design
2 Transition of teaching media and Instructional Design
3 Teaching Method and Instructional Design using Multimedia such as Digital Textbooks and Smart Boards
4 Development of teaching plan using Multimedia
5 Multimedia Instructional Material
6 Simulated class 1, mutual evaluation
7 Simulated class 2, mutual evaluation
教職課程
Teacher-training course
道徳,総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導,教育相談等に関する科目
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9917106
CLOSE