応用有機化学3のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
応用有機化学3 科目番号
Course number
16CHORC303
科目名称(英語)
Course title(English)
Applied Organic Chemistry 3
授業名称
Class name
応用有機化学3
教員名 川﨑 常臣
Instructor Tsuneomi Kawasaki
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2021 Second Semester
曜日時限 水曜3限
Class hours Wednesday 2nd. Period
開講学科
Department
理学部第一部 応用化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
地球上のすべての生命は、L−アミノ酸からタンパク質を、またD−(デオキシ)リボースから遺伝子を構成している。このように、生命が可能な光学異性体(キラル化合物)のうち一方のみを利用していることは、生命の重要な特質である。また、生体関連化合物、医薬品をはじめ多くの有機化合物および有機反応については、今日では立体化学なしでは語ることができない。本講義では、有機化合物の立体化学の基礎および応用について述べる。
目的
Objectives
本講義では、有機化合物の立体化学の基礎および応用について述べ、立体化学に関する興味や意識、知識を深めることを目的とする。
到達目標
Outcomes
キラル化学は未開拓の研究課題を多く持っている分野である。例えば生体を構成するアミノ酸がいかにしてL型のみになったのかという問題は、生命の起源にも関連している。また,研究の最前線の科学的価値が理解でき、興味が持てるようになるための基礎知識を習得する。適宜、キラル化学の最新の話題を知ることも目標とする。
履修上の注意
Course notes prerequisites
各授業の詳細についてはLETUSから指示しますので必ず確認してください。
問題演習および分子模型により理解を確実にすること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
指定した教科書の該当部分を事前に読んでおくこと。
成績評価方法
Performance grading
policy
到達度評価(60%以上)、小テスト・レポート(40%以下)により評価する。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
キラル化学 (その起源から最新のキラル材料研究まで) 日本化学会編 (化学同人)
授業計画
Class plan
(1)序論:立体化学の発展、施光性、比施光性について理解できる。
(2)立体異性体の分類:エナンチオマー、ジアステレオマーについて説明できる。
(3)立体配置:立体配置のR,S−表示および決定法について使用できる。
(4)立体異性体の区別:エナンチオマーおよびジアステレオマー構成比の決定法、光学分割の意味を理解できる。
(5)問題演習
(6)環状および非環状化合物:シクロアルカンの構造、アルカンの構造、回転異性、立体配座の概念を説明できる。
(7)不斉中心原子のないキラル化合物二重結合に関わる異性体  ビフェニル誘導体、アレン誘導体、ヘリセン誘導体、シス-トランス異性について理解できる。
(8)問題演習   
(9)動的立体化学その(1):立体保持、立体反転、ラセミ化を伴う不斉炭素原子の関わる反応について説明できる。
(10)動的立体化学その(2):ジアステレオ選択的合成、Cram則の例を示す事ができる。立体選択的合成その(1)。  
(11)動的立体化学その(3):エナンチオ選択的合成、不斉配位子の設計、不斉還元反応。立体選択的合成その(2):不斉アルキル化反応について理解できる。
(12)動的立体化学その(4):不斉触媒の設計と反応の例について説明できる。立体選択的合成その(3)  
(13)動的立体化学その(5):不斉触媒反応の現状と課題について理解できる。立体選択的合成その(4)  
(14)問題演習と不斉自己触媒反応 不斉自己触媒反応について理解できる。
(15)立体化学に関する到達度確認と解説:本科目内容の修得度の確認と内容に関しての解説を行う。
教職課程
Teacher-training course
-
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
ChemOffice
備考
Remarks
記載事項なし。
991638N
CLOSE